1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

初めての試み「オフィスで忘年会」は快適そのもの!

こんにちは、中村です。

少し遅くなりましたが、2019年の最終営業日に実施したMAPの忘年会をレポートします。

今まではごく普通に飲食店で忘年会をしていましたが、社員数がかなり増えてきた今、お店探し&予約をする幹事の負担が大きい・・それに、寒い時期は移動も億劫ですよね。

2019年5月に恵比寿に移転したばかりのMAP。執務室が以前の倍の広さになったこともあり、今回は思い切って社内で忘年会を開催することにしました。

昨年末は忘年会に行きたくない、苦痛だという「忘年会スルー」という言葉が話題になっていましたが、MAPの忘年会については費用はもちろん会社負担ですし、強制参加でもありません。

なんなら途中で帰ってもOK✨実際に、忘年会前のミーティング終了後、急いで帰省した人もいました。(年始にはお土産がたくさん並んでました♫)


はじめての「オフィスで忘年会」は快適そのもの!

さて、忘年会スタートです!まずは自席で乾杯🍺


忘年会用に、飲み物とピザをたくさん用意しました🍕



慣れた社内でのひとときは、さすがに過ごしやすいですね。居酒屋などでありがちな「周りがガヤガヤしすぎて話が全然聞こえない!」なんてことも、話題が制限されることもありません。快適!


毎月恒例のバースデーイベントも!

MAPでは毎月「バースデー委員会」から、次月がお誕生月の人にプレゼントが贈られます。

1月のお誕生日メンバーは新卒2年目の金子くん、1年目の中野くんのふたり。


金子くん、中野くん、それぞれのイメージに合わせたネクタイが贈られました👔

バースデーイベントの後も、歓談タイムはまだまだ続きます。


周りを気にすることなく自由に動き回れるのが社内飲みのメリット。


部署の垣根を越え、いろんな人と話せて、とても楽しい時間を過ごせました。


代表の飯田(中央)も、どこか安堵の表情・・・?

いつも仕事をしているオフィスでほろ酔い気分になるなんて、ちょっと不思議で新鮮。

2019年の思い出と2020年の抱負を語り尽くした忘年会は、22時前にはお開きとなりました。

最近流行の兆しを見せているオフィスでの飲み会。実際に体験してみると、移動時間が削減できる、他部署との交流がしやすい等、メリットをたくさん感じることができました🍺

今後もこんな風に、MAPの日常をどんどんお伝えしていきたいと思います✨

令和2年も株式会社MAPをどうぞよろしくお願いいたします。

株式会社MAPでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング