1
/
5

プロダクトマネージャーとしてMagic Moment Playbook を通じて、営業変革を起こし、本質的な顧客価値を提供したい

慶應義塾大学大学院(慶應ビジネススクール)へ進学後、Speee へ。その後ファッションECサイトを起業後に、リクルート、エムスリー、DeNA を経て、お金に関する専門家Q&Aサイトを運営する事業を開始。常にITの最前線を見てきて、自身でも事業を立ち上げてきた経験のある堤が、今なぜ Magic Moment なのか、プロダクトにかける想いとともに語ります。
<プロフィールはこちら

IT業界において一通りの企画経験を経て、プロダクトマネージャーを志向

慶應ビジネススクールに進学後、在学中から勤務していた Speee へ本格的に参画し、SEOコンサルタントや不動産賃貸サイトのディレクターなどを担当しました。
大学時代から起業したいという思いが強く、ユーザーとしての原体験から、試着し、購入できる ECサイトがあれば社会のためになると考え、ファッション ECサイトを起業しましたが、事業としてうまく立ち上げることができなかったため、リクルートへ転職し、そこでは経営企画業務を担当しました。
その後エムスリーへ移り、アスクドクターズのプロダクトオーナー兼事業責任者を担当。DeNA ではメディア事業のプロダクトオーナーや、オートモーティブ事業部での新規事業の企画・推進などを担当してきました。
DeNA 退職後、自身2度目となる起業に至り、お金に関する無料の専門家Q&Aサイトを運営、事業売却を経て、Magic Moment へプロダクトマネージャーとして入社しました。

ー IT業界で経験を積まれてきている中、その職責も様々ですよね。どういった理由で選択してきましたか?
将来、再度起業したいという思いがあったため、そこに向けてポジティブな経験となるかどうか、および、自分の強みを活かせる環境であるかどうか、そして何より面白いチャレンジだと思えるかどうかを重視して決めてきました。

ー様々な職責を経験しつつ、さらには会社を2回も立ち上げた経験をお持ちですが、何を得ましたか?
2つあります。
1つ目は、人に対してのリスペクトが事業づくりには必要不可欠である点です。会社を運営する上では、様々な方へご協力をお願いする必要がありますが、こうしたつながりを構築する上では、そうした方々への尊敬の気持ちが不可欠であると実感しました。

2つ目に、事業作りはマーケットの成長性や自身の強みといったロジカルな要素だけではうまくいかないことです。事業作りの根底には、世界をどうしたいのか、どんな価値を届けたいのか、など強烈な想いやメッセージが必要だと思いました。起業することで、自分はそもそも何がしたかったのか、自己認識を深める機会になったと改めて思います。

ーその中でプロダクトマネジメントを志向したいという思いに至った理由は何ですか?
一通りの企画経験を経て、顧客が触れる、顧客への価値提供の接点となるプロダクトそのものの企画・開発に携われるプロダクトマネジメントという職務に対して、一番面白みを感じ、突き詰めていきたいと考えたためです。

チームで働く道を志し、再び会社員へ

ー Magic Moment を知ったきっかけはありますか?
2021年4月に発表されたテッククランチの資金調達リリースを通じて知り、会社や事業として興味を持ちました。
興味を持ったポイントは3点あります。
1つ目は、Magic Moment Playbook が、ビジョンや思想が強く反映されているプロダクトだったことです。
2つ目は、起業していたからこそかもしれませんが、DCM ベンチャーズ や DNX Ventures など著名なVCが投資していたという事実です。
3つ目は、SaaS 領域の事業であったことです。

ー SaaS に元々興味が高かったということでしょうか。
そうですね。マーケットとしても盛り上がっていますし、まだまだ世の中にはテクノロジーで最適化できる領域が多いと考えており、ポテンシャルを感じていました。また、顧客への価値提供、それに対する収益の生まれ方が綺麗で、価値を提供し続ければ、利用し続けてもらえるというモデルは美しいと。
加えて、自分の強みは感性よりロジカルに思考できる点にあると考えていますが、SaaS は指標を元に積み立てているサイエンス色の強い事業モデルであるし、toB 領域は toC 領域よりロジカルさが求められる領域であるため、自分の強みが生きると考えました。特に業務改善は過去の経験上私の好きな領域で、営業の業務改善・営業成果の最大化を志向する Magic Moment Playbook は、非常に魅力的でした。

ー Magic Moment に入社を決められた理由は何でしたか?
前提として、事業売却後、次のチャレンジを模索する中で、まず、どのような働き方をしたいかと考えたときに、少なくとも会社員として働くことを決めました。なぜなら、チームとしてものづくりをした方が大きなインパクトを生むことができ、またチームで働くという働き方が好きだったからです。
そして、Magic Moment への入社を決めた理由としては、自分が働く上で3つ大事にしたいと考えていたポイントがあり、面談を通じ、Magic Moment という環境はそれに合致していると確信を持てたからです。

1つ目は、ビジョンや思想の内容に共感できること、およびそれに対する代表の想いがどれほど強いかという点です。
次のチャレンジを考える際に、売上利益の最大化を何よりも志向する会社や、思想≒あるべき姿なしに顧客課題の解決に走る会社、思想はあるが建前になっており、ビジョンやミッションの達成に向けて本気で向き合っていない会社、などは避けたいと考えていました。
また、大学時代にテニスコーチのインストラクターのアルバイトを4年やっていた経験を通じて、顧客との関係構築というテーマに元々一定の興味関心を持っていたことも大きいです。
そうした中で、Magic Moment の”顧客エンゲージメント”という考え方に触れたときに、強く共感しました。

2つ目は、一緒に働く人です。
一緒に働く人が、人として気が合うか、リスペクトできるかという点をとても重視していました。Magic Moment は、代表の村尾を含め、面談でお会いする人が皆そう思える方ばかりで、一緒に働くことを想定した時に素晴らしい環境だと考えました。

3つ目は、職務内容です。
プロダクトマネージャーか事業企画どちらかでチャレンジしたいと考えていた時に、ちょうどやりたいと思っていた Magic Moment でプロダクトマネージャーの募集が出ていたためです。

顧客への価値提供最大化に向けて、Magic Moment Playbook をより洗練化したい

ーいざ、入社となった時、不安な点や心配な点はありましたか?
セールスも SaaS も未経験の領域だったので、そのキャッチアップがどれほどのハードルなのかという点は多少不安ではありました。
現在もキャッチアップ途中ではありますが、メンバーが積極的に考えを吸い出そうとしてくれたり、自分が発したアイデアや意見に対して細かくフィードバックをくれたりするので、すごく安心感があります。
過去の経験上、メンバーの悩みや行き詰まった点に対して、チームとしてはあまり深入りしないようなケースもありましたが、Magic Moment では、チームが強くなるために悩みなど積極的に吸い出し、その原因も深く追及しようとする姿勢がある点は非常にリスペクトしています。

ープロダクトマネージャーとして Magic Moment ではどのような仕事をされていますか
2021年1月にリリースしたばかりの Magic Moment Playbook のプロダクト改善と、プロダクトチームの運営も一部担当しています。
感銘を受けたのは、Magic Moment Playbook をあるべき姿にするための開発設計と足元の顧客要望のバランスを丁寧に取ろうとしているところです。通常、セールスからフィードバックとしていただく顧客要望を満たすことに重きを置く環境が少なくないと考えていますが、Magic Moment は提供価値の最大化を前提に、あるべき姿と足元の顧客要望の充足のバランスを常に考えているチームだな、と思います。
また、私たちは、あるべき姿を理想的な「街」と表現することが多く、理想的な街の構築に向けて日々プロダクトに向き合いつつ、建てた家の改修=プロダクトを使っていただく中でいただく顧客要望の充足も行いながら、理想的な街づくりをしていきたいと思っています。

ー楽しいな、と思う瞬間を教えてください。
顧客への価値提供の最大化に向けて立ち上がる様々な企画を通じて、本質的なあるべきプロダクトの姿について喧々諤々の議論をしているときが一番楽しいと思える瞬間です。やはり、本質を追及する過程そのものが、知的好奇心を強く刺激されますね。
セールスや SaaS という領域についてはキャッチアップ中なので、時に難しさを感じますが、議論を通じ、腹落ちのある結論を出せたり、その過程で新しい発見や学びを得たりすることに純粋な楽しさを覚えます。

ー入社して印象的な出来事はありましたか?
私はこれまで足元の課題解決に着目してしまいがちだったので、あるべき姿から決して離れないという揺るがないチームの姿勢に触れ、とても心強く感じていますし、私自身、あるべき姿に突き進むというマインドを常に持ちたいと思っています。
あとは、何を進めるにしても、顧客体験を軸に据えるところからブレない点です。過去の経験から、売上を最大化するための改善に議論が陥りがちになる場面でも、Magic Moment ではそういう議論は一切されず、顧客体験という価値観で開発しています。例えば、機能を説明する場においても、顧客を主語において体験ベースで物事を語ります。

圧倒的に TRUE であり続けたい

ーチームとして大事にしていることはありますか
いかなる困難の前においても、TRUE であり続ける強いマインドを持つことです。
私たちのチームは、お客様に本質的価値を提供する、そのために一番重要な接点となるプロダクトに関する意思決定を行うチームです。
個人だけでなくチームとして積極的に発信をすることで、チーム内外での双方向のコミュニケーションを生み、互いの信頼感を高め、成長に伴う成長痛を全員で受け入れることで非連続な成長を見せることを是としています。
そのためにも TRUE であること=深く深く本質を追及すること、を大事にしています。

一方で、これからMagic Moment として目指すあるべき姿にはまだまだ遠いと考えています。そういった未来を見据えて、定めた目標をしっかりプロダクトマネジメントの面から支えられるように、リソースを拡充したり、私自身も含めてチーム全員がより成長したりして、強くなる必要があります。

ー TRUE を感じる場面はありますか
代表の村尾と議論しているときに感じるのですが、発言がブレないからこそ TRUE に信念を持っていると感じるし、私の個人的な思いとして、会社は売上や利益を上げるために存在するのではなく、社会を良くするために在りたいと考えているので、「 TRUE であること=顧客に価値ある体験を提供し、社会発展に軸足をおいていること」は圧倒的に正しいと思っています。
今まで経験してきた toC 領域では、顧客や売上の増加が施策の中心となることも少なくなく、顧客に体験としてもたらされる価値として Best なのかという思いもあったため、非常に共感できました。

Magic Moment は今、スタートアップとして希少なフェーズ。参画するならベストなタイミング。

ー Magic Moment の魅力について教えてください
大きく3つあります。
1つ目は、ターゲットとしている市場です。
セールステックという非常に大きな市場における、新たな有望市場であるSET(Sales Engagement Technology)領域の最前線で戦える環境があることです。
SET は、単なる顧客管理(CRM)ではなく、CRM や MA と連携して、顧客との関係性やコミュニケーションなどの営業活動を管理・自動化できたり、その状況をレポートなどの形で可視化できたりする SaaS を指し、ここ1-2年で新たな市場カテゴリとして海外を中心に注目され始めています。Global で見ると同様な志向をもつプロダクトを擁すユニコーンが生まれており、これから大きく伸びることが期待できる市場ですが、国内では Magic Moment を除き、ほぼプレーヤーがいません。

そして、この魅力的な市場を攻略できるのは、Magic Moment しかない、と思っています。
なぜなら、代表の村尾には、Google や freee などのテクノロジー企業でで圧倒的な営業成果を出してきた実績があり、そして Magic Moment Playbook は村尾が成果を出す上で最も重要視していた”顧客エンゲージメント”という独自性の高い思想をもとにして生まれたプロダクトであるためです。加えて、多くの優秀なメンバーが毎月入社してくれており、この思想の実現に向けて強い原動力となっています。
実際に、この思想の価値を裏付けるかのように、まだリリースして半年ではあるものの顧客企業において大きな価値提供事例が出始めており、また DCM ベンチャーズや DNX Ventures のような著名なVCには継続出資いただけるほどの強い期待を感じていただいています。

2つ目は、会社のフェーズです。
今、Magic Moment は、スタートアップとして急激に伸びる過程を経験できる、PMF 夜明け前のステージにいます。現在40名弱ですが、ここから数百名まで一気に成長できると確信していますし、有望な市場・優秀なメンバー・著名 VC 陣などの圧倒的な好条件が揃っている中でこのプロセスを過ごせる経験は非常に貴重です。人が増えた後の世界ももちろん面白そうですが、メンバーが増えようとするこの希少なフェーズでこそジョインの意味があります。

3つ目は、当事者意識のあるメンバーがとても多いことです。
その中でもやはり代表 村尾のリーダーシップは外せません。これから自分で事業を作ってみたい、会社経営に携わりたい、組織を引っ張りたいと考える人にとって、村尾の本質的思考や推進力の強さ、要求水準の高さなど、Magic Moment での仕事を通じて直接的・間接的に触れる中で得られるものはとても多いと考えています。
また、所属するメンバーの仕事へのスタンスも魅力的です。年齢や経験は多様ですが、全員が本質的に顧客への価値を追及する点は、自身が経験してきた環境と比べても圧倒的にレベルが高いと感じます。

ーどんな人と一緒に働きたいですか
GO TRUE WAY を大切にし、関係者をリスペクトすることができる人と働きたいですね。
一緒に働くのも、価値提供するのも全てその先にいるのは人なので、根本的なリスペクトは常に大事にしたいです。

転職は非常に大きな決断だと考えています。
その中で、大切にして欲しいのは、私自身も突き動かされた”エンゲージメント”に対して、心から共感できるかどうかです。
顧客企業だけでなく、その先にいるお客様への価値提供にも携わるんだという気概と、そこに向けた本質的な思考・実行に邁進したいという強い思いをお持ちの方とご一緒できることを楽しみにしています。

体を動かすのが大好きで、週に4-5回のペースでジムに通い、一通りメニューを完遂した時の大きな爽快感がたまらない。新しい概念に触れること、学ぶこと自体もエンターテイメントとして大好きなので、読書や対話を通じて何かを得ることもとても楽しい。少年のような目でキラキラと語ってくれました。
株式会社Magic Momentでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう