1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

スポーツの秋~マラソンサークルで大会へ参加!絆を深めた話~

すっかり涼しくなってきて、秋らしくなってきましたね!クーラーがないと寝れない季節が、一気に秋と変貌を遂げています。皆さん、秋と言ったら何を思い浮かべますか?

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋

私は先日スポーツの秋を経験してきました。そう、ローカルフォリオではマラソンサークルという名のサークルがあり、赤羽で行われたマラソン大会へ参加してきました。タスキをつけているものが2名おりますが、個人戦ではなく団体戦。5キロ×4名のリレー形式での参加となります。

月一回程度メンバーで皇居マラソンで練習

最終的な目標はハーフマラソンを走ろう!というものですが、いきなり走るのは自殺行為。まず、月一回は皇居の周り(1週5キロ)を走ることからスタートしました。普段、ジョギングを趣味としているメンバーはひょうひょうと走っていますが、私はスタミナ不足と年齢的な問題もあって、ヘロヘロです。久しぶりに走った時には足はパンパン、ふらふらになっていつも帰っています。

※皇居マラソン。写真に私は写っていませんが、皆さん素敵な笑顔ですね!!

大会が近づくにつれ、自主的に走ったり、月1を2にしたり目標があると人ってホントに変わるんだな~って思いましたw私自身、やるからにはちゃんとやりたいのと、みんなに迷惑はかけられないのでジムに行ったときに少しだけ頑張って走っていました。(コソ錬ってやつですかね)

応援が力になるのを実感できた

プロのスポーツでは応援ってありますが、アマの私でも応援を感じる事ができました。マラソンだと個人戦になるのですが、今回はタスキリレー。タスキを渡す瞬間や沿道でチームメイトの応援が目に入りましたね。スタート前には緊張するメンバー二人を激励と激写で応援したり、折り返し地点を帰ってきたときにハイタッチしてくれたり。久々に味わう感じでしたね!学生時代の運動会を思い出しましたね。

応援のパワーを改めて感じましたね。野球やサッカーはホームが有利とありますが、んなわけない!と思っていた自分は大きな反省の念にかられましたよ。さらにいうと、この一体感や応援の力をもっと組織に転換できたらより強い組織が産まれるなと、新たな発見を得ることができました。正直クタクタでもう走りたくない!という気持ちと、あの応援や一体感を味わいたい気持ちと入り混じっていますが、たぶんまた走るだろうな~。充実感味わったし、良い会社(チーム)だなと感じる機会でもあるので。

株式会社ローカルフォリオでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング