Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

特定のテーマ、ジャンル、カテゴリーにとらわれることなく、新しい「学び」を創造し続けていきます。
オンライン教育プラットフォーム STUDIO。ビジネスの様々な知見を全国各地に届けることで、働くことの喜びを生み出していくことを目指しています。
私たちミテモは、ビジネスプロデューサー、プランナー、ラーニングデザイナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、映像クリエイター、アーティスト、漫画家など多種多様なクリエイティブ領域の人材が集まり、テーマ、ジャンル、カテゴリーにとらわれることなく新しい「学び」を創造し続けるクリエイター・チームです。

なぜやるのか

アクティブ・ラーニング、PBL実践者を対象に、理論を学び更なる実践を生み出すための共創インフラの立ち上げを行なっています
夕張市において開催された産官学民連携
テーマ、ジャンル、カテゴリーにとらわれることがないプロジェクトに共通していることは、この21世紀の人生という旅を楽しむための"道具"を手に入れる機会を生み出したいという思いを持って取り組んでいます。 すなわち、形を変えながら、様々な人に自分、他者あるいは世界の可能性に気づき、驚き、人生という旅を楽しむ一歩を踏み出す機会を届けていきたい。そうすることで、未来にポジティブなインパクトを生み出したい。そして、そんな学びのプロジェクトを創り続けることで、「学ぶ」という行為そのものをよりポジティブなものへとアップデートしていきたい。そんな想いを胸に私たちはこれまでも、そしてこれからも様々な学びのプロジェクトを作り続けていきます。 そして何より私たち自身が、自分たちのクリエイティビティを信じ、勇気を持って、より実験的なプロジェクトに取り組んでいきたいと考えています。 子供向けか大人向けかといったジャンルにとらわれることなく、企業・行政・教育機関・市民団体向けかといったカテゴリーにおさまることなく、北は北海道、南は沖縄、時には海外とあらゆる場所で、リアルかオンラインか、教える教育か教えないワークショップかといったスタイルにもこだわらない。ただただ自分たちが「面白い」「可能性がある」「この問題が放っておけない」という意志を何よりも大事にしながら、予想外の旅を楽しむチームであり続けることを目指していきます。

どうやっているのか

【学びを広げる事例】教育学を専攻していたメンバーを中心に、社内教育学基礎講座を開催しました。これは、アーティストさんとの会話の中でお互いの領域では当たり前の知識も、その分野を学んなことがない人にとっては新鮮な情報だねという会話から実施された自主勉強会です。多様なバックグラウンドを持つメンバーが多いからこそ相互に学び合う環境があります。
【多様なパートナーとのコラボレーション事例】Japan brand producer school 日本の伝統芸能や文化を次世代に継承するためにプロデューサー育成を行うという事業が立ち上がりました。これまで地方各地の事業に関わる中で出会ったJAPAN BRANDに精通するパートナーと共に、コース設計と運営を担っています。日本各地から参加者が集まり、この夏の開催は3期目を迎えます。
多種多様な学びのプロジェクトを作り続けるために、私たちが大事にしているいくつかの考え方を紹介していきます。 1.多様性のパワーを信じる ミテモには、教育現場での経験豊富なプランナー、様々な制作を支えるデザイナーや映像クリエイターといった人材の他、およそ通常の会社で働くことのない漫画家、アーティストといった人材も在籍しています。教育、ビジネス、デザイン、アートなど多彩なバックグラウンドを持つ人材が集まるチームからこそ新たなものが生み出される、すなわち私たちは多様性が可能性を生み出すパワーを信じています。 ▼例えばこんな人がいます 【三度の飯よりインプロが好き】 2019年4月に入社した堀さんは、大学時代からインプロ(improvisation(即興)の略称)に打ち込んでいます。大学の中で研究しているだけでなく、劇団に所属し演技をしたり、自分でクライアントを持ち企業研修に登壇することもあったとか。ミテモに入社後、早速インプロを使った研修を商品化し、体験会を企画実施しています。インプロについて初めて聞くメンバーの中にも、だんだんとその魅力の輪が広がってきています。 【宮崎から世界に向けてポジティブなインパクトを生み出そうとするコンテンツ・デザイナー】 アメリカで発案され、世界各国で実施されている教育プログラム「ワールドピースゲーム」を日本で拡げる活動をする谷口真里佳さんも、多彩なミテモを象徴するメンバー。ミテモではワークショップの設計やファシリテーターを担当したり、新規プロジェクトの立上げを手がけています。夫婦で宮崎に移住し、リモートワークでコンテンツ・デザイナーとして活動しながら、宮崎というローカルでの場づくりにトライしています。 2.関係性を耕す ミテモには部門・部署といった縦割りの組織形態が存在しません。多様性から何かを生み出すために必要なのは、異なるバックグラウンドを持った人材がつながり、対話し、同じ方向を向いてものづくりに取り組める場であり、縦割りの組織形態はそういった場づくりを阻害するものだと考えています。その代わりに、それぞれの役割でチームを組むユニット制度という運営形態を組み、同じ役割の人間同士のコミュニケーションを活発化させるとともに、ユニットを越えたプロジェクトを常時走らせることで、コラボレーションを生み出そうとしています。 またオープンなワークショップや、ゆるやかな交流の場を(実験も兼ねて)様々な形で作り続けることで、外部の様々な人と知見とのつながりを積極的に作り続けています。 ▼例えばこんな取り組みをしてきました 【オフィスを開くGAKUYA】 「今度、会社に遊びにきてよ」社交辞令のように時に交わされるこんな言葉。これを本気で取り組んでみよう、ということで実験的に6ヶ月間実施したのが、ミテモのGAKUYA。ミテモに興味がある、売り込みたい、お茶したい、どんな人でもミテモに遊びに来たい人を募集したところ、ユニークな人がミテモのオフィスに遊びに来てくださいました。実はこの取組みをきっかけにミテモで働く社員やパートナーとして一緒に仕事をしている仲間がたくさんいます。 【ファシリテーターの頂点を目指す!?極む!ファシリテーターズ・ガチキャンプ】 かねてからミテモのメンバーと交流のある国内トップクラスのファシリテーター8人がその技を披露し、磨き合うイベントを開催。学校、企業内教育、ワークショップなど様々な分野で教育に携わる30人のファシリテーターが参加する濃密な場になりました。これまでミテモと接点のなかった方も多く、この場から様々なコラボレーションが生まれています。 3.個人の主観性や意志を重んじる 予測不能かつ多様化が進む社会で何かを生み出そうとするとき、これまで以上に個人の想いが重要であると私たちは考えています。特にミテモでは「面白そう」「これまでやったことがないからやってみたい」といった個人の主観的な想いから様々なプロジェクトが誕生しています。だからこそ、その想いを口にしやすいような環境作りに取り組んでいます。 ▼例えばこんな制度があります 【若いエネルギーを形にするための1 on 1】 日々、目の前にやるべきことがあると、「面白そう」「こんなことをやってみたい」と感じたことがあっても形にするための行動をとることのないまま忘れてしまいがちです。そこでミテモの若手社員を中心に、メンターと一対一で毎週一週間の振り返りと日々感じたことを対話する取組みを導入しています。このような対話の時間を通して、個々人の想いやエネルギーを形にするきっかけ作りに取り組んでいます。