1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

2019/12/27 餅つき

本日は2019年、前田組の仕事納め。
毎年恒例、全スタッフ出席で餅つきfesを開催。

今日を迎えるまでに各持ち場のスタッフが準備に奮闘。
杵と臼を用意し、窯を準備。もち米を洗い、薪を割り・・・

当日は朝早くから火を起こし、もち米を蒸し、全メンバーで餅をつく。
当たり前ですが、美味しいお餅ができるまでに幾多の行程があり、各々の持ち場を完遂させていかねばなりません。

また餅をつくのがバリきつい!!!普段使わないマッスルがSOSを求めてくる始末。その先には美味い餅があり、エネルギーを補給し、また餅をつく永久機関の完成。


手と手を取り合って年の瀬に皆で出来たての美味しいお餅を食べる、前田組恒例フェスティバルは一つの企業理念とも言ってもいいかもしれません。

世知辛い世の中様々なnewsで暗くなりがちですが、私たち前田組は2020年も全社員力を合わせて、皆様が笑顔になるように精進していきます。
オリピックイヤーも前田組はバイブスあげていきますよ。


Today, is last work day of 2019.
An annual event “MOCHITSUKI” in MaedaGumi.
It is Japanese traditional event, kind of ceremonies that take place around the new year.
We make “mochi” called rice cake in English.
Each staff has been preparing for this event since last month.
We pound steamed glutinous rice (mochigome) in a large mortar (usu) with a mallet (kinu) to make mochi sometime around the new year.

It is so sticky that it’s kind of hard to swallow. Don’t eat a lot of it at one time otherwise it might get stuck in your throat. So danger, and danger, pow wow.

MOCHITSUKI is too hard for office worker. Use heavy mallet with fast rhythm.
But after hard work, the tasty mochi waiting for us. chewy chewy chewy…
We, MaedaGumi, will continue to work together to make everyone smile in 2020.

株式会社前田組では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう