Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】社員の目は嘘をつかない。Luxyのメンバーと実際に話してわかったLuxyの魅力。

今回インタビューにお答えいただいたのは今年(2020)の2月に入社したばかりの澤田さん。

愛称:さわぴか

性格:天真爛漫、人類皆友達

1社目は求人広告の営業、2社目はまだ10名規模のスタートアップで何でも屋さん、そして3社目にてLuxyに入社。


―転職しようと思ったきっかけを教えてください

きっかけというか仕方なかった部分もあり、もともと二社目のスタートアップ企業に勤めているときに、大人の事情で仕事が消え去りました。なので強制的に転職しないといけない感じでしたね。

それで仕事が消え去ったタイミングで、「エンジニアになりたい」とふと思うようになり、スタートアップ時代のエンジニアの知人からプログラミングを教えてもらいました。

そこから、同時にまずは「エンジニアとして自分を雇ってくれるところ」を探し始めて、ちょうどエンジニアの知人が「面白い会社あるよ」って紹介してくれたところがLuxyだったんです。

―最初のLuxyの印象はどんな感じでしたか?

知人から紹介をもらって、まずはLuxyのWantedlyのページを見たんですよ。そした一番最初に目が入ったのがこの画面で、


明らかに他とは違うな、異色だなと思ったのが第一印象でした。

そこからとりあえずエントリーして、面談してみたんです。そしたらとてもゆるーい面談で、営業のこむやんさんが担当してくれたんですけど、最後に「今日、飲み会あるから来なよ」と誘われました。

Luxyのメンバーの社員メンバーが集まって飲み食いしながら交流する会なのですが、一番Luxyの雰囲気がわかるから時間あれば行ってみればいいと。

―そうだったんですね、帰社会ではどんなことを感じましたか?

まず、どアウェーだったんですよ。

どういうことかというと、私のことを唯一知る、面談担当のこむやんさんが飲み会に来れなくて、私は全員が初対面みたいな状況です。

とは言っても、「誘われたものには一度入ってみる」って自分の中で決めているので帰社会に行ってみました。

そしたら、楽しかったんですよね。

全然アウェー感なくて、みなさん気さくで、なんかワイワイしてました。笑

そこから少し日が開くんですが、最終的に社長の佐藤さんと面談して、入社することを決めました。


―Luxyに入社しようと思った決め手は何だったんですか?

言い方悪いかもしれませんけど、電車の中で目に光が宿っていない社会人の方って多いじゃないですか?私、それだけにはなりたくなくて、仕事も楽しく、誠意を持って取り組みたいなと思っていたんです。

そして、いざLuxyの飲み会に行ってみると、社員さんってみんな楽しそうで、目が輝いていて。

面接担当や人事の人がどれだけ会社のいいこと言っても、やっぱりそれって自社に入れたいから事実と違うこと言ったりすることもある訳じゃないですか。

ただ、実際に働いている社員の方と話したり、目を見れば、その会社の状態って丸裸ですよね。

Luxyの場合は、そこが本当にすごくて、みんな自分たちの会社のことを褒めるし、楽しそうに喋るし、社員の満足度がすごい高いなと。

それが一番の決め手でした。

社長の佐藤さんも、面談の時初めてあったはずなのに、もうすでに何回もあってるような感覚で、心地よかったです。

もしエンジニアさんで転職しようかなって思った時はぜひみんなに会いに来てみて下さいね!

株式会社Luxyでは一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング