1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「医療で困った時はメディカルノート」を当たり前に。メディカルノートのプロダクトマネージャーが挑戦する医療プラットフォームの実現。

新卒でミクシィに入社し、SNSサービス『mixi』や家族向け写真・動画共有アプリ『みてね』の開発ディレクションを手がけてきた松岡綾乃(まつおかあやの)さん。ミクシィ退職後に起業・出産し、現在は2歳半のお子さんを育てながらメディカルノートで活躍しています。メディカルノートでの働きやすさや松岡さんが描くサービスの未来について聞いてみました!

これから間違いなく必要とされるサービスだと感じ、入社を決意

ーーこれまでのキャリアについて教えていただけますか?

新卒でミクシィに入社し、SNSサービス『mixi』の運用改善、機能追加のディレクションを1年半ほど経験しました。既に大規模なユーザーを抱えた既存サービスの改善をするのも非常にやりがいのある仕事でしたが、その後、新規事業のプロダクトオーナーにアサインされたのが自分にとっては転機となりました。会社全体として、新しい事業を適切に生み出し、迅速に検証サイクルが回せる組織にしていこう、という方針に転換したタイミングだった事もあり、この時プロダクトオーナーとしての基礎的なスキルやマインドを徹底的に学びながら業務に取り組みました。そこで初めて、新規サービスの立ち上げに必要な検証プロセスやスクラム開発の手法等を知り、ユーザーのニーズを掘り起こして、まだ世の中にない価値を生み育てるとはどういう事かを体感できたと思っています。事業とプロダクトを立ち上げ、育てられる人材としてのキャリアを歩みたいと決めたのはこの時でした。

ーーミクシィを退職した後は?

ミクシィを退職した後は、何人かの仲間と起業し、フリーランスのプロジェクトマネージャー/プロダクトオーナーとして働いていました。起業した理由はいくつかあるのですが、そのうちの一つは「自身の裁量で働きたかったから」でした。

当時は結婚直後で、周りの友人知人の苦労話や、メディアから流れてくる世間の声の影響もあり、「出産や育児をしながら働く」という事を必要以上にナーバスに考えていました。仕事も育児も両立させていくとを考えたとき、自分で仕事内容を決められて、労働時間に関わらず成果に応じてお金を稼げる働き方の方が、私には合ってるかもしれないと考えた為です。



ーーそこからどのような経緯でメディカルノートに入社したのでしょうか?

フリーランスで働いていた頃の取引先の1社がメディカルノートでした。「医療相談サービス」の新規立ち上げがミッションだったのですが、その時はちょうど妊娠中で、要件定義からサービスリリースまで進めてからすぐに産休に入り、産前産後合わせて3.5ヶ月後には現場に戻っていました。

この話をすると「すごいね!パワフルだね!」と驚かれますが、自分にとっては育児だけに専念していた時期より、業務を再開してからの時期の方が遥かに気持ちが楽でした。再開前は「この大変な育児生活をしながら仕事に100%コミットするのは難しいだろうし、出来る範囲で働こう」と思っていたのですが、いざ戻ってみると、すぐ開発に夢中になっている自分がいました。

サービスがどんどん伸びていく中で、「こんなにすごいサービスを任せて貰って、人の役に立っている実感があって、今後もまだまだ必要とされるに違いないのに、その時メディカルノートの中にいないのは勿体無い!」と思うようになり、業務委託で入ってから1年後にメディカルノートにジョインすることを決めました。今でも、夢中になれる環境を与えてもらえた事、あの時「育児をしながら働く」という選択肢を取らせてもらえた事を心から感謝しています。

ーー立ち上げに関わった、医療相談サービスとはどのようなサービスでしょうか?

そもそもメディカルノートの強みは、各専門領域の医師のインタビューや監修による5000の医療記事がある事です。しかし、症状の感じ方や医療課題への不安は人によって厳密には異なるので、情報検索だけでは解決しない事も多くあると思っています。弊社の医療相談サービスは「ユーザーがこの質問において本当に課題に感じている事はなにか?」という事を深く掘り下げ、必ずエビデンスが伴う回答を返すというオペレーションが徹底している為、すごく親身で読み応えのある回答が返ってきます。難易度の高い相談に対しては、専門医にエスカレーションを行うフローまであるので、ある種この質疑応答こそがひとつのコンテンツとして非常に高い価値があると思っています。

メディカルノートの医療相談サービスは、私が心からみなさまに使っていただきたい!使わなきゃもったいないよ!!と激推ししているサービスのひとつですね。

医師・病院と患者をつないでいくために

ーーメディカルノートのサービスに携わってきた中で、気づいたことや変化があったことはありますか?

入社後は『Medical Note』のサービス開発から、コンテンツの企画・設計まで、幅広く携わらせていただいていますが、このサービスに携わって気づいたことは、医療従事者と非医療従事者の間には「情報の非対称性」が存在するということです。

分かりやすく言うと、医療従事者側が専門的な情報を持っているのに対し、一般の読者はほとんど医療に関する情報を持っていません。例えば、医療で悩んだ人がネットで検索をするという事自体はもはや当たり前になりましたが、その時に上位表示された情報の信憑性を判断するのは、未だ非医療従事者にはハードルが高いままです。その結果、一般の読者が最適な医療を受け取ることができなかったり、時には誤った知識による対応で医療被害が起きるなどという不幸が起こりえるのです。

まさに私自身、子どもが小さいので頻繁に医療課題に直面します。そんな時、以前ならすぐに検索をかけていましたがが、今ではまずメディカルノートで調べるか、医療相談で相談しますね。それほどに、メディカルノートのコンテンツに対する品質管理はきちんとしているという自負があります。メディカルノートに入社するまでは、どう情報の信憑性を判断するのかも知らなかったし、そもそも疑う事すらできていませんでした。多くの一般ユーザーがそうだと思います。だけど、目の前で子どもに異変が起きていれば、親としてはできることはなんでもやってあげたいと思うので、余計に正常な判断はできなくなります。だからこそ、「医療で困って検索したらメディカルノートの記事が出てきたな」ではなく、「医療で困った時はまずメディカルノート」が当たり前になる世界にしていきたいと思っています。そしてそんな時は、ユーザーの医療課題に対して最短でストレス無くソリューションを提供できるようにしていきたいです。

ーーその世界観を実現させるために、今後解決していきたい課題は何ですか?

1つはサービスを徹底的に磨き込んで、ユーザーが欲しい情報やソリューションに至るまでにストレスを全く感じないUIUXにしていきたいです。

ユーザーが疾患や症状を調べているといる時は、ユーザー自身や家族の健康に対して不安を感じていたり、少しでも早く医療的な悩みを解決をしたいと思っていることが多いです。こういった場面で使われるサービスだからこそ、徹底的にUIを磨き込んで少しでもユーザーが利用中に引っかかる事がないようにしたいです。また、今後はさらに幅広い年齢層の方に見ていただく機会も増えていくと思うと、アクセシビリティにも配慮していかなければと思っています。

もう1つは、より「メディカルノート」という存在の認知をあげていかなければいけないと思っています。というのも、私達自身はメディカルノートの医療記事や医療相談の信憑性の高さを自負していますが、それ自体を非医療従事者であるユーザーが見分ける事は限りなく難しい事です。そうであれば、私達側から積極的に、私達の医療記事や医療相談は何故安心できるのかを積極的に伝えていかなければ、本質的にユーザーにとって「安心安全のプラットフォーム」となる日は来ないと考えています。

伝え方は広報だったりマーケティングだったりサービスそのものだったり、色々なアプローチがあります。しかしいずれにせよ、私達は常に「ユーザーから見たらメディカルノートも数ある医療情報のひとつでしかないんだ」、「その中でどうすれば安心して信じてもらえるのか」、という視点を忘れないようにしています。


ーー松岡さんはお子さんがいらっしゃいますが、会社の環境として働きやすさについてはどう思いますか?

子どもがいるかいないかに関係なく、とても働きやすい環境だと思います。メディカルノートは役員陣も育児と仕事を両立している人がたくさんいるので、そういった点で気兼ねをした事も全くありません。

特に、開発チームはリモートワークで業務が回るように設計されているので、自宅でプログラミングに集中したいエンジニアにとっても、こどものお迎えという時間的制約がある自分にとっても、働きやすい環境が整っていると思います。おかげで、こどもがいる事が自身の弱みだと感じた事もほとんどありません。こういった働き方が出来る会社が少ないからこそ、この環境を大事にしていきたいです。

ーーどんな人がメディカルノートに合っていると思いますか?

「医療メディア/プラットフォーム」というのは非常にセンシティブなサービスです。ユーザーが、私たちのコンテンツやサービスを利用した結果、何かしらの意思決定を行い、それが健康や命に影響を与える可能性がとても高いからです。

誤った情報やエビデンスのない情報を公開していないか、コンテンツの表現やUIによってユーザーに誤解を与えていないか、常に細心の注意を払ってサービスに向き合う姿勢がとても重要だと感じます。「ユーザーが求めるものはなにか?これってユーザーにとって本当に必要なものなのか?」と問いを持ち続けることができる方はとてもフィットするのではないかと思います。実際、今メディカルノートに務めている人は、本当に誠実にユーザーや医療課題に向き合い、私達が目指す医師と患者がつながる世界を未来に見据えている人が多いと思います。

私たちが目指す世界の実現に向けて、さらに同じ志を持った人が増えていただけると嬉しいと思っています。


ユーザーの医療課題をワンストップで支援するプラットフォームを目指す

ーー改めて今後の意気込みを教えてください。

ユーザーがメディカルノートにリーチさえすれば、医療課題の分析からソリューション提案までワンストップで提供されるようにしていきたいです。課題解決に至るまでの道のりを短縮することができれば、ユーザーが安心することもでき、病院にとっても、ひいては国や世界にとってもプラスになることは間違いありません。

これは私の個人的な思いかもしれませんが、どうしても医療に関する悩みを抱えている人って孤独になりがちだと思うんです。家族の病気の治療について悩む時、今目の前で泣いてる赤ちゃんを見て途方にくれる時、自分自身の症状に悩む時。それってすごく個人的なことだし、自分自身や家族にしか分からないことだから、どうしても内向きになってしまうんですよ。

だからこそ、「メディカルノートなら安心」という世界を作っていきたいですし、その認知が広まれば広まるほど、孤独を感じる人が減っていくと信じています。その為のアセットはこれまでのメディカルノートが愚直に蓄積してきていますし、あとは本当にやるだけ。ありとあらゆる側面から課題を解決し、医療的な負を日本からなくしていきたいと思います。

そして、私のこどもが大人になるまでには、メディカルノートがなかった頃って、どうやって医療課題を解決していたんだっけ?と思われるくらいのサービスに育てていきたいです!

メディカルノートでは、共に働く仲間を募集しています

少しでも興味をもってくださった方、まずはフランクにお話しませんか?ご応募お待ちしています。

株式会社メディカルノートでは一緒に働く仲間を募集しています
18 いいね!
18 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう