This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

2017年新卒入社。「何をするか」ではなく、「誰と働くか」で就活していて出会ったメディアリンク。メディアリンクに決めた理由とは。<社員紹介 vol.04>

今回は2017年新卒入社した自社製品の導入エンジニアをご紹介いたします。

ご紹介するのは入社1年目の川崎です。


メディアリンクに入社を決めた理由

何をするかではなく誰と働くか。

「何をするか」ではなく、「誰と働くか」を軸に就職活動を始めた際、同じ言葉が採用ページに記載されていたことが一つのきっかけです。採用サイトを見た瞬間に「ここだ!」と感じました。

説明会で代表の松本から話を聞き、絶対にブレない軸がこの会社にはあるなと感じました。

その後面接を受けていくうちにここで働く人たちがどのような人なのかを知ることができ、その明るさと真面目さに惹かれたことが決め手です。


メディアリンクに入社して良かったと思うのはどんなところですか?

先輩がやさしく、仲が良い。

周りの先輩社員が優しく、できるまで丁寧に教えてくれるところです。

研修は基本的にOJTがベースなので、緊張感はありますがそのぶん身に付くのも早いです。

また社員の仲が良いことも良かった点の一つです。

エンジニアは黙々と自分の作業を遂行するイメージがあり、わからないことがあっても聞きづらいのでは…と思っていました。しかし、部署や事業部を問わず、わからないことはいつでも聞き合える環境なので、学べることも幅広いです。

「聞きたいのに聞けない…」などの変なストレスも一切なく、伸び伸びと仕事ができることがなによりも良かったところです。


メディアリンクに入ってからの仕事と役割

自社開発であるコールセンターシステムの導入や保守を担当。

導入部分では、お客様からヒアリングした内容や情報を基にシステムを構築します。

その後お客様先へ行き、システムの導入・動作確認などを行います。

保守の部分では、現在弊社のシステムを使用していただいているお客様からの問い合わせを受けて、システムの設定変更やお客様からの疑問にお答えしています。


仕事の面白いところは?

お客様の要望に応えられたとき喜びを感じます。

自分で設定したシステムがお客様のご要望通りに動くことにやりがいを感じます。あたりまえのことなのですが、少しでも設定を間違えると希望の動きにならないケースや、最悪の場合システム全体が動かなくなってしまうこともあります。

電話システムが動かなくなるということはお客様の業務がとまってしまうということ。ですので、設定には細心の注意を払って行っています。

また全国のお客様にお使いいただいているので、導入の際は出張も多いです。

一人で現地作業へ行くこともありますので、任される責任も大きいですがその分やりがいも大きいです。



仕事に対する想い

必要とされる人間になること。

これは社内だけでなくお客様との関わりの中でもそうですし、プライベートでも同じです。

「君がいて良かった」、「お前の為なら…」、そう思ってもらえる人間になることが目標です。

常に何かを与える側でいること。そのためには自分が成長し続けること。

つまりこの目標は一度達成すればよいものではなく、継続しなければいけない目標です。

私は仕事を通じてこの目標を達成し続けたいですし、メディアリンクならそれができると思います。


今後の目標は?

新規案件のメイン担当。

実は営業として入社をしたのですが、製品知識が無いと売れるものも売れないと感じ、今の部署へ配属希望を出しました。今の部署にあと何年在籍するかは未定ですが、その気になれば営業から導入・保守までできる人になることが目標です。

直近の目標としては、新規案件のメイン担当になることです。


メディアリンクを一言で表すと

仲間。

メディアリンクの良いところは人の好さです。“仲間の為に”という気持ちを持った人の集まりです。

新入社員の育成・サポートはもちろん、困っている人がいたら先輩後輩関わらず声を掛け、全員で課題を解決しようとする社風があります。

その根底には、社訓である「誠実であること」を大切にする気持ちがあるからだと思います。

社会に対して、お客様に対して、仲間に対して、常に誠実であることがメディアリンクの魅力です

メディアリンク株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる