Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

ブライダル施設の待合室兼コワーキングスペース
平日には、多様な働き方をしている方々が集う
●社名の由来、「Makes Japan Energetic」というビジョンの下、日本経済を元気にすべく事業を展開しています。 2006年にオフィスインフラ事業から始まり、店舗企業向けにオリジナルデザイン自動販売機事業、メディア事業などを経て、2018年には新たにシェアスペース事業を展開しました。 臆することなく新規事業に挑戦するのは、お客様の成長のため、ただ一つです。私たちのサービスやビジネス活動を通じて、お客様に元気になって頂き、成長していただく。 そしてお客様のビジネス活動でお客様のお客様が元気になる…。そんな連鎖を生み出したいのです。 ●起業家・スタートアップの支援をするコミュニティ・ワークスペース 2018年4月より本格稼働したシェアスペース事業。起業家・スタートアップが抱える経営課題を解決する支援をすべく立ち上がりました。大阪のメインストリート・御堂筋のど真ん 中、そして大阪屈指のビジネス街にオープンした「billage OSAKA」をはじめ、2018年7月には東京に進出し、女性の活躍を支援するためのコワークスペース「la billage」をオープ ン。そして2019年4月には新たに起業家・スタートアップと大企業とをつなげるためのオープンイノベーション拠点「billage OSAKA+」を新たにオープンします。 働く空間の提供だけではなく、コミュニケーションを促進させ、新たなビジネスの展開が生み出される機会の創出を目指します。 ●自分らしく働きたい女性のためのコミュニティ&ワークスペース ブライダル施設を利用した女性の新しい働き方を支援する女性向けコワーキングスペース「la billage(ラ・ビレッジ)」 渋谷という好立地とブライダルならではのおしゃれな空間が特徴です。 コワーキングスペースとは、特定の場所、デスクに捉われない自由な働き方をされている人達に働く場所を提供する施設のことです。 ・1人でもくもくと作業する ・打ち合わせや商談を行う ・利用者同士で交流する 様々な使い方があります。 さらに”la billage”では “多様な働き方をする女性を多面的に支援していきたい”という思いを掲げ イベントを企画し、空間をより魅力的なものにすることで、魅力的な女性を集め、魅力的なコミュニティが生まれ、魅力的なイベントができるという循環を作っています。

なぜやるのか

la billageのロゴ
テレビニュースにも取り上げられました!
●「偶然の出会いによってキャリアは形成される」 「計画的偶発性理論」をご存じでしょうか。人のキャリア形成の80%は偶発的な出会いや機会によって決定され、その偶発を計画的に設計して自分のキャリアを形成する、というス タンフォード大学のクランボルツ教授が提唱する考え方です。弊社代表、大知も偶発的に出会った人たち、機会があって今日までやって来ました。 こうして、13期目を迎えるまでの企業として成長できたのも、偶発的に出会った人、コトのおかげです。こうした原体験からシェアスペース事業は始まりました。 「起業してから10年後には94%が廃業しているという現実」 日本で起業をし、そして5年、10年と事業を継続できるのはわずか6%。この問題をどうにかして解決できないものか、と考え、多くの成功している経営者に話を聞きました。すると共通して話されるのは「出会い」という言葉。起業家が抱える経営課題を「出会い」という機会創出を通じて解決できないか、と考え、シェアスペース事業に参入しました。 私たちはあらゆる場面であらゆるものに出会える機会を創出します。 ●自分らしく働きたい女性のために、女性と働き方の改革 2018年4月に女性の職業生活における活躍の推進に関する法律が執行されるなど、社会において女性がいかに活用していくかについても特に関心が寄せられています。 しかし、女性が多様な働き方を実現するにあたって実現すべき課題は未だたくさんあると考えられます。 結婚後も女性には出産・育児など様々なライフイベントがあります。ライフステージの変化を経ても女性が自分らしく生活していくには、働き方の根本の改革が必要です。 また、あらゆる価値観が多様化する社会において個人の発信力や人と人との繋がりが重要性を増して来ています。 ●空間活用ビジネス 生産性向上が叫ばれ、都市部の過密化が深刻化しているという流れの中で、遊休資産を再活用したシェアリングエコノミーに注目が集まっています。 特に、少子化、非婚化の影響で婚礼組数の母数の低下が懸念されるブライダル施設では、決して安くはない投資コストに見合うよう新たな空間活用への取り組みが、シェアリングエコノミーの文脈でも必要とされて来ています。 そのような2つの課題を同時に解決するための取り組みとして、女性の多様な働き方を実現する新たなワークスペースを、好立地かつ内装空間にもこだわった平日昼間の結婚式場を有効活用し、女性向けコワーキングスペースを展開していきます。

どうやっているのか

交流会ではスタッフも会員様も分け隔てなく仲良くなっています
披露宴会場もイベントスペースとして利用できます
●渋谷に新しくオープンしたブライダル施設と連携し、同施設を平日10時から19時をコワーキングスペースとして提供しています。 ・作業に集中できる環境提供 ・仕事上必要なことができる環境提供(会議室利用、Wi-Fi完備、登記利用など…) ・利用者と気軽に会話ができる仕組み提供 ・イベントによる情報収集、交流による人脈形成 ・イベント用にラウンジスペースと機材の貸出 イベントを企画し、空間をより魅力的なものにすることで、魅力的な女性を集め、魅力的なコミュニティが生まれ、魅力的なイベントができるという循環を作っています。

Page top icon