Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ミスミを選んだ理由

「製造業×IT」で日本の社会課題を解決したい、そう語るエンジニア組織キーマンに話を聞いた

こんにちは、採用担当の小野です。本日より社員インタビュー企画をスタートします。週1ペースで更新予定ですので、是非見ていってください♪

第1弾は、2018年7月に中途入社した道廣さんにインタビューしてみました!


ーまずは自己紹介をお願いします!

道廣と申します。3D2M企業体 meviy事業部に中途で入社しました。

私は大学院卒業後、メーカー系SIerの会社でNW機器の開発を行っていました。その後、縁あってアメリカに約6年駐在し、帰国後はキャリアの幅を広げようと思い、ソーシャル系のWeb企業に転職しました。そこで開発に加えて、エンジニアリングマネジメントとプロダクトマネジメントの経験をしました。また前職では、ファイナンス系のメディアを運営している企業でBtoB向けのメディア構築支援に携わり、上場の経験もしました。

そんな経験を通じて、ITと何かを繋げて支援していく仕事がしたいと強く思うようになりました。加えて、キャリア的にも技術だけではなく「○○×IT」で融合を生み出し、プロダクトを爆発的に成長させることや組織をゼロから作る経験をしてみたいと思っていました。そんな時にミスミに出会いました。

ー今取り組んでいるお仕事の内容を教えてください!

入社当初は、 meviy(3次元データをアップロードするだけでミクロンレベルの精密加工部品を簡単に注文できるサービス)のプラットフォーム構造を練り、エンジニア組織を作るというミッションで入社しました。

今はその前に既存システムの構造を整えていかなければならない段階だと思っています。これから未来に向けてプラットフォーム構造を練るにしても、まずは土台をしっかり整えたいとずっと思っていたので、想定はしていませんでしたが(笑)現在は開発組織を作り、開発をメインに仕事をしています。



ー他の会社と比べて選んだ、ミスミの魅力を教えてください!

私は自己紹介でもお話しましたが「○○×IT」を主軸に、社会現象を起こせるほどに成長する可能性があるプロダクトを持っていること、組織をゼロから立ち上げるなどの新たな経験を積めることを念頭に転職先を探していました。

入社前はミスミのことは知りませんでしたが(汗)

ミスミは、まさに「製造業×IT」の領域でプラットフォームビジネスを成功させようと先陣をきっている企業だと思います。またこれまで色々な企業で働いてきましたが、新規事業にかける資金力もトップクラスですね。

更に、製造業は日本のGDPに占める割合も高く、ビジネスの成功=日本の活性化にもつながります。また、本当の意味で製造業だけが唯一日本が世界に勝てる分野であるとも思っています。その挑戦ができる環境が整っていて、仕事を通じて社会にも貢献できるところにも魅力を感じました。

ー「日本」と「世界」がキーワードになっているようですね。

そのように考えるようになったきっかけは何ですか?

アメリカで働いていた時から考えるようになりました。

日本は海外から見てもとても素晴らしい国です。海外と比べると派手さはありませんが、勤勉でクオリティ・サービス共に高いものを生み出す力があります。そんなものを生み出せる国が、少子化を始め弱っていく中で、何とかしたいと思うようになりました。

その解決策の1つが製造業のIT化だと思っています。

ー終わりに、ひと言!

今の環境ではできないことに挑戦してみたいと思っている人、何かを生み出し世界で勝負したいと思っている人、そんな志を持つ仲間と出会いたいと思っています!

+++++++++++

meviyとは

製造業における「労働生産性改革」を実現
meviyは製造業の調達領域に対して革新的な進化をもたらします。従来型の紙の図面を中心としたアナログな調達のプロセスを変革し、設計データをアップロードするだけで、AIが価格と納期を即時見積もり、受注生産でも最短1日で出荷を実現するオンデマンド製造サービスです。従来型のアナログな調達のプロセスと比較して9割以上の時間削減をもたらし、ものづくりのスピードを劇的に変えることが可能となります。

株式会社ミスミ では一緒に働く仲間を募集しています
21 いいね!
21 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング