1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

新卒2年目の僕が、内定者時代から振り返って思うこと

こんにちは!
コンサルティング事業本部業務推進室の飯田です。
今回は私がLMCに入社してからと、これからの目標についてお話ししたいと思います!

私の自己紹介や本紹介記事は下記よりご覧ください。



2年目になりましたが、まだまだ新卒を名乗っています。
(最近バレました)


1年目の出来事


基本的に上司、先輩のアシスタント業務がメインでしたが、
1年目から1人で出来ることも沢山ありました。
クライアントに1人で挨拶に行って会社説明をしたり、
雪の降る盛岡で訪問営業を行ったり・・・
1年目からバリバリ働ける会社だと思います。


社内のデザイナーと相談しながら制作物を作ったり、
臨機応変に色々なことにチャレンジができる環境でした。
ただ、その中で失敗も沢山しました。
クライアントに怒られることもしばしばありましたが、
でも実はそこが僕の働きがいになっていたりもします。
1年目からクライアントに怒られるくらい近い立場で仕事できるのが
LMCの魅力だと思っています。
なので結果が出た時はクライアントと同じ気持ちで喜ぶことができます!


2年目になって変わったこと


2年目からクライアントを担当させて頂く様になり、日々奮闘中です!
改めてクライアントの立場になって施策を考えたり、課題解決を考える難しさを痛感しています。ですが、やはり結果がでて評価していただけた時は何にも置き換えられない高揚感があります

また、コールセンターの担当にもなり、日々アルバイトの方やスタッフの方とコミニュケーションを取りながら、円滑に業務を行える様に取り組んでいます。

3月末から在宅中心の勤務体制となり、分からないことをすぐに隣の先輩や上司に聞いたり、フィードバックしてもらったり、進捗を確認してもらう機会が減ってきたので、自分で自分をより管理してスケジュールを立てて業務を行わなければならなくなりました。自分が成長していくために何が必要なのか、成長途中でも会社やクライアントへ還元できる「成果」とは何か、改めて考えることが増えました。


今後の目標


今は上司や先輩をお手本にして、仕事を進めたり提案をしていますが、
いつかは僕もお手本にされる様な人になりたいと思います。

そして、まだまだアシスタントとしての仕事の方が多いので、コンサルタントとして指名して頼っていただけるような存在になりたいと思っています。

内定者だった頃に書いた自己紹介で、


LMCに入社すれば、僕が必要だと感じた「経験」と「実力」と「信頼」が身に付くかもしれないと感じ入社を決めました。
「身に付くかもしれない」というのは、環境が良くても一緒に働く人が良くても結局は自分次第だという自分への戒めです!(笑)
東京という慣れない環境で、LMCという環境で働くことで、自分の価値を上げられるように日々精進します。


と書きましたが、東京になかなか慣れない時期もありましたが、最近では海の近くへ2度目の引っ越しをしたり、先輩たちのフットサルに参加させてもらったり、充実した毎日を送っています!

経験、実力については日々実感しているところで
例えば気がつけるミスが以前より増えたり、ミスしやすい、間違いが起きやすい点については
事前に対策が出来たりしていると思います。

実力については、
クライアントと話せるレベルが以前より上がっていたり、クライアントに提案できることが多くなったりと、徐々にではありますが提案できることの幅と深さは実感しております。

信頼については、まだまだ足りていないと感じていて、
クライアントに信頼してもらうのは結果だけではなくて、どれだけその人たちの立場に立って考えられるかも求められているので、
結果ももちろん大事ですが、一番はクライアントの事を知るということをテーマに頑張っております!

「経験」と「実力」と「信頼」をより身に付けていくために、
小さなことに気が付けたり、的確な意見が出来る様、日頃からより意識して取り組んでいきたいと思っています。

あっという間に2年目になった私が、LMCに入社してからを振り返ってお話させていただきました。

興味を持っていただけましたら、ぜひエントリーお待ちしています!

リーシング・マネジメント・コンサルティング株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう