1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

1社に務めるのは時代遅れ!?副業があるからこそ本業がある!

皆さんこんにちは~
株式会社リスティングプラスの山浦都です。

いきなりですが、私の勤務時間は14時~18時なんです!!

「えっ!?午後から?」
「短くない?出勤遅くない?」

そう思う方もいらっしゃると思います。
私も会社の中で一番遅くきて、一番早く帰っている自覚があります!(笑)

ですが「周りが仕事してるから気を使う」とか「早く帰って悪い気になる」などは全くありません。

なぜ自信をもってそう言えるのか?
会社がなぜその働き方を認めてくれているのかを説明したいと思います。

なぜ一番遅くきて一番早く帰るのか?

その答えは簡単です!

リスティングプラス意外にも仕事をしているからです。

企業に務めている方のほとんどが、おそらく副業はせずにその企業だけに所属をしていると思います。

最近でも副業禁止の企業はまだまだ多いと思いますが、リスティングプラスは違います!
同業の職種の副業は禁止になってますが、基本会社に報告をしていれば副業が認められます。

そこで私の副業がきになりますよね??

実は私は普段、新橋でBARを経営しています!
営業時間が19時~26時頃までなので帰宅するのが朝の4時を越えてしまいます。

布団に入って寝るのは5時を過ぎる毎日…
そりゃ朝から働くのなんてむりでしょーー!(笑)

朝から行っても寝不足で仕事にならないのが目に見えているので、会社と話合って14時~という出勤にさせてもらいました。

ほんとにありがたや!!
中々こんな会社ない!!

BAR経営だけでいいんじゃないの?

ここまで読んでくれた人のなかには「じゃあBAR一本で良くない?」と思った方もいると思います。

それ、BARのお客様にもよく聞かれる質問なんです!

「夜で生活出来てるなら昼間やらなくてよくない?」
「昼間と夜大変でしょ。昼間辞めちゃえば?」

なんて新規のお客様にはよく質問されます。

答えは、、、
辞めるわけありません!!

なぜどちらか一本にする必要があるのかって思っちゃいます。
むしろ両方をやるメリットをがありすぎるので、それをお伝えしたいと思います。

昼と夜、どちらも働く3つのメリット

メリットは沢山あるのですが、大きく3つ。

1.売上、人脈の増量

1つ目は、相互作用が働いて、売上、人脈増量!
夜と昼働いていると、両方の仕事に相互作用が働きます。

BARを経営していて思ったのが、昼職では知り合えない方と接する機会が多くあります。
そこでの人脈は、お昼の仕事に繋がったりします。

実際にクライアント様や同業の方が飲みにきてくれて、情報交換をできる場にもなってます。

自分がBARを継続させて黒字経営できているのは、リスティングプラスで働いているからだと思います。

リスティングプラスで会社経営を見せていただいたり、しっかりと成果を出すという事やタイムマネージメント、逆算思考といった多くのことを学ばせて頂いているおかげでBARの経営も順調にいっております。

いいことずくし!!(笑)

2.自分の好きな仕事をできる

2つ目は自分の好きな仕事をできる!

自分の好きな仕事をできるって幸せじゃないですか?
私は水商売という仕事が凄い好きで一生やっていきたい仕事だと思っています。

それと同様に、リスティングプラスという会社がめちゃくちゃ好きで、Web集客でクライアント様の支援するという仕事も一生続けていきたいと思ってます。

それをどっちかにするって結構酷な話じゃないでしょうか?

嫌な仕事なら続けられないかもしれないけど、好きな仕事ならずーっとやっていけますよね!

3.自分の仕事量は自分次第!

3つ目は自分の仕事量は自分次第!!

両方の仕事をしているからって片方の成果が出ないという事は絶対に許されません。むしろ、自分から両方をやると決めたなら両方全力でやらないと、両方が潰れてしまうと思います。

リスティングプラスの業務も、4時間しかない中で成果を出していかないといけません。

アルバイトだから簡単な業務やるだけではなく、4時間という短い時間の中で成果をだし、どんどん新しい領域に進んでいかないといけません。

その点、4時間でも成果を上げるアルバイトってかっこいいと思いませんか?(笑)

昼と夜、どちらも働く2つのデメリットとは?

1.情報を取りに行くのが大変…

1つ目は、情報を取りに行くのが大変!!
リスティングプラスは9時から業務が開始なので、私が出社する14時には、どんどん話が先に進んでいます。
先に進んでいる話の情報を自分から取りに行くとなると結構大変です。

2.関係構築も短時間で行わないといけない…

2つ目は、業務後の集まりに参加できないので関係構築も短時間で行わないといけないことです。

業務時間後に関係性構築で飲み会が開催されても、夜の仕事が入っているので短い時間でしか参加ができません。

なのでみんなとの関係性の構築は、短い業務時間で行わないといけません。

社員の数だけ働き方がある

社会で「ダイバーシティー」という言葉が流行ってます。
むしろ私の中で流行っています!!

ダイバーシティーって何か分かりますか?
最初私はお台場のダイバーシティーかと思いました。(笑)

ダイバーシティーとは直訳で「多様性」という意味で、様々な人材を受け入れていく企業の取り組みを意味します。

まさに私の働き方はダイバーシティー!

この世の中は沢山の仕事があり、沢山の人がいます。
その人たちが一人ひとり違った働き方をしてもいいと思いませんか?

リスティングプラスには、どんどん様々な人が入って来ます。
そして、どんどん新しい働き方が出てきます。
きっとこれから先も、もっと楽しい会社になって行くと思います。

ぜひ皆さんも働き方を自分で選んでみてください!

それではまた!

株式会社リスティングプラスでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう