This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

電子工作ギャルユニット・ギャル電待望のオフィシャル・グッズを明和電機の公式ショップで販売。合わせて公式YouTubeチャンネルを開設。


電子工作 × ギャルという独自の路線でデジタルアートを表現しアート、デジタル領域に留まらず音楽業界でもファンを獲得しつつある2人組ユニット・ギャル電が初となるグッズを発売する。

電子工作用の電子部品を設計、製造、輸入販売を行う株式会社スイッチサイエンス(本社:東京都新宿区)協力の元、制作したギャル電オリジナル基板をベースにLEDで光るアクセサリー『LEDギャルサンダー』が完成。

販売を行うのは、土佐信道氏がプロデュースする芸術ユニット・明和電機が、3月30日(土)に秋葉原の東京ラジオデパート2Fにオープンする公式ショップ「明和電機 秋葉原店」に併設されるレンタルスペース「ラジオスーパー」。店頭では、電子工作が自分で出来る工作キットと、完成された商品の2種類を限定販売。ショップオープンの週末にはギャル電が店舗に出没する可能性も!?

また、ギャル電は、本日3月29日(金)luteサポートの元、待望のYouTuberデビューを果たした。電子工作 × ギャルカルチャーを中心に、彼女たちならではのオリジナル・コンテンツを発信していく。今回制作した『LEDギャルサンダー』制作の裏側も公開予定だ。

ギャル電YouTube チャンネルリンク:https://www.youtube.com/channel/UCdy7DYQLk6BhKebhzAArhNw


■ ギャル電


現役女子大生ギャルのまおと元ポールダンサーのきょうこによる電子工作ユニット。「ギャルも電子工作する時代」をスローガンに、ギャルによるギャルのためのテクノロジーを提案し、「デコトラキャップ」「会いたくて震えちゃうデバイス」などギャルとパリピにモテるテクノロジーを生み出し続けている。夢はドンキでアルドゥイーノが買える未来がくること。

Instagram:https://www.instagram.com/galdenshikousaku/

Twitter:https://twitter.com/galden999

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCdy7DYQLk6BhKebhzAArhNw

■ 株式会社スイッチサイエンス

スイッチサイエンスは、最先端のテクノロジーを、より多くの人々が道具として当たり前に使える世界を目指して活動。主に電子工作用の電子部品を自社で設計、製造、または国内外から調達し、販売を行う。

Official: https://www.switch-science.com/


■ 明和電機



土佐信道プロデュースによる芸術ユニット。青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、様々なナンセンスマシーンを開発しライブや展覧会など、国内のみならず広く海外でも発表している。音符の形の電子楽器「オタマトーン」などの商品開発も行う。2016年1月には中国上海の美術館McaMで、大規模展覧会を成功させた。デビュー25周年となる2018年は大分、長崎で個展を開催した。2019年3月30日「明和電機 秋葉原店」をオープンする。

Official: https://www.maywadenki.com/
Twitter: https://twitter.com/MaywaDenki


■ 明和電機 秋葉原店


3月30日(土)、東京・秋葉原にある老舗の電気部品ビル「ラジオデパート」の2階にオープンする明和電機初のとなる公式ショップ「明和電機 秋葉原店」。「アート」「オモチャ」「本」「音楽コンテンツ」などの商品を集め、ここでしか手に入らないレアアイテムを取り揃える。また、「明和電機 秋葉原店」のとなりには、明和電機プロデュースによるレンタルスペース「ラジオスーパー」がオープンし、クリエーターが出店する。合わせてそのとなりには、「ラジカルなオブジェ」を展示するアートギャラリー、「ラジオギャラリー」もオープン。

名称:「明和電機 秋葉原店」「ラジオスーパー」「ラジオギャラリー」

場所:東京ラジオデパート2階(〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目10-11 )

開店時間:10:00~19:00 火曜定休日

明和電機 秋葉原店 お問い合わせ:mail@maywadenki.com

lute株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Anonymous

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう

Page top icon