This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【イベントレポ】ポートフォリオで学ぶデザイナーのための就活講座/Q&A SESSION

この記事は「内定者のポートフォリオで学ぶ、デザイナーの就活講座」のQ&ASESSION部分を抜粋した記事です。

イベント全体の様子はこちらの記事でレポートしてます▼


お待ちかねのQ&A SESSION

社員から内定者へ就活をテーマとする質問をしていきます!

▼内定者プロフィール▼

女子美大学院在籍中
王(オウ)さん

首都大大学院在籍中
福山(フクヤマ)くん

それではいってみましょう!


Q.就活・業界研究をするために使っていたツールは?

王さん:美大生向けの合同説明会です。合説でもらったカタログから気になった企業を一社一社自分で調べました。

福山くん:リクナビ、マイナビは使ってないですね。Wantedlyで連絡をとっている会社の社員さんに会いに行ったり。大学の先輩のツテを使ってイベントに参加したりしました。あとViViViTとかReDesignerを使ってましたね。


Q.Web業界を目指した理由は?

王さん:今まで経験したことがないことにチャレンジしたかったからです。最初は広告業界を目指していて、代理店の説明会にも行きました。しかし、自分がしたい仕事とちょっと違う気がしました。Web業界はスキルがあればやり抜くことができると思いWeb業界での就職を考えました。

福山くん:UXに興味があったからです。あと、世の中住みづらいなと思っていていました。デザインの力を使えばもっと生きやすい世の中になるのでは思いました。そこからITやWeb業界を見るようになりましたね。


Q. 福山くんは事業会社と受託で迷っていたみたいだけど、どうして受託(メンバーズ)に決めたの?

福山くん:ユーザーの反応が見られて、PDCAの回しやすさが面白いとおもったからです。他のプロダクトだと最後はセンスみたいなところがあったんですけど、Web系だとユーザーのフィードバックもあってセンスに頼りすぎないところが面白いと思いました。ユーザーもいてクライアントもいて2倍喜ぶ人がいるって考えたときに受託がいいなと思いました。


Q. メンバーズの面接で気を付けたことは?

王さん:素直に話すことですね。1対1なので普通の会話みたいでした。会話は簡単ですけど、会話を続けるためには、私は企業理念や業界のニュースなどをしっかり調べて望みました。。あと1次はオンライン面接なので、部屋を片付けないと。私は前日丸一日部屋の片づけをしていました。(笑)」

福山くん:Web業界やIT業界の面接はわりとフランクなイメージがあります。メンバーズの面接は就活の最後のほうだったので、自分の軸が明確になった頃でした。自分の考えを明確にしてをもって話せるように気を付けました。


Q. 面接官に聞く!ズバリ面接のポイントはッ?!

小林さん: 僕はその人の人となりを重視しています。今までの人生でどんな行動をとってきたのか。コアバリューの4つに共感できるか。話をきいていると同じ価値観を持っているのかわかります。あとミッションに共感できて、持続可能な世の中を一緒に目指せるか、実現する側に立てるという点を見ています。あ、もちろん、めちゃくちゃ緊張している人には好きなこと何?とか聞きます。聞くとめっちゃ盛り上がりますね。(笑)


Q.Webについてどうやって学びましたか?@参加者からの質問!

福山くん:「SNSをすごい活用してましたね。Twitterの有名デザイナーさんを片っ端からフォローしました。その人たちがRTしたことは自分のためになります。好きなデザイナーはTHE GUILDの深津さんですね。


Q.将来はどんなデザイナーになりたい?

王さん:日本にきてからはグラフィックデザイナー、入社してからはWebデザイナー。未来はどのようになるか楽しみです。デザインは問題解決の手段です。デザインという手段で人々のニーズ、社会課題を解決したいと思います。

福山くん:デザイナーとしてのイメージはまだ具体的には持てていませんが、表現に制限をかけずにデザインを表現できるようなスキルフルなデザイナーになりたいと思います。


Q.ポートフォリオ作成のコツは?

王さん:シンプルさに気を付けてつくりました。タイトルとレイアウトの組み合わせで作ります。変な飾りはいりません。アーティストの作品集ではないので、考えやコンセプトどのような流れで作品を作ったかみたいなところを考えて作りました。作品はデータと製本したものの二つを準備したほうがいいです。PCで見るものと印刷した実物とでは印象が違うことがあるから気を付けたほうがいいと思います。


福山くん:僕はビジュアル面には自信がなかったので、自分の強みを活かせるような表現に気を付けました。何故そのデザインになったか、何故このコンセプトになったのか、などのプロセスの説明を大切にしました。


デザイナーの就活は会社を自力で調べ、社員に会いに行くことが大切なのですね!
ポートフォリオの制作のコツは「コンセプト」と「プロセス」だそうです。
自分の作品を最高の形でアピールしたいですよね!
これから就活のデザイナーのみなさん頑張ってください!


この記事は「内定者のポートフォリオで学ぶ、デザイナーの就活講座」のQ&A SESSION部分を抜粋した記事です。

イベント全体の様子はこちらの記事でレポートしてます!是非ご覧ください▼

株式会社メンバーズでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう