1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なぜ社内報を定期発行するのか?

リスティングプラスでは、3か月に1回社内報を発行しています。

新しく入社してくれた方へのインタビューや社内イベントのレポートなど、
盛りだくさんな内容です。

ですが「なくてもいいんじゃない?」「これ必要ある?」という考えの方もいるかと思います。

そこで今回は、「なぜリスティングプラスでは、社内報を発行するのか」その理由を紹介します!

発行する2つの理由

社内報を発行する理由は大きく分けて2つあります。

①社員同士のコミュニケーション不足解消

日々業務をしていると、同じチームの人とは密にコミュニケーションが取れますが、それ以外の人とはなかなかコミュニケーションが取れない…なんてこともあると思います。

またリスティングプラスでは、新しい社員を迎える機会も多く「お!新しい人が来てくれた!でも業務は全然違うし時間もないし…コミュニケーションが取れない…」となってしまい、”新しい人”で止まってしまうなんてこともしばしば…

そんなコミュニケーション不足の解消のために、社内報を発行しています。

新しく入社してくれた方には、社内報発行メンバーからインタビューを行い、インタビュー内容を掲載しています。

趣味や経歴、こっそり隠し持っている秘密など…その人の事がなるべく伝わるようなインタビュー内容となっています!

さらに、新入社員だけではなく「あの人ってどんなイメージ?」と既存の社員同士のインタビューリレーなどのコンテンツもあります。

もちろん、これで完全なコミュニケーション不足解消にはなりませんが、話すときのネタとして活用してもらえればな~と思っています。

②代表の考えを知る

社員数が30名程の時までは、毎朝の朝礼で代表から何かしらのシェアがあったそうです。

その時考えていることこれからやっていきたいことなど、その時の代表の考えを知ることができいるいい時間でした。

ですが、現在の社員数は80名と倍以上に。

会社が拡大するに連れて、代表が社員にかけられる時間も少しずつ短くなっています。
これにより、いつの日か社長からのシェアがなくなっていましました。
(会社の成長を考えれば当たり前のことですが。)

今でも3か月に1回は必ず全社員へ向けて、現状報告と今後の方針、その時代表自信が考えていることなどの報告(シェア)はあります。
ですが、以前よりも機会が減ってしまったのは事実です。

そんな代表の考えを知る機会を少しでも増やすために、社内報では代表の連載が掲載されています。

内容はその月によって様々ですが、考えを知るにはとても貴重なコンテンツです。

社員の楽しみの一つになれるように

社内報の発行を開始してから約1年半が経ちましたが、
「次の発行はいつ?」
「今回のコンテンツも面白かった」
と嬉しい感想をもらえています。

社員のコミュニケーションのネタの一つとして、また代表の考えを知る機会の一つとして。

今後も社内報を発行していこうと思います。

株式会社リスティングプラスでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう