1
/
5

【メンバーインタビュー】入社して4年、創薬AI事業とエルピクセルの変わったことと変わらないこと

こんにちは、エルピクセル採用担当の邑並です。                           今回インタビューするのは、創薬AI事業(https://imacel.net/)で事業開発を担当している瀧野さんです。                 2017年10月にご入社、約4年間をエルピクセルで過ごされてきてどんな想いをお持ちなのでしょうか。

ー瀧野さんとエルピクセルの出会いは・・・ここ、Wantedlyだったそうですね!

そうなんです。もう4年くらい前にはなりますが、たまたま見ていたWantedlyでエルピクセルのストーリー記事を見つけまして。

すぐに応募し面接を受けました。                                その後は人工知能を活用した「研究者向けクラウド型画像解析プラットフォーム"IMACEL"」(現在の創薬AI事業)の開発インターンや合宿(通常時は当社で毎年行っている宿泊イベント)に参加させていただき、入社を決めました。

ー入社の決め手はどんなところでしたか?

ライフサイエンス分野のソフトウエアで、日本から世界を目指しているところです。         急成長中のベンチャーで、会社を作っていくプロセスを経験してみたいと思いました。

そして、一番の決め手は・・・、自主性を尊重した社風です。                   もうメンバーは50名を越えましたが、それぞれがみな個性的で、楽しいメンバーが多いですね!

ー瀧野さんはご入社前にも10年間、ライフサイエンス領域のソフトウェア事業の開発をご経験されていましたよね。

そうですね。国内システム会社でWindows系インフラ構築に携わったのち、別の企業で新規製品事業、システム構築の営業にも取り組んできました。CTCライフサイエンス(現:伊藤忠テクノソリューションズ)では、医薬品の研究開発と医療分野における新規ソフトウェアのビジネス開発に、その後、SAS Institute Japan、エイツーヘルスケアでは、国内外のビジネス開発に携わってきました。


ーライフサイエンス分野のご経験が豊富!でも、瀧野さん、ベンチャー企業で働くのは初めてだったそうですね。

はい、ベンチャー企業で働くのはエルピクセルが初めてです。

ー初めてのベンチャー企業で過ごした約4年間、正直いかがでしたか?

入社直後は、社内の体制や組織づくりから必要な点には驚きもありました。でも、出来上がったものがない状態だからこそ、色んなことに取り組める良い機会だったと思っています。            入社をして4年が経ちますが、まだ組織としても道半ばな部分が沢山あります。これからも色々なことに挑戦していきたいですし、挑戦出来る雰囲気は入社時と変わりません。

担当している創薬AI事業については、入社時は「研究者向けクラウド型画像解析プラットフォーム"IMACEL"(イマセル)」として事業をスタートしたばかりの状況でした。             現在は「創薬を加速するAI"IMACEL"」とコンセプトを新しくし、創薬の研究から開発・市販後まで製薬会社様のバリューチェーンをトータルサポートする事業となっています。

ーなるほど。瀧野さん率いる事業開発グループが、今注力されていることは何ですか?

4年間で実績を積んできた研究(Discovery)から安全性(Tox)での経験を活かし、現在は開発・臨床領域(Clinical)に注力しています。                                Clinicalに注力している理由としては、自社プロダクトである医療画像診断支援AI「EIRL(エイル)」の製品群・技術との相性がよいため、相乗効果を最も発揮し、さらなる事業成長に貢献することが出来ると考えているからです。

ーお仕事のやりがい・楽しさを教えてください!

お客様とのディスカッションを通じて課題を発掘し、それに対して当社の技術を活かしたご提案をすることが何より楽しいです!

ーでは最後に、エルピクセルでこれから実現したいこと、教えてください!

海外での事業開発、「IMACEL」と「EIRL」をアメリカ、EU、アジアなど海外市場に展開し、世界のライフサイエンス分野の研究者、医療関係者に利用していただくことです!

創薬AI事業は、当社創業時からのナレッジが詰まった事業です。                  専門家集団だからこそできる事業開発によって、まだまだ可能性が沢山眠っているライフサイエンス領域のDX化を今後もリードしていきます。                              

製品やプロジェクトに関する詳細は、こちらでも発信中!                    NOTE:https://note.com/imacel/

<完>

エルピクセル株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう