1
/
5

【PAJP記事】【PAサミット2020】パブリックアフェアーズ×PR/世論喚起による効果最大化——Session5【全文DL】

マカイラ株式会社では、パブリックアフェアーズのコンサルティング以外にもパブリックアフェアーズに関するさまざまな事業を行っております。その1つであるパブリックアフェアーズ専門メディア「PublicAffairsJP(PAJP)」の人気記事をご紹介いたします。

【PAJP記事】【PAサミット2020】パブリックアフェアーズ×PR/世論喚起による効果最大化——Session5【全文DL】

パブリックアフェアーズは、ともすると従来のロビイングのように、政府との対面での交渉活動を指すと誤解されますが、より広く「パブリック(公衆・公共)」を対象にする活動です。

最終的なゴールが特定の政府機関の政策に影響を与えることでも、パブリックアフェアーズでは、社会の大義に訴えるオープンでマルチステークホルダー型の政策形成を出来るだけ目指します。このため対面交渉(地上戦)だけでなく、市場認知や世論の力を追い風にするPRとの掛け合わせ戦略(空中戦)も重要となります。

本セッションでは実例も交えながら、メディアやSNS、イベントや広告などを通じた世論喚起、ユーザーを巻き込んだ「ユーザー動員型キャンペーン」、署名サイトなどを通じた世論の政策反映など、パブリックアフェアーズにおける「地上戦」×「空中戦」の可能性を探ります。

2020年9月16日-17日に開催された「Public Affairs Summit 2020」(主催:一般社団法人 パブリックアフェアーズジャパン)より、Session5:「パブリックアフェアーズ×PR/世論喚起による効果最大化」のパネルディスカッションの様子をお届けします。

パブリックアフェアーズ専門メディア「PublicAffairsJP」
https://publicaffairs.jp/pasummit2020_05/

こちらもご覧ください!

マカイラ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング