1
/
5

【Nayuta情報局 vol.5】

12月に入り、こたつに入りながらみかんや鍋を食べるのがおいしい季節になってきましたね。

木枯らしが吹きいよいよ冬も本番ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?


今月も千住と谷口が「Nayuta」より最新情報をお送りします。

第5回となる今回は、おにぎりについて紹介していきます!


Nayutaではなんと、かまどを使ってお米を炊きます!

火をおこすところから始まり、薪をくべながらかまどの温度を調節していきます。

気候や気温によって都度温度が変化するので

とっても繊細な作業なんですよ、、、

昔の日本の暮らしを少しだけ知ることができそうですね。


ここからは、お米を炊く工程を紹介していきます!

まずは15分程度強火にかけます。


沸騰したら20分程度中火にかけ、水分を飛ばしていきます。


そこからさらに20分ほど蒸らせば、

ほくほくつやつやなご飯の炊き上がり!

こちらの写真のお米は玄米にもち黒米を混ぜたもの。

そのため、このようなピンク色に仕上がります。

おにぎりとして生まれ変わるのが待ち遠しいですね。


Nayutaのおにぎりは三角形。

お米の粒感を残すためにふんわりと握ります。

こちらは試作メニューの、季節のきのこのおにぎり。

しめじ、えのき、まいたけを素焼きした後に山椒やだしなどで味付けしています。

食べ出すと止まらない、やみつきになる味です。

写真をみているだけでお腹が空いてきますよね、、、、


他にも、海苔やとろろ昆布を巻いたものなど

様々な種類のおにぎりを開発中です!

そして、全て握りたてをご提供する予定です。

たくさんのこだわりが詰まった温かいおにぎりをどうぞお楽しみに。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。



NayutaのSNSも随時更新していますのでぜひ覗いてみてください。

Twitter:@Nayuta_Fukuoka

Instagram:@nayuta_fukuoka

株式会社前田組では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう