1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

行動指針を社内に浸透させるためにライナフが取り組んでいること【7つのEnough大賞】

ライナフの伊勢です!当社では11月から新たな期がスタートしますが、毎年期初のタイミングに1年間お疲れさま&総括で、社内イベントをおこなっています。そして、今回初の試みである行動指針を社内に浸透させるためのイベント「7つのEnough大賞」を開催しました!

7つのEnoughを浸透させるために...

3年ほど前に、ライナフ社員の行動指針をまとめた「7つのEnough」ができあがりました。社名の由来である "LifeをよりEnoughに” の"Enough"から、行動指針となる『7つのEnough、ENOUGH. and enough?』ができあがりました。7つの行動指針に対して、"十分であれ”と、"十分か?” を社員に問いただす要素が含まれています。

できあがってからは、社内向けポータルサイトにひっそりと置かれてはいるものの、特段活用はされておらず、その存在感が年々薄まっていました。そんな中、7つのEnoughを社内に浸透させるために「7つのEnough浸透プロジェクト」を発足したのが今年の3月。会社全体や各部署ごとで、それぞれのやり方に適した形で行動指針を浸透させるための動きが始まりました。

まずその1つは、週イチ朝礼でのスピーチです。朝礼の担当者は、7つのEnoughの中から自分のストーリーや気づいたこと、思ったことなどを紹介します。ラーメン店への情熱を紹介する人もいれば、世界ランクトップのテニスプレーヤーの行動から自身のリスペクトについての考えを紹介するなど、そのストーリーは千差万別。それぞれが考える7つのEnoughは、少しずつ感じ方が異なるのが見て取れます。みんなの前で発表するのが得意ではない人も中にはいますが(私は苦手…)、それぞれの話を聞けるのは、いろいろな気付きやコミュニケーションのきっかけにもなります。

このほかにも、唱和をしたり、7つのEnoughに沿う形で1on1の面談を取り入れたりと、いろいろな形で浸透を図っています。そうした中で、今回の「7つのEnough大賞」の案が生まれました。7つあるEnoughの中から各賞を決めてその年のベストを発表する試みです。

7つのEnough大賞を企画するにあたり、経理、総務、エンジニア、営業、広報など、異なる部署のメンバーがアイデアを出し合い進めていきました。

みんなからのメッセージと投票で決める大賞

役員やプロジェクトメンバー間で、どのように賞を決めるのがよいか模索していました。できるだけみんなに楽しんでもらえるように、できるだけ等しく受賞者を決められるように、そしてライナフらしさが感じられるイベントにするにはどういった形がよいのか、業務の合間を見つけて何度も打ち合わせを重ねました。最終的に行き着いたのは、全社から7つのEnoughに沿った社員エピソードを募り、その中からさらに選考を通じて7つの各賞を決める形に。大賞は、当日その場でみんなが投票する形にし、社員みんなで決める7つのEnough大賞にしました。

333ものエピソードが集まる!

事前に募集した7つのEnoughエピソードは、合計333個も集まりました!35名ほどの人数でこれだけのエピソードが集まったのはとても嬉しいです。ここではその一部を紹介したいと思います。

★Slackやみんなのコミュニケーションを実は凄く見ていてさりげなくフォローをしてくれる

★折れない心はもちろんですが、実は、他者をリスペクトする気持ちは一番強い方だと思ってます。

★カタンに付き合ってくれる(※カタン=ボードゲーム)

★人の変化に気付いて、実際に声をかけてくれるところ

★Slackへの含蓄あるコメントや、相手への言葉遣いなど大人な丁寧さに溢れている。

★他の人へのメンション案件でも対応してくださったりできる範囲をどんどん広げて対応していってるところ。

★おんぶにだっこのハードウェア開発

....などなど紹介しきれないほどたくさんのエピソードが集まりました!例えば自分では何気なくしていた行動が、相手にとっては気持ちのよい対応になっていたことを知ると、自然と顔がほころびます。

イベントが近づくにつれて、続々と景品も届きました。さらにテンションがあがります。絶対ほしいダイソンドライヤー、緩んだボディーを引き締めるSIXPAD、あると嬉しいデロンギの暖房器具など、豪華な景品が揃いました。でも、オチもちょっとは必要だよねということで、遭難グッズが入ったリュックサックも紛れ込ませておきました。果たして誰に当たるのか楽しみでなりません。こうした遊びゴコロを忘れないのも大事!

投票に使うお花も用意。どこか懐かしさがあっていいなと思います笑。

今回はオフィスから場所を移してアイランドキッチンのある貸し会議室をお借りしてスタートです!前半は各部門や代表から1年間の総括があり、そのあとに7つのEnough大賞が始まります。


「輝く!レコー●゛大賞〜!」を模したスライドと開会宣言から始まり、順番に各賞を発表していきました。ドラムロールで受賞者が発表されるごとに、盛大に盛り上がるみなさん!(※アルコール入っています)笑

続々と受賞者も発表していきます!

大賞は、当日投票によってカスタマーサクセス担当のスタッフに決定!当事者意識の高さや、ユーザーに傾倒しがちなCS業務の中で、社内とのバランス感覚も抜群とのコメントがある中での受賞となりました!おめでとうございます!!

黄金の投票ボックスに投票しまーす!

ダイソンではなく遭難グッズのリュックサックが当たった髙山さん🎉

最後は社長がふるまう〆めの讃岐うどん

最後の〆めに、社長が讃岐うどんを振る舞ってくれました!料理が得意とのことで、スーツ姿で手際よくうどんを作っていきます。

おいしくいただきました〜!

初の試みだった7つのEnough大賞は無事終了!

開催前まではあーだこーだと悩みまくっていましたが、いざ始まってみるとプロジェクトメンバー以上に社員のみなさんが楽しい場を作ってくれていました。

来年も新たなカタチで開催できたらいいなと思います。

株式会社ライナフでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう