1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

ショップ・モビリティのプラットフォーム「SHOP STOP」
Mellow、土地オーナー、出店事業者の3者による空地活用を提案
◆Mellowが目指しているもの ショップ・モビリティ(車両を活用した移動型店舗)を社会の基盤として浸透させることで、個人が挑戦しやすく、人の温かみが感じられ、かつ不確実な社会の要求に応えられる柔軟さを兼ね備えた、今までになかった経済圏を成立させることを目指している会社です。 ◆サービスの概要 オフィスビル、マンション、病院といった多様なロケーションを停留所として、個性豊かな移動型店舗を配車するプラットフォームを運営しています。 フードトラック(車内に調理設備があり、できたての料理を提供するサービス)を中心とした約1,000店と提携しており、首都圏・関西・九州エリアにて、毎日300を超えるお店が街中の決められた場所、決められた時間に営業するための管理を行っています。 営業場所はMellowが土地のオーナーと交渉します。Mellow、土地オーナー、出店事業者の3者の協力による、空きスペースに価値を生み出す豊かな街づくりを提案することで実現しています。

なぜやるのか

開業支援の1つとして提供している車両のリースサービス「フードトラックONE」。納車式の様子。
フードトラックが訪れることによって、空きスペースに「賑わい」と「新たな価値」を生み出します。
◆なぜ創業したのか Mellowが創業する10年以上前から移動型店舗は存在しました。移動パン屋であったり、コーヒーを淹れてくれるトラックであったり、もちろんフードトラック(キッチンカーという名称でも知られています)も。Mellowを通じて初めて知った、という方もまだまだ多いですが、実は根強い人気があるサービス形態です。これだけ長い年月無くならない訳ですから、確かなニーズがあるということです。求められていることの確信からこの事業は始まりました。もしまだ利用したことが無いという方はぜひ利用してみてください。その理由が分かるはずです。 ◆外部環境と実績 フードトラックの開業者は年々増加しており、Mellowが創業するまでの10年間で毎年右肩上がりで2倍以上にもなりました。ただし、料理人が自分で土地のオーナーと交渉して利用できる場所には限界があります。Mellowは不動産業界に対して個人では利用契約を結ぶことが困難な空地に対して活用方法を提案し、一定のトレンドを確立できました。実際、月次の流通総額は創業年からコロナショック前までは平均して2倍前後の成長があり、飲食業界にとって破壊的なダメージを与えたコロナ禍の1年間でも落ち込むどころか1.2倍にマーケットを拡大させました。 ◆Mellowの提案とは何か 社会背景として、ITを代表する技術の発展により情報の伝達と移動の効率が飛躍的な向上を続けています。これにより個人店が活躍するチャンスが広がったとともに、不動産をはじめとした空間価値が見直されつつあります。 そういった土地活用にまつわる状況に悲観的なアプローチをするサービスかと言うとそうではありません。今起きていることの本質は技術の進歩によりコンテンツを動かすハードルが下がってきていることです。例えば商品としてのモノをオンデマンドに供給者から離れた場所に届けるサービスは既に多くあります。ECサイトやデリバリーといったものがそうですね。または、人だけが移動してサービスを成立させるものもあります。家事代行やケータリングなどがそうです。この延長として、シェアリングエコノミーといった設備を固定化させて人だけを移動させるAirbnbのような民泊やシェアオフィス、シェアキッチンなどもあります。これも不動産の新しい活用方法の1つと言えるでしょう。 ただし、フードトラックのような調理設備といった大型の耐久消費財を含む店舗のパッケージと人の組み合わせを移動させるという発想はまだ一般的ではありません。私たちが特に注目しているのは、サービスを提供する人と設備はセットでないと価値を発揮しないものがある、または設備のほうを移動させないと成立しないシーンがあるという事実です。流動生の低い屋外空間の今後に注目し、その役割をアップデートしましょうというのが私たちの提案なのです。 また、商品がオンデマンドで手に入りやすい現代だからこそ、情報が統合され、万人にとって嬉しいサービスが追求されますから、コンテンツの差別化に疲弊してきているようにも見えます。その追求は社会の機能として必要であることは疑う余地はありません。ただ情報や商品が簡単に手に入る世の中だからこそ、均一化されない人の個性に目が向き、人間性に回帰している流れも感じます。Mellowはそういった、社会機能として満たされないニーズを埋めにいくことを目指しているのです。 ◆競合と今後の見通し、Mellowがやる意味 Mellowの提案する社会基盤とはモビリティ・ビジネスであり、それは人とサービス設備のパッケージである、という説明をしました。この提案そのものが受け入れられないケースを考えてみます。1つ目に、そもそも「人と店舗のパッケージ」に対して社会が投資しないケースです。これは社会の反応と潮流を見る限り可能性は低いと考えています。2つ目に、モビリティー以外の手段で「人と店舗のパッケージ」が開発される未来です。こちらのほうが可能性は高そうですが、今のところ、Mellowが作ろうとしている経済圏が成立しなくなるほどの代替手段は出てきていないと考えてます。 次に、同業者の存在があります。Mellowとの明確な違いは「規模」と「配車管理」です。Mellowはこの2つの要素によってコンテンツの流動生を担保しています。これは「人と店舗のパッケージ」に求められる大きな要件です。毎日同じ店舗ならモビリティの意味はないからです。今の時点ではこの前提が一致している業者はおらず、一見手段としてのモビリティが同じでも提案している内容そのものが異なります。 結論として、これらの価値提案を進めている企業はMellowの他にはなく、社会的使命であると考えています。

どうやっているのか

職種や肩書がないため、皆自分の限界や幅を決めず様々なチャレンジを日々しています。
社員、業務委託、派遣スタッフ、リモートワーカー等多様な働き方のメンバーが日々共創に励んでいます。
◆職種、肩書なし!愛と信頼と自立をもって働く組織 組織に所属せずに生きるのが当たり前になっていく時代だからこそ、Mellowは「個人の幸せを応援することで、事業を成功させる集団」で在りたいと思っています。そしてそのために、「愛・信頼・自立」にもとづく職種や肩書でラベルを張らない、自主性を持った組織づくりに挑戦しています。 ◆カルチャーフィットを最重視 Mellowは働くにあたり、以下コーポレートポリシーを大切にしています。共感していただける頼もしい仲間のジョインをお待ちしています。 <コーポレートポリシー> Mellowは人を元気にする会社でありたいと思っています。 せっかく働くなら、人を元気にするような仕事がしたい。 その結果、心も懐も満たされる人生を歩みたい。 Mellowはそんな想いに共感する人々が集う会社にしたい。 Mellowが提供する事業によって、目の前の人が元気になってくれたら嬉しい。 日本中の人が元気になってくれたらもっと嬉しい。 世界中の人が元気になってくれたらもっともっと嬉しい。 もうこれ以上元気になる必要がないと思える世の中になるまで、Mellowは事業を続けます。 ◆パフォーマンスを発揮しやすい環境 フルフレックス(コアタイムなし)やリモート勤務などメンバーが最大限能力を発揮できるよう自由な働き方が導入されています。 ◆Mellowで働いている人々 Mellowでは、大手通信キャリアや外資系総合広告代理店出身者や100万人以上に使われるiPhoneアプリを開発したエンジニア、フードトラック運営のベテランから、起業家、など様々なバックグラウンドを持つ仲間が活躍しています。年齢は25歳〜46歳(平均年齢およそ32歳)ほどで、実行力があり、仲間思いのメンバーが多く所属しています。 ※オフィス内全面禁煙