1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

仮装は悪霊から身を守る?!ハロウィンを思いっきり楽しんでみた

ハロウィンの由来をご存知ですか?

調べてみると結構深い話ですね!ハロウィンの起源起源とされるのは、古代ケルト民族の収穫祭と言われています。ケルト民族では10月31日が「1年の終わり」と考えられており、収穫祭として火を焚き、作物を神様に捧げる儀式を行っていたと言われています。儀式と言ってもお祝いという意味よりも、この時期には霊界から「悪霊」などもこの世にやってくると考えられていました。

なんとなくハロウィンってめでたいお祭りって思ってたけど、意味知っちゃうとお祭り騒ぎしているのもちょっとな~って感じですね!

この悪霊たちから身を守るのが実は仮装なのです。お化け、ドクロ、魔女といったちょっと怖めの衣装がハロウィンに多いのは、悪霊たちを怖がらせたり、仲間と思わせる意味合いが強いようです。

何!!かわいく、インスタ映えする写真を撮ろうというのは間違えなのかもしれない。やるなら徹底的にやらないといけないのだな

話を戻しますが、「ハロウィン」という言葉は、「諸聖人の日の前夜」という意味です。11月1日が 諸聖人の日=All Saints’ DayはAll Hallowsとも表記されるため、その前夜である10月31日はAll Hallow’s Eveです。ちょっと強引かもしれませんが、これが短くなり+訛ってHalloweenと言われるようです。勉強になりますね~

ハロウィンのカボチャはもともとカブだったらしい

古代ケルト人はかぼちゃではなく、カブを使っていたそうですね。カブをくりぬき、火をつけてランタンとして使っていたのは、その日くるといわれていた悪霊たち避けるためです。なぜカボチャになったのかと言えば、ハロウィンが伝わったアメリカではカブがあまりない。代わりに大量生産されていて、加工しやすいかぼちゃを、カブの代わりに使うようになったようです。そのカボチャの文化が世界に広まったようで「ハロウィン=かぼちゃ」として定着するようになったと言われています。

カブでハロウィンをやっている人がいたら通ですね!本物と言っても過言ではありません。来年はカブを用意してみようかな!

LFのハロウィンに参加してみたよ

この会社に入ってからハロウィンというものに触れるようになって、調べることもせずなんとなくでやってみましたが、やるなら徹底的にやらないといけないなというのが、ハロウィンと私は理解した。悩んだ結果、今回は怖いピエロを演じてみました!右ですか?いえいえ違います、当然左端ですよw。本気度が違いますね~。結果的に今映画で話題の「〇ョーカー」っぽい感じになったのはご愛敬です。犠牲になったワイシャツとインナーと引き換えに会社で表彰もしてもらえてHappyな気持ちに。

恥ずかしいという気持ちと、どんな衣装にするかという事で最近悩んでいましたが、悩み無用ですね!やるならやりきるってことが大事なのかもしれません。やってみると意外とクセになりそうなイベント!来年が待ち遠しいな。

株式会社ローカルフォリオでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング