1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

代表とのよもやまばなし

株式会社ムーブの三苫です。

エンジニアの採用に関わったり、社内外のエンジニアの方々とお話するなかで、会社によって考え方や働き方の違いを感じることが多々あります。自分がいる会社だからということもありますが、ムーブのいいところをもっと浸透させたいと思うようになりました。
今回はその一環として、代表の西坂が考えていることや近況、今後について聞いてみました。

最近の会社について、何か感じている変化はありましたか。

まず人数が増えたことによって、できる仕事の量や幅も増えたことが一番の変化ではないでしょうか。運よく15年間と会社を続けられましたが、ここ数年はいい意味でも悪い意味でも普通の会社らしくなったように思います。
ほぼ考えなしに起業したにも関わらず、そんな会社に社員が入社を決め、働き盛りの時期を過ごしてくれていることはとてもありがたく感じています。社員が大事な人生の一部をこの会社に充ててくれているのだから、会社としてもそれに応えるべきで、また本人やその家族ために、会社の売上を安定させ潰れない会社にしていかなければと思います。偉い経営者の方々が仰るように、社員こそ会社にとってもっとも大切な資産です。
当たり前のことですので悪いことではないかもしれませんが、会社が大きくなったことで様々なコストが増えました。考えるべきことも多くなり、自らエンジニアとして開発に携われる時間は少なくったと感じています。これまでも仕事のやり方については意識していましたが、会社全体の開発効率やクオリティを上げるために、どのような仕事の回し方をすべきか、どのような体制にすべきかなど、今後もより考えていかなければなりません。

20年以上 Web 開発に関わっている西坂さんから見て、Web 業界はどう変わってきていますか。

昔に比べ、今は簡単にプログラミングを始められる時代になったと思っています。私が若かった頃はプログラムを書ける方がかなり少なく、そのハードルもかなり高かったため、異業種からエンジニアに転職することはほぼありえなかったです。
世の中にエンジニアやプログラミングできる人が増えたこと自体は嬉しいですが、プログラミングやシステム開発の基本的な考え方をあまり理解してない方も増えている印象です。ただコードを書くだけではなく、そのコードを書く意味をちゃんと考えてほしいです。仕様通りのコードを書くことはもちろんですが、仕様を満たすだけではなく運用に耐えうるコードを書くこと、パフォーマンスを担保したコードを書くことなども大切です。簡単なサンプルを作ったからといってプログラミングができるようになったとは言いがたいので、もっともっとコードを書くべきだと思います。
またエンジニアに限らずですが、若い人に優秀な方が増えたと感じます。世の中にたくさんの情報があることで、個人の努力次第で上のステップに行きやすくなったのも時代の流れですね。淘汰されないように頑張らなくてはと考えさせられます。

ムーブの存在意義はどんな点にありますか。

エンジニアの市場価値を上げることだと思っています。エンジニアの社会的な価値は少しずつ向上していますが、先述の通り経験の浅いエンジニアの割合も多くなっていて、全体的な底上げは必須です。弊社だけでは世の中のすべてのエンジニアの質を上げられませんが、せめてムーブにいる社員には、世間に求められ他社でも通用する優秀なエンジニアになってほしいと願っています。
社内のエンジニアには、設計から実装までのすべての開発工程やクライアントとの調整などを広く任せているのは、それらのできるエンジニアが「市場価値の高いエンジニア」と考えているからです。

コロナ禍で思うところはありますか。

まずこの業界で本当に幸運だったと強く思っています。おそらく他業種だったら、弊社のような小さな会社は潰れていたんじゃないかな。
またリモートワークを実施し、想像していた以上に問題なく作業できると感じています。今後の方針は未定ですが、完全にオフィスをなくすつもりはありません。私自身古い人間なのでオフィスで仕事する方が性に合っていますし、たまには直接社員の顔が見ながら話したいとも思います。以前のように週5日全社員が必ず会社に集まらないとしても、社員同士が繋がれる場所としてオフィスは残しておきたいです。

今後のムーブをどうしていきたいですか。

まずは基本残業なしの仕事スタイルをできる限り続けたいです。世間も残業をしない方向で動いていますが、まだまだ無駄な残業をしている方は多いのではないでしょうか。
また、いずれ Web システム開発が必要とされなくなる時代になったとしても、AI など新しい分野でも仕事を取れるように精進していきたいです。また受託開発事業だけではなく、自社サービス事業なども展開し、自社だけで利益を生み出せるようにしていきたいと考えています。
今後の具体的なビジョンなどはありませんが、少なくとも私が元気な間は会社を続けていたいです。

お読みいただきありがとうございました。
ほんの一部分ではありますが、弊社の現状や考え方について、お伝えすることができたでしょうか。共感していただける方が少しでもいらっしゃいましたら嬉しい限りです。

株式会社ムーブでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう