1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「Scala、しかも洋書はちょっと・・」を解決するEssential Scala輪読会開催中!

こんにちは。A-SaaS(エーサース)採用チームの竹前です。

今回は、2018年6月から社内のエンジニアチームが中心となって開催しているEssential Scala輪読会の取り組みについて紹介させていただきます。

Essential Scala輪読会を始めた理由

A-SaaS(エーサース)ではJava、Scalaを用いてプロダクト開発をしており、もともと読書会や勉強会などを社内で開催してきました。
社内で行っていた勉強会に外部の方も参加していただき、技術に関する発信と参加者による知見の共有ができればと思い、この輪読会が企画されました。

ちなみに、Essential Scala は Underscore Consulting LLP という会社が公開している、 Scala の入門書です。
※下記の URL から無償でダウンロードすることができます。洋書(英語版)のみです。
https://underscore.io/books/essential-scala/

輪読会とは?

複数人で同一の本を読み進め、内容に関する討論を重ねていく読書スタイルのことです。
プレゼンや討論などを通して、自分一人で本の内容を理解することに留まらず、より外に開けた知識をインプットすることができます。
詳しくは、こちらのLIGさんの記事をご参照ください。
https://liginc.co.jp/life/useful-info/143226

Essential Scala輪読会の様子

10月末までに合計6回、Essential Scalaの第6章まで読み進めてきました。
A-SaaS(エーサース)社内からは、プロダクト開発グループリーダーの土田を含め開発チームのメンバー数名が勉強のために参加しています。

また外部からもコンスタントに数名ずつご参加頂いていまして、Scalaを実務で使っている方からこれから勉強しようと考えている方まで、様々なエンジニアさんにご参加頂いています。

賑やかという感じではありませんが、A-SaaS(エーサース)のエンジニアがゆるく進行しています。

ちなみに、これまでの資料はこちらのQiitaにまとめていますので、Essential Scalaに興味を持った方は是非、ご覧ください!
https://qiita.com/takuya0301/items/977ecd49d493e20495b7

いかがでしたでしょうか?

次回のEssential Scala輪読会は11月14日(水)に開催予定です。

少しでもご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ奮ってご参加ください!初参加でもしっかりサポートいたします!

▼第7回 Essential Scala輪読会申し込みページはこちら

https://a-saas.connpass.com/event/106672/

開催日時:11月14日(水)19:30〜21:30

▼A-SaaS(エーサース)が主催する勉強会、読書会のイベント情報はこちらで発信しています。

それでは、みなさまにお会いできるのを楽しみにしています!

Mikatus株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
22 いいね!
22 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう