Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「パズルのピースとなり、パズルを拡大する」プロジェクトマネージャー桶本茂理がMAMORIOではたらく理由

MAMORIOのプロジェクトマネージャーを務める桶本茂理(おけもと・もり)。デザイナーだった経験をもとにディレクションを行なう桶本の働き方には、すべてをつなぐあるキーワードがありました。独特の視点でMAMORIOの業務全体を司る桶本がMAMORIOではたらく理由についてインタビューしました。

MAMORIOというパズルの“欠けたピース”になりたい

桶本茂理はMAMORIOのプロジェクトマネージャーとしてあらゆる業務の進行段階を確認し、タスク管理を行っています。そのディレクション能力と活動範囲の広さはMAMORIOの基盤として必要不可欠なものとなっています。

一方、桶本の前職はデザイナーでした。桶本がデザイナーとしてMAMORIOに入社したころ、何もかもが準備段階だったと彼は振り返ります。

「僕がMAMORIOに入社したころ、商品の梱包からマーケティングまですべてが自分の仕事でした。デザイナーとして入社したのですが、あらゆる業務に携わる中で少しずつ考え方が変わっていきました」

スタートアップ企業ならではの少数精鋭チームの動きに、桶本は自身の培ってきたデザインに対する意識を投影して働いています。

「デザインは、突き詰めれば同じ答えに行きつくと思います。どんなサービスやプロダクトにも目標があり、その目標に向かって最適化していくと、ある程度そのゴールはひとつになっていく。デザイナーとして意識していたこのような考え方を活かして、プロジェクトの進行に携わるようになっていきました」

桶本は入社して間もないうちから、最適化すべきポイントはどこか、その答えは何かということを考えて問題解決に取り組んでいきます。

「たとえば、商品発送について、外部のロジスティクスサービスを使い業務をアウトソーシングし、少人数の企業でも対応できるよう最適化しました。サポート体制も、マニュアルを可視化することでスタッフが効率的に働けるような地盤を作りました」

こうした仕事を通じ、桶本の視点は変わっていきました。

「さまざまな業務を通じて、プロジェクト単位の問題ではなく、企業の根本的な問題に対する視点が養われていきました。狭い視野から、広い視野へ変わっていった。僕は、MAMORIOというパズルの欠けたピースになりたいと思ったんです」

自分がCEO だったらどう動くのか?

パズルの欠けたピースになるためには、MAMORIO全体を俯瞰し、ピースの欠けた場所に気付き、そのピースの形(=問題)を正確に把握しなければなりません。その方法として、桶本はCEO増木の名前を挙げます。

「もしも自分が増木だったらどうする?といつも考えています。増木だったらどう考え、どう動くのか。デザイナーだったころの経験を活かして、その問いに対する答えをシンプルに実行しています。本当は増木を追い抜くような先見性を培えると良いんですけど」

増木に対する意識を強く持ちながら働く桶本は、行動の指針であるとともに増木を目標としていることも明かしてくれました。

「どこかで増木を超えたいと考えているのかもしれません。今はパズルの欠けたピースとなる働き方をしていますが、いつかはパズルそのものを拡大するような仕事もしたいですね。そのためには、もっと頭を回転させなければいけない。まだ追い付いていないです」

膨大な情報に対してスピーディに対応している桶本ですが、自身の仕事については「当たり前のことをしているだけ」と淡々と切り返します。

「僕の仕事を“すごい”“大変そう”という方もいますが、全然そんなことないです。僕はひとつひとつ、課題を解決していくだけです」

ストイックな姿勢を感じさせる桶本は、「まあ、入社してから今までずっと遊びに来ているみたいな感じですけど」と加えて表情を崩します。

「ギークハウスを通じて増木と出会い、“MAMORIOに遊びに来る?”と誘われたんです。その延長線上が、今ですね」

CEO増木との出会いを振り返り、桶本は冗談めかしてエピソードを教えてくれました。

「変な人だなあ、と思いましたよ。“『ワンピース』みたいな会社を作りたい”と言っていました。正直、あの頃はどんな会社なのかピンとこなかったですね」

桶本にとって増木は刺激であり、目標であり、答えである。その絆は、少ない言葉からも十分伝わってくるものでした。

ユーモアが人生のキーワード

「高校時代は建築を学んでいました。芸術性と機能性、双方の交点となるものを作りたかったんです。また、趣味でインターネットを見ることもよくありました。ある日、“webサイトも建築と同じで、かつ建築よりもすぐできるのでは?”という気付きがあって……それからwebデザインに興味が湧いていきました」

桶本の振り返る人生はふとしたアイディアによる変化に富んだもので、遠い点と点を結ぶ着想力が垣間見えます。その着想力の根源には彼が大切にしているキーワードがありました。

「“ユーモア”を大切にしています。建築物でもwebデザインでも、“え?そんな考え方あり?”と人の意表を突くものに僕は感動します。大好きな音楽でも、“その音からこう来るか”って驚くと感動しちゃう。だから僕は常に意表を突く生き方を選びたいですね」

そう語る桶本の目は輝いており、「次は芸人になろうかな」と笑います。ストイックな働き方とは裏腹な発言も含め、彼のユーモアなのでしょう。そして、桶本は仕事に対してもキーワードを持っています。

「健康な状態を保つこと。これがいかに大切なことかは、健康な働き方を続けている家族が教えてくれました。健康は精神に対するほどよい負荷から得られるものです。仕事で課題に向き合い、それを達成していくことで健康は保たれる。だから僕は、仕事が好きだし楽しいと思えるんです」

精神的な健康を保ちながら働き続けることは、簡単なようで難しいこと。それは、仕事をする誰もが知っていることです。桶本はその難題に対して哲学を持ち、心から楽しんでいました。

「“どういう40代になりたいか”をよく考えます。“自立して働き続けることの先に何があるのか?”と。ストイックとも言えるかもしれませんね。でも、この状態を保ちながらユーモアを取り入れていくことが、僕の健康な生き方です」

“戦略的ロマンチスト”桶本の見るMAMORIOの未来

あらゆる物事に対して独自の目線で取り組む桶本。その目に映るMAMORIOの将来性について問うと、桶本は富山県でおこなわれたアイディアソンでの経験を語りました。

「僕が今まで出会ったことのないアイディアが生まれ、MAMORIOがプラットフォームとしてユーザーに活用される瞬間を、アイディアソンで経験しました。作り手である僕たちの考えていたサービスが、昇華する瞬間です……感動しましたね」

桶本が感動するのは、意表を突くもの。根幹にあるユーモアというキーワードは、MAMORIOがユーザーの手に渡ることで起こり得る、偶然性や進化にも十分に感じられるものです。戦略を練り、淡々と課題をクリアしながらもユーザーから生まれる偶発性に想いを寄せる姿は、相反する視点を持つ桶本の着想力を感じさせます。

「MAMORIOは、増木が思い描いた通り『ワンピース』のような会社になりました。個性的なメンバーが集まり、お互いの強みを伸ばし、資質を活かして戦っています。ベンチャーならではの働き方や風通しの良さもMAMORIOの魅力です」

MAMORIOという組織についてそう語る桶本は、メンバーに対する信頼とMAMORIOの将来性を重ね、続けます。

「“なくすを、なくす。”というミッションをどう体現するか?この問いについて、僕らの組織は非常に柔軟だと思います。感度の良いメンバーが集まっているので、既存の技術やMAMORIOのあり方にこだわらずに前へ進んでいます。いつか“MAMORIOがなかった時代が思い出せない”ほど、常識を変える商品にしていきたいです」

戦略的に課題をクリアしつつ、未来に対するヴィジョンを着想的に語る桶本。その独特の視点や考え方に対して“戦略的ロマンチスト”という肩書きを今回の取材を通じて作ったところ、笑って受け入れてくれました。

桶本のマネージメントしたプロジェクトの結果、MAMORIOはどんな形へ進化していくのでしょうか。そして、桶本はどんな40代になるのでしょうか。その答えはきっと、予想の斜め上をいくユーモアに富んだ形であるはずです。

MAMORIO株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる