This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「手がけたものがユーザーに届くことが嬉しい」僕がメディカルノートに転職した理由。

2年前に医療クリニックの予約システムをつくる会社からメディカルノートに転職した横尾雅博(よこお・まさひろ)さん。現在、横断的にメディカルノートのサービス開発に関わるWebエンジニアとして活躍しています。なぜ横尾さんは同じ「医療」に関わる業界から当社に転職したのでしょうか。
今回は横尾さんの転職理由について聞いてみました!

技術の幅を広げてより社会に貢献できる環境へ

ーーこれまでのキャリアについて教えてください。

大学院で化学を専攻していたので、就活では化学メーカーを見ていました。ただ、僕が行きたかった会社は地方にあることが多くて。やっぱり生まれ育った東京で就職したいと思い、たまたま東京で募集していたtoB向けのSaaSである医療クリニックの予約システムをつくる会社に新卒で入社したんです。

オープンポジションで入社したのでエンジニアになったのも実は偶然で。あのとき営業に配属されていたら、僕の人生は変わっていたかもしれません(笑)。僕がエンジニアになったきっかけはそんな感じです。

そこから3年間にわたり医療クリニックの予約システムを手がけていたのですが、次第に成長意欲が湧いてきて思い切って転職することにしました。というのも最初の会社では既存システムの改修が多く、上流工程に関わる機会も多くはありませんでした。

トップダウンで決めた仕様をニアショアで外部に委託することも多かったので管理する仕事も多かったんです。未経験からのスタートだったので育てていただいた恩は感じていますし、みなさん人がよかったので毎日楽しく働いていました。ただ、より高みを目指すには新たな環境に身を置く方がいいと思ったんです。

ーーなるほど。そんな中、なぜメディカルノートを選んだのでしょうか?

1.技術的に新しいことにチャレンジできそうな会社だと感じた
2.toC向けのプロダクトをユーザー目線で開発できる環境が魅力的だった
3.医療の領域で、今後自分の技術が社会貢献につながると思った

という3つが大きな理由です。例えば「1」に関して言えば、自分たちで言語やフレームワークといった技術の選定ができたり、CTO含めた周囲の方に相談できる風通しのいい文化が形成されています。未経験だったインフラ周りに挑戦することも歓迎してくれたので、「ここでなら絶対成長できる」と思ったんです。

短期間でスキルと視座を高めてくれる環境がある

ーーメディカルノートに転職してから成長は実感できましたか?

はい、それはすごく感じています。いまはメディカルノートが展開する複数のサービスに横断的に関わっているのでスキルの幅は格段に広がりました。前職では管理や部分的な開発が多かったので、上流工程から一貫してものづくりに関わる経験はとても新鮮で。チームでコミュニケーションをとりながらサービスをゼロベースからつくるのも初めてのことでした。

スピード感も違うし、何より裁量が大きい。これは組織の規模が大きくなった今でも変わりません。誰でもAWSを触れるお試し環境があり、そこで業務効率化につながる技術検証や、自動化(Bot開発)などを行うことで念願のインフラ技術にも詳しくなりました。おかげでフルスタックに活躍できるスキルが身に付いたと思います。

ーーそれはすごい。環境面で変わったことはありますか?

一緒に働くメンバーに変化がありました。メディカルノートはミクシィやディー・エヌ・エー、グリーといったメガベンチャー出身のディレクター、エンジニアが在籍し、経験豊富な開発体制だと思います。

また、文化面においても、前職では開発チーム内の年齢差もあって、開発について意見できる余地が少なかったんですが、いまは年齢の近いエンジニアに囲まれているので議論がしやすく、「こんな設計にしようか」と芯を食った議論ができます。なにより、当事者意識を持ってサービスに責任を持つという感覚はメディカルノートに転職してから覚えたことだと思います。

あと出社時間が自由で、リモート勤務がOKなこともよい変化ですね。柔軟な働き方ができるので、プロジェクトが佳境を迎えているときはリモート勤務することも多いです。それでもSlackなどのツールで円滑にコミュニケーションがとれるので業務で困ったことはありません。頑張っていることをアピールするために無駄な残業をする必要がないので、効率的に集中して働ける環境です。

技術で社会に貢献するエンジニアでありたい

ーー横尾さんはどんな方と一緒に働きたいですか?

僕はどちらかというと「これがやりたい」というより、「求められていることを全力でやる」タイプ。これからジョインしてくれるエンジニアさんには、「自分はこれがやりたい」という意志があるといいですね。その方がバランスがとれると思うので。

あと、気付いたことは率先して解決してくれると嬉しいかもしれません。解決したい課題はたくさんあるんですけど、なかなかそこまで手がまわっていなくて。スタートアップなので、やっぱり受け身より自主的に動ける人の方がすぐに馴染めるんじゃないかと思います。

ーー最後に横尾さんの目標について教えてください。

やっぱり「メディカルノートのおかげで助かったよ」という声をもっと身近な人からたくさん聞けるようになりたいですね。僕は技術オタクというより社会に役立つプロダクトをつくることに興味があるし、そういった志向のエンジニアがメディカルノートには多い印象です。

以前、toB向けのSaaSを開発していた頃はユーザーの声をダイレクトに聞く機会が少なかったんです。だからTwitterでメディカルノートに関するつぶやきなんかを見るとすごく嬉しいんですよね。自分が手がけたものがユーザーに届いた気がして。「ネット検索よりメディカルノートの方が正確で安心」と言ってもらえるように、これからもっとサービスの価値を高めていきたいと思います。

メディカルノートでは、共に働く仲間を募集しています

少しでも興味をもってくださった方、まずはフランクにお話しませんか?ご応募お待ちしています。

Web エンジニア
日本の医療を変えるWebアプリケーションエンジニア募集!Rails開発
ー「医師と患者をつなぐ」ー これは私たちメディカルノートのビジョンです。 「病気の診断を受けた」 「体調の異変を感じている」 「良い病院を知りたい」 といった理由から、ネット検索で医療情報を収集することはもはや当たり前の時代。 しかしネット上には間違った情報や誤解を招く記述が氾濫しており、人々が真に信頼できる情報の収集は困難を極めています。 また、医療現場ではそういった患者さんのニーズを知っているもののWebへの知識が不足していたり、そのために割ける時間も機会も限られているため、対応が難しい現状があります。 私たちはそうした課題を、医療と人々がつながるデジタルヘルスケアプラットフォーム『Medical Note』の提供によって解決していきます。
株式会社メディカルノート
インフラエンジニア(SRE)
社会的価値の高いプロダクト運用を担うインフラエンジニア募集!
ー「医師と患者をつなぐ」ー これは私たちメディカルノートのビジョンです。 「病気の診断を受けた」 「体調の異変を感じている」 「良い病院を知りたい」 といった理由から、ネット検索で医療情報を収集することはもはや当たり前の時代。 しかしネット上には間違った情報や誤解を招く記述が氾濫しており、人々が真に信頼できる情報の収集は困難を極めています。 また、医療現場ではそういった患者さんのニーズを知っているもののWebへの知識が不足していたり、そのために割ける時間も機会も限られているため、対応が難しい現状があります。 私たちはそうした課題を、医療と人々がつながるデジタルヘルスケアプラットフォーム『Medical Note』の提供によって解決していきます。
株式会社メディカルノート
コーダー / マークアップ
医療業界を一緒に変えていけるコーダー募集!
ー「医師と患者をつなぐ」ー これは私たちメディカルノートのビジョンです。 「病気の診断を受けた」 「体調の異変を感じている」 「良い病院を知りたい」 といった理由から、ネット検索で医療情報を収集することはもはや当たり前の時代。 しかしネット上には間違った情報や誤解を招く記述が氾濫しており、人々が真に信頼できる情報の収集は困難を極めています。 また、医療現場ではそういった患者さんのニーズを知っているもののWebへの知識が不足していたり、そのために割ける時間も機会も限られているため、対応が難しい現状があります。 私たちはそうした課題を、医療と人々がつながるデジタルヘルスケアプラットフォーム『Medical Note』の提供によって解決していきます。
株式会社メディカルノート
iOSエンジニア
日本の医療を変えるiOSエンジニア募集!Swift開発
ー「医師と患者をつなぐ」ー これは私たちメディカルノートのビジョンです。 「病気の診断を受けた」 「体調の異変を感じている」 「良い病院を知りたい」 といった理由から、ネット検索で医療情報を収集することはもはや当たり前の時代。 しかしネット上には間違った情報や誤解を招く記述が氾濫しており、人々が真に信頼できる情報の収集は困難を極めています。 また、医療現場ではそういった患者さんのニーズを知っているもののWebへの知識が不足していたり、そのために割ける時間も機会も限られているため、対応が難しい現状があります。 私たちはそうした課題を、医療と人々がつながるデジタルヘルスケアプラットフォーム『Medical Note』の提供によって解決していきます。
株式会社メディカルノート
Androidエンジニア
日本の医療を変えるAndroidエンジニア募集!Kotlin開発
ー「医師と患者をつなぐ」ー これは私たちメディカルノートのビジョンです。 「病気の診断を受けた」 「体調の異変を感じている」 「良い病院を知りたい」 といった理由から、ネット検索で医療情報を収集することはもはや当たり前の時代。 しかしネット上には間違った情報や誤解を招く記述が氾濫しており、人々が真に信頼できる情報の収集は困難を極めています。 また、医療現場ではそういった患者さんのニーズを知っているもののWebへの知識が不足していたり、そのために割ける時間も機会も限られているため、対応が難しい現状があります。 私たちはそうした課題を、医療と人々がつながるデジタルヘルスケアプラットフォーム『Medical Note』の提供によって解決していきます。
株式会社メディカルノート
株式会社メディカルノートでは一緒に働く仲間を募集しています
27 いいね!
27 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる