1
/
5

【社員対談】ベテランアドバイザーが語る、30代・ミドルキャリアの転職事情

若さとポテンシャルが武器になる20代とは違い、経験値やスキル面が重視される30代の転職事情。30代、年収600万円以上のミドルキャリア人材が転職活動でおさえるべきポイントは?また、転職しないほうがいいのはどんな人?人材業界歴10年超のベテランアドバイザーである高木と若林に「30代からの転職事情」を聞きました。


高木:30代の平均年収は450万円程度というデータがあります。

<参考:年代別・年齢別 平均年収情報(doda)>

高木:平均からみれば30代で600万円以上ある方は「高年収」に入りますが、ミドルキャリア層の転職相談理由に上がるもののひとつに「さらに年収を上げたい」というものがあります。

若林:今よりも上のポジションで働きたい、スキルを伸ばせる環境に行きたい、といった、ポジティブかつ野心的な理由での転職が多いのが、30代でリーダー職以上のポジションにいる方の傾向ですね。

高木:30代になると既婚率も高くなります。家族との時間を確保したいなどの理由で、例えば比較的ハードな働き方が多い広告代理店やコンサルティングファーム出身の方が事業会社への転職を検討されるケースもあります。

若林:家庭ができたことで働く環境を改善したいと希望される方は、男女問わず多いですね。

高木:単純に「残業が嫌だ・休みたい」ではなく、家族のために時間の使い方を変えたい、年収も上げたい、というご希望は増えている印象です。

30代は勢いだけで転職してはいけない

若林:業務内容の変化のなさに不安を覚える方もいらっしゃいます。新卒で大手メーカーや商社に入社し、年収は650万円くらいまで上がったものの、その先が見えない、業務内容に変化がない、成長を感じられない…。また、同じ悩みを共有していた社内の同僚や先輩が、変化を求めて転職していく様子をみて自分も…というケースもあります。ただよくよくお話を聞くと、恵まれた環境にいる方がほとんどなんです。大手企業の安定を捨ててまでチャレンジしたい「何か」がない限り、現職残留をお勧めすることもありますよ。確固たる意思がなく、ただ環境を変えたい思いだけで転職してしまったら、後々後悔しますから。

高木:ご家族の反対があったりもしますよね。いわゆる「嫁ブロック」と呼ばれたりもして(笑)、奥様の反対により転職断念…というケースはしばしば耳にします。その逆もまた然りですが、結果として我々アドバイザーと話しているうちに、現状が恵まれていることに気付かれることはよくありますね。転職をお手伝いするのが私たちの仕事ではありますが、30代の転職は相当な負荷がかかるものだという現実はお伝えしています。特に初めて転職する方は、入社以降時間をかけて培ってきた経験や人間関係、社内でのポジションをすべて白紙に戻して、新しい環境でまた一から作り直すことになります。これは簡単なことでは決してありません。さらに言うと、好条件のまま同業界で転職するのは非常に難しいです。ポジション・年収によっては転職によって一時的にその金額を落としてしまう可能性があることも理解していなければなりません。

不安定な転職市場、ミドルキャリア転職への影響は

高木:冒頭から厳しい話にはなりましたが、リーダークラス以上のミドルキャリア層は、これまでの経験を活かした転職であれば年収維持、もしくは年収アップが十分可能です。ただ現年収が相場より高いと、転職後は一時的に下げざるを得ないケースもあります。

若林:そうですね。また、20代ならポテンシャルに期待した未経験歓迎求人もありますが、30代はこれまでの経験・知見を活かして有利に転職すべきです。

高木:新型コロナウィルスの影響で転職市場も不安定な状況にありますが、IT、SaaS系企業などの求人は依然活発に動いている印象があります。

若林:逆にBtoC関連、対面営業がメインの企業は採用ハードルが高めです。ミドルキャリア層の転職はコロナ禍の影響は少ないものの、今が転職の好機であるとは言えない業界もあります。逆に「この状況でも中途採用を継続している企業なら体力がある、将来性に期待できる」という解釈もできますね。

高木:全体的に見れば即戦力人材の需要は、この状況下でも大きくは落ちておらず、求職者側に選択の余地があると思います。これは経験を積み重ねてきたミドルキャリア層の強みではないでしょうか。私は人材紹介の仕事を始めて10年になりますが、若い頃は自分より年齢もキャリアも上の方の転職をお手伝いする際、自身のキャリア不足を感じることもありました。でも次第に年齢と経験が追いついてきたと感じています。30代ミドルキャリア層と20代ポテンシャル層の転職では、我々アドバイザーのサポート内容も大きく変わりますからね。

若林:そうですね。転職エージェントに求められる役割が、20代30代とでは、ガラッと変わります。

高木:ミドルキャリア層については希望に沿う求人をご紹介して、内定獲得のためのアドバイスをする、といったサポートではなくなります。求人の募集背景は何か、どんな役割を期待されているのか、一緒に働く方はどのような経歴の方なのか、入社することで企業に対してどのようなインパクトを与えられるのかといった、より細かい情報をお伝えする必要があると思っています。

若林:私も高木さんと同様、若い頃はミドルキャリアの方の転職サポートで至らなかった点があったと思います。相談に来られたお客様が「こんな若いアドバイザーで大丈夫?業界知識とかあるの?」と明らかに不安がられていると感じたこともありましたし。もちろん、若くても優秀なアドバイザーはたくさんいます。しかしアドバイザー職を17年経験した今のほうが、リーダークラスの方の転職にかける思いや覚悟を深く理解できるようになり、ご支援に自信が持てるようになりました。

年収アップ、働き方改善…30代ミドルキャリアの転職成功事例

高木:印象に残っているミドルキャリアの転職支援は、働き方の改善と年収アップの両方を実現された30代女性。現職企業の産育休制度の導入・活用が遅れていることが懸念材料となり転職を決意された方でした。ご支援の結果、結婚・出産を経て活躍を続ける女性社員のいるベンチャー企業への転職に成功して、年収もアップ。働き方の自由度も上がりとても満足されました。

若林:ご本人の満足度が高い転職になると、我々も達成感が大きいですよね。

高木:一方で、年収を下げる転職になった方もおられました。長年イベント業界におられた方で、業界の先行き不安から転職相談に来られました。しかし、マネージャーというポジションと高年収を手放す決断ができず、1年ほど転職を迷っておられて。コロナの影響で業績が下がったことで、異業種へ転職してメンバークラスから再スタートを切ることを決断されました。

若林:足元の年収に固執せず、将来を見据えて転職されたんですね。

高木:勇気ある決断だったと思います。ただ、もともと関心のある業界への転身でもあり、新しいスキルを得られるチャンスなので、満足のいく転職になったとおっしゃっていました。

若林:私は他のエージェントで紹介されたもののスルーしていた求人を再度検討いただいたことがありました。医療系で大手を渡り歩いてきて「この仕事はもうやり切った」という思いがあり、転職を決意された30代後半の男性。40代は何か新しいことをやりたい、というご希望に沿った求人だったのですが、他エージェントで見せられた求人票だけでは詳細がわからず、却下していたそうです。

高木:確かに求人票に記載されている情報だけでは、ご要望に沿った仕事内容かどうかの判断がつきづらい。特にミドルキャリア層の転職は仕事内容だけでなく、募集背景まで汲み取り、本質的に活躍できる環境かどうかを正しく見極める必要がありますからね。

若林:改めて私から今回の募集背景や、これまで培ったスキルをどのように活かせるポジションなのかという点を詳しくお伝えしたところ、意向が高まって応募に至り、見事内定獲得。事前に詳細な企業情報を提供していたからか、入社後にギャップを感じることもなく、大変満足された転職になりました。

30代の転職活動、エージェントとの付き合い方

高木:私はキャリアアドバイザーとしてお客様の転職をサポートすると同時に、法人営業も担当しており、企業の採用支援を行うリクルーティングアドバイザーの仕事もしています。大手のエージェントはこの2つの担当を分けて効率化しているところが多いのですが、ミドルキャリアの転職支援については企業と求職者、両方との距離が近くなければ難しいと感じています。

若林:キャリアアドバイザーが法人営業も担当するスタイルのことを私たちは「両面型」と表現するのですが、確かにリーダー、マネージャーポジションの転職には情報の濃さが必要。自然と両面型での支援が多くなりますね。

高木:面接対策の内容も20代とは違いますからね。若手や未経験転職の面接は「企業が求職者を見極める機会」というイメージが強いですが、ミドルキャリア層になると「相互理解のすり合わせ」となるケースが多いです。経歴やスキルが一定レベル以上にあることは認識済みなので、あとはカルチャーフィットや仕事観、求められていることが実現できるか否かのすり合わせになります。

若林:「面接」というより「商談」に近いですよね。形式ばった進め方はせず、いきなり核心に迫ることが多い。だからその場であっさりもの別れに終わる場合もあり、ドライで効率的です。

高木:20代が転職エージェントを活用するメリットは、職務経歴書や履歴書の書き方などのアドバイスを受けられたり、面接時の注意点がわかったりすること。一方で30代ミドルキャリアは、一般には公開されていない企業の生の情報が入手でき、新たな気付きが得られることがメリットではないでしょうか。

若林:情報の鮮度と深さはエージェントを使わないと得られない部分ですね。年収や待遇面での条件交渉を任せられるのはもちろん、第三者視点からみた企業の実態がわかる利点も大きい。先ほども話に上がりましたが、企業サイトや転職サイトに掲載されている募集要項だけでは表面的なことしかわからないので、ミドルキャリアの転職こそエージェントを使うべきではないでしょうか。

高木:間に第三者を入れることによって交渉がスムーズに進むことも多いですからね。

若林:もちろん転職活動を効率よく進められるのもメリットです。面接のスケジュール調整などは案外面倒なものですから、忙しいビジネスパーソンの転職には、セクレタリーの役割も担えるエージェントの活用をおすすめします。

30代の「これを最後の転職にしたい」発言。面接でどう見られている?

高木:30代に入ると「最後の転職」を意識する方も増えるのではないでしょうか。でも働き方や雇用のあり方も変化しつつある今の時代、30代で最後と決めてしまうのは早いのでは?と個人的には思います。

若林:入社への覚悟を表すためか、面接の場で「これを最後の転職にしたいと思います」と発言される方もおられますね。熱意は伝わりますが、場合によっては安定志向で変化に弱い人に見えてしまうことも。目的志向型の方なら転職理由として「もう最後にしたいから」は出てこないと思うんです。今はそんな時代じゃない。

高木:会社に貢献ししたいというプラスの意味で伝わればよいですが、しがみつきたいといったマイナスの印象で捉えられると良くないですからね。

若林:ちょっとテクニック寄りの話になってしまいますけど、例えば直近企業での在籍期間が極端に短い場合、今回は長く働きたいという意思を伝える意味での「最後にしたい」なら、アリかもしれません。

高木:「最後の転職にしたい」という言葉自体はネガティブには聞こえないですけど、面接の時点でそこまで断定しなくてもいいですよね。

若林:ただ、40代以降のハイキャリア転職はリファラルなど自身のつながりからの転職がメインになるので、そういう意味では30代が「最後の転職活動」になる可能性は高いともいえますね。

高木:いずれにしても、年齢を重ねるごとに転職の選択肢は減っていく傾向にあります。今の会社でできることはないのか、本当にやりきったのか?改めて見直して、今のままでは実現できないことがあるならば、30代ならまだまだチャレンジすべきだと思います。

若林:決して「転職すれば、抱えている問題が全部解決する」というわけではありません。希望することすべては叶わないと割り切って、ある種のリスクをとってでも動きたいと思えるのかがポイント。転職活動には優先順位の整理と、キャリアの棚卸し、自己分析が必要です。我々アドバイザーに話しているうちに、譲れないものが明確になっていく場合もあるので、ぜひ、早い段階で相談していただけますと幸いです。

株式会社MAPでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう