1
/
5

【トップ対談】社会の大きな変化の中で、柔軟にビジネスを創造する。

アルゴリズムの創業にいたる経緯や将来に期待していること

勝俣 篤志(右) 株式会社アルゴリズム代表取締役社長

学生時代から起業に関心があり、大学では起業サークルに所属。サークルのOBである金田と出会ったことをきっかけに2017年、株式会社アルゴリズムを設立する。

金田 卓也(左) 株式会社アルゴリズム取締役

中学時代からITに関心があり、個人事業主として活動を始める。大学時代にソーシャルゲームのスマホアプリ事業での起業経験がある。シリアルアントレプレナーでもある。

デジタルマーケティング、医療DX。

こだわるけど、こだわらない、探究心。

金田:アルゴリズムは、僕と勝俣の出会いから始まりました。起業を志す勝俣とすでに起業経験があった僕が出会い。僕が勝俣の人間性に可能性を感じて二人でタッグを組んだら、どこまでも行けるんじゃないかと。

勝俣:起業サークルで出会った金田さんは、ビジネスのアイデアも豊富で視点も鋭くて。一緒に事業や経営ができたら、すごく面白いだろうなと思い、大学卒業を待たずに会社を設立しました。

金田:創業時は、土地勘があったデジタルマーケティングから事業化。でも、当時から何をするかではなくて、アルゴリズムだからこその解を作りたい。探究心を使いまくってビジネスを構築していきたい、という思いがあった。

勝俣:これから医療DXを進めていきますが、それがゴールではなくて。世の中でまだ解決できていない課題や、人々の中にある見えないニーズに対して僕たちなりの解決策を提示する会社であり続けたいと思っています。

続きはこちら、、https://recruit.algorithms.co.jp/crosstalk/

株式会社アルゴリズムでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング