1
/
5

つまらないコンテンツも、工夫次第でオモシロく!

みなさんこんにちは!
シートベルトを外し忘れて降りるから、車を背負って歩き出そうとする栗田です。

今日は、ルシダスで実際に「やってみた」をご紹介したいと思います。
なぜ、やってみたか(できたか)というと、ルシダスはダメな理由が無い時は「やってみよう!」な会社なのです。

会社紹介でも「変な会社」と書いていますが、その「変」の根底には、マーケティングロックスターこと弊社代表池上のこんな考えがあります。

『意味の無い慣習みたいな作業は最低限にしたい』
『やるための下準備どーこーじゃなくて、やってみればいい』

やるための承認をもらうため、理論武装しようとしていた新入社員に、「やってみればいいじゃん!」と軽いノリで背中を押すロックスターを見かけることもしばしば。

では、実際に「やってみた」2つの例をご紹介します。


仕事を屋外でやってみる

お昼休みに外に出たら、「あらやだ良い天気! 仕事してるなんて、もったいない!」なんてことありますよね。

この日はまさにそれ。
かつ若干仕事のイヤイヤ期も重なり、ふと「天気良いから、外で仕事したいなー」と脱現実をほのめかしたところ、「じゃあ外でやろっかー、ちょうど車に一式あるし!」と、ロックスター。

(え?!いいの?)と思っている間に、さっさとPCを持ち出し、外でミーティング開始……。

「ちょっと!栗田さん写真撮って!」
「……はい、チーズ。」(その後写真をFacebookに投稿)

やってみてわかったこと

  • あれよあれよと「いいね!」が増え、結果、普段のFacebook投稿よりも多くついた
  • 眩しくてMacの画面が見えない、砂埃が飛んでくる等の理由で、言い出しっぺの私がとっとと退散
  • アウトドアテーブルだと少し低いので、PC作業には使いにくい
  • 良い気分転換になった → その後の作業効率もきっとアップしたと思う♪

(サイコーの外シゴト日和!(田舎の特権)……ですが、あまりの日差しにロックスター以外の面々は30分と持ちこたえませんでしたw)

儀式的なご挨拶メールに「遊び心」を埋めてみる

社長挨拶というお面を被った検証メール(◯ォーリーを探せ!みたいなの)を配信。
昨年と今年のお正月挨拶を装って実施しました。

初回(2017年正月):
つまらない内容のメールと分かっていても「続きを読む」を押して、更に真面目に読み進めることで、初めて気付くキャンペーン(詳しくはこちら)。


2回目(2018年正月):
前回よりもっとスマートなコミュニケーションにならないかなぁと考え、実施したキャンペーン(詳しくはこちら)。


初回より応募総数は、前年比259%の伸び率!

やってみてわかったこと

  • どこの社長よりも、読んでもらえる社長挨拶メールになった
  • 複数のチャネルをまたがず、スマートなやりとりが実現した
  • お正月企画が恒例行事になりつつある


(まさに発想次第ーー世の中、何が当たるかわかりません……)


いかがでしたか?
ルシダスでの日常の1コマ例と、マーケ会社っぽい? 遊び心あふれる実践例をご紹介してみました。

こんなふうに、当たり前のもの、つまらないものと思っているものでも、視点を変えて見つめ直すと、「面白くする・楽しくする」ための新たな切り口が見えてきます

弊社ロックスターが普段から提唱しています「天邪鬼力」ってやつですかね(頑張って磨きましょう)!

何かわくわくすることをやってみたいという方!
そして、やっていいことと悪いことが分からなくなった方!

お気軽にお問い合わせください!

*こちらの記事は2018年4月6日投稿のブログ「つまらないコンテンツも、工夫次第でオモシロく!」(https://www.lucidas.co.jp/transforming-boring-content.html)より転載しています

株式会社ルシダスでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう