1
/
5

なにをやっているのか

入口には、全社員の写真が並んでいます。スペースがいっぱいになる日も近い?
「研究室っぽい」自由な雰囲気です。
私たちLPIXELは、東京大学大学院の研究室メンバー3名が創業し、医療・製薬・農業分野で人工知能(AI)を活用した画像解析AIソフトウェアを開発するベンチャー企業です。 医学・薬学・農学などにおける画像データを正しく活用し、 エンジニアリングで生命の未来を創造します。 研究で培った技術を世界に広げ、オープンイノベーションのハブとなり、 パートナーの皆様と連携し、革新的なプロダクトを供給します。 それは、社会貢献となり、仲間や人々の幸せにつながると信じ、私たちは、研究を続けます。

なぜやるのか

当社ミッション
代表取締役の島原。「研究から、ワクワクを」そんな気持ちで当社を創業しました。
研究室時代から取り組んできたバイオイメージングを武器に、より深刻になるライフサイエンスの課題に取り組んでいます。 独自のアルゴリズム、最先端の機械学習技術を活用し、多くの実績を積み重ねてきました。 ライフサイエンスと画像処理技術の両方に強みを持つ我々にしかできない挑戦を続け、 革新的な解決方法を通じて、世界をより良くしていきます。

どうやっているのか

主に創薬領域の研究開発を対象とした画像解析"IMACEL"
医療画像診断支援ソフトウェア"EIRL"
ライフサイエンス領域では、画像データのオーバーフローが起きています。 この状況を、画像解析技術で解決する。 ライフサイエンスと画像解析、双方に強みを持った私たちだからこそできるソリューションを提供しています。                    ・ ・ ・ ・ ▼AI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」: 高度化するモダリティとともに、医療画像診断の作業は膨大化しています。AIを活用した独自のアルゴリズムによって、MRI、CT、胸部X線などの医療画像情報を解析し、効率的で、正確な診断が出来る環境の提供を目指します。 https://eirl.ai/ja/ ▼創薬を支援する画像解析AI「IMACEL(イマセル)」: 2000年の東京大学研究室発足以来培ってきた画像解析技術と人工知能技術を活用し、創薬研究における課題解決を目指します。 https://imacel.net/                    ・ ・ ・ ・ <大切に思っていること> 社員間のコミュニケーションを大切にしています。 リモートワークはもちろん可能ですが、 フルリモートをご希望の方は、正社員としてのご参加をご遠慮していただいております。 ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。