1
/
5

工業男子が証券会社に就職?(2021新人の自己紹介#10)

こんにちは、採用担当の山下です。
弊社では今年、東京オフィスに8名・八戸オフィスに2名の新入社員が入社しました。

とっても素敵なメンバーなので、1人ずつ自己紹介をしてもらうことにしました。
個性が溢れています、ぜひご覧ください。

はじめまして!

八戸コンタクトセンターの

櫛引 北斗(クシビキ ホクト)と申します。

上の写真はコロナ前に、友人と草津温泉に行った時の写真です。

ちなみに私は一番右です。

私がなぜ大学生になったのか。

まずは、自己紹介をさせていただきます。

私、実は工業高校の機械科出身で、日々鉄を溶かしたり、金属叩いたり、

まるで、モンス○―ハンターの武器屋みたいな高校生活でした。

そんな私が、なぜ普通の大学に進んだかというと、単純に高卒で就職したくなかったからです。

(キラキラしたキャンパスライフに憧れていたのは内緒です)

晴れて、経済学科に入学し「社会保障」について研究する日々でした。

私は、子供の貧困と経済支援の現状、これからの発展について研究していました。

そもそもなぜこのテーマについて研究したかというと、子供時代の貧困が大人になってからも継続されてしまうというデータを見たからです。

そこで私は、その連鎖を断ち切るために国はどういった対策を打てば良いのか。また、それに対する

財源の確保は可能なのか。など様々な角度から分析しておりました。

難しい話はここまでにして次に移ろうと思います!

就活について

ざっくりと、金融系で働きたいと考えており、その中でも「損害保険」の企業を主に受けていました。

冒頭でも書いたように工業高校出身で、車が好きだったので「車と金融」=「損保」という安直な考えでたくさんの企業の選考を受けていましたが、結果は振るわず就活支援アプリを閲覧する時間が増えていきました。

そんな時、マネックス証券のページを見つけ調べていくうちに多くの魅力に気づき、受けてみようと思いエントリーしました。

「証券会社」については詳しく知らず、選考を受けるにあたってマネックスについて調べていきました。

工業高校出身でこんなに就活の結果が振るわない私を評価してくれるのかと不安でいっぱいでした。

しかし、実際に面接を通して会社の方々がこんなに優しい企業は無く、面接を対応してくださった方が私の内面をしっかり理解しようとしてくださろうとしているのが伝わりました。

このような企業は今までなく、選考が進んでいくうちに、ここで働きたいという気持ちが強くなっていき、内定を受けさせていただきました。

趣味

マイブームはサウナ角煮作りです。

謎の2つですよね。。。

●サウナ

サウナは「ととのい」を得るために通っております。

重要視している部分は、サウナ内温度・水風呂の冷たさ・外気浴この3点です。

私のオススメは桜が有名な弘前にある「境関温泉」です。

先ほど挙げた3点すべてが完璧なので是非お時間があればみなさんも行ってみて下さい。



角煮づくり

特にこだわりはないのですが、角煮を作るのに大学生の時からハマっております。

実際に最近作ったものです。

会社の先輩に角煮を振舞うのがマイブームです。

鍋敷きが無く新聞を敷きました。映えなくてすいません。




マネックスでやりたいこと

コンタクトセンターは、お客様との距離が一番近しい部署ですので、

お客様の声を聴き、対応する際には、マネックス証券の代表という気持ちをもって

丁寧且つ分かりやすい対応をしていきます。


最後まで、ご精読ありがとうございました。

マネックス証券株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう