1
/
5

【社員インタビュー04】中途入社 みんなが電子カルテを見られる日本を、最高の開発環境で挑戦

こんにちは。 メディカル・データ・ビジョンの採用担当です。

今回は医療機関向けサービスを制作するプロダクト開発部で働いている、入社9年目の菅原に、
入社の経緯から、今の仕事の魅力や今後の夢などについて語ってもらいました。

ぜひ、最後までご覧ください。

ーー入社までの経歴について聞かせてください。

大学時代は映像関係の勉強をしていました。
1社目は、好きな分野であるDVDの映像関係の開発をしている会社でインターンをして、新卒でそのまま入社しました。そこではDVDの映像をキーワードで検索できるような開発をして、特許を取得したり非常に良い経験が出来たと感じておりますが、その後、経営状態に不安を抱いたので退社しました。
その後は個人事業主を経て、結婚がきっかけで正社員に戻りたいと考えMDVに入社いたしました。

――正社員になるうえでMDVを選んだ理由は?

「誰もが自分の健康状態を可視化できる状態にしたい。」という想いから入社しました。
実体験として、駅で倒れてる人がAEDを使って処置されている現場を見て、「この人どうなっちゃうんだろう」と感じたことがあり、道で倒れている人が今どういう状態で、どういうバイタルなのか分からず、救急隊員の人でも一般の人でもすぐに分かるような状態にしたいと感じ、この会社入ったらそのようなサービスに関わりたいと思っていました。

ーー実際に入社してみて感じられたことや、ギャップはありましたか?

ギャップや抵抗感は特に感じませんでした。
ただ、医療データの会社なので、医療データに触れて分析していくのかと思っていましたが、入社時はとあるシステムの一部を新設したり、フロントエンドのUIに携わっていたこともあり、入社してからしばらくは直接的に医療データを触っていない状態でした。それでも、意外と医療データに直接触れなくても何かしらの形で医療に携わることができている実感はありました。
医療制度の知識がないとできない部署ももちろんありますが、技術を活かして医療課題を解決していくので、私がいる部署はそこまで医療の知識は必要なかったです。

――今の具体的な仕事内容について教えてください。

「カルテコ」というサービスの開発をしています。「カルテコ」はスマホやWEBブラウザ、アプリ上で自分のカルテが見られたり、診療の画像が見られるようなサービスです。
企画設計、上流工程などを自分たちでやることもあるので、企画とすり合わせて行きながらゴール設計をしています。あれやりたいこれやりたいと漠然したものがあって、なかなか収集がつかないこともある中で、企画フローを僕らが提案することも可能です。

ーー面白いと思える点や成長を実感できる瞬間はどのような時でしょうか。

今は私が取り組んでいるプロジェクトの担当は2名で、APIや管理画面などを作ったりしています。MDVでは、新しいプロジェクトを始める際に、言語やフレームワークを自由に選んでいいよと言われているので、この言語面白そうだから使ってみたいですなどの意見はすぐに採用されます。なので新しい知識を活かしながら楽しんでチャレンジできます。

ーー今後、どのようなサービスを開発してしていきたいと思っていますか。

みんながスマホのアプリでカルテを見られて、今服用している薬をお医者さんに見せたりなど、医療業界を効率良くできるサービスを開発したいと考えています。
例えば、入院患者でも「カルテコ」でどんな薬を投与されているか、わかるようになっていて、これがクリニックでも外来でも使えるようになれれば、おくすり手帳をスマホのデバイスで完結という使い方ができるようになるかもしれないです。
カルテコの現状として、患者自身が診療情報の一部を保管・閲覧できる「CADA-BOX」という商品を導入している病院じゃないと利用できないため、「CADA-BOX」を使わずにカルテ情報を取得できるような仕組みを作っていきたいです。

ーーこれからカルテコがNo.1になっていくためにどういう風な取り組みをしていきたいですか?また、どういうことが重要だと思いますか?

諦めない心が最重要だと思います。何年やっても完璧なサービスはなかなか完成しません。これまで社内でも色々なアイデアが出ていますが、全て成功するとは限りません。だからこそ様々なアイデアを出した上で折れずに挑み続けることが大切だと思っています。
会社としても、何もしないでいるよりは何かしらして失敗するほうが、これはいけなかったというエビデンスにもなるので、失敗を恐れずにチャレンジし続けることを大切にしています。

ーーより良いサービスにしていくうえで、どういう人と一緒に働きたいですか。

ソースを見ることが好きな人や、好奇心のある人がいいですね。あとは意思がはっきりしている人。できないのにできると言われるよりは、できないことはできないとハッキリ言える人。新しいことを楽しめる人。と働きたいです。
困ったことがあったら都度相談。周りの人も優しいので、みんなに頼るのが上手い人だったらすぐ馴染めると思います。むしろ甘えられたいというメンバーも多いです。

ーーメッセージ

話したりすることが好きな人は是非ご一緒に働きましょう。
最近は緊急事態宣言であまりやってないですが、フットサルやテニス等も部活でありますので和気あいあいとした雰囲気でやっています。
あとは個人的には、僕が山形県出身なので同じ方がいらっしゃれば是非応募してほしいなと思います(笑)
とにかく、失敗してもフォローできる体制があるので、まずは、お気軽にご連絡ください。

メディカル・データ・ビジョン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
21 いいね!
21 いいね!
今週のランキング