Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

広がりを感じるWebメディア事業への期待【インタビューvol.3】

LIMIAで実際に働くスタッフへのインタビュー第三弾。今回は、11月に営業部 アカウントセールスグループに入社したばかりの岩本さんと山田さんに、入社1ヶ月で感じたリミアの印象や今後の目標などをお伺いしました!


ーーまずは、お二人の担当業務を教えてください! 

岩本さん 研修プログラムの流れに沿って、まずはタイムセール商品の掲載についての営業活動を行っています。今はどんどん電話を掛けて、経験を積んでいるところです。

山田さん 私も同じくです。リミアのサービスや事業を深く理解するための準備期間ですね。


写真左:岩本さん 写真右:山田さん


ーー前職でも同じようなお仕事をされていたのでしょうか?

山田さん 前職でも営業として働いていました。アプローチの方法としては、直接お会いして資料を元にご説明する機会が多かったです。

今私達が扱っている商材は、基本的に提案からご契約までを電話で完結させるようにしています。そのため、言葉だけでサービスや商品の内容をご説明しなければなりません。私自身がまだリミアについて勉強中ということもあり、お客様に商材の魅力をどこまで伝えられているかが分からず、戸惑うこともありました。先輩方のアドバイスを元に、上手くご説明できるよう毎日試行錯誤しています。

山田さん


岩本さん 自分は社内の情報システム部で、パソコンのセッティング準備やソフトウェアのインストールなどを担当していました。

ーー岩本さんはエンジニアだったんですね。

岩本さん 前々職では営業をしていました。元々情報系の学校に通っていたこと、営業以外の仕事にもチャレンジしたいという思いがありエンジニアへ転職しました。でも転職してみて、新サービスのご紹介や新規のお客様と出会える営業の仕事が好きだということに気付いたんです。意外かもしれませんが、新しい環境や変化を楽しみたいタイプなんです。(笑)

岩本さん

ーーお二人がリミアに興味を持った・応募したきっかけについて教えてください!

岩本さん 自分は昔からずっと映画が好きで。特にプロモーション、ポスターやキャッチコピーといった「人の目を引くもの」に関わる仕事がしたいなと思い、広告系という大きい括りで営業職を探していました。

転職活動を始めてすぐの頃は、看板やディスプレイなどの広告を扱う企業さんと面談する機会が多かったのですが、その中で「物理的」なものよりも「デジタル」の広告の方が今後の広がりに期待できるのでは、ということに気が付きました。どこか面白そうな会社は無いかなと思っていた時に、転職アドバイザーからリミアを紹介していただいて、その時初めてリミアのことを知りました。

応募を決めたのは、面接でリミアの規模感や商材のことを聞いていくうちに、僕自身がLIMIAの事を「いいな」と思ったことがきっかけです。実際リミアに入社した後も「売るぞ!」という気持ちではなく「このサービスを導入してもらったら、この会社さんの認知度をもっと高められるのでは」という気持ちで提案ができています。



山田さん 私も、転職アドバイザーから紹介を受けました。普段からWebメディアを見ることが好きで興味がある業界でしたし、これからどんどん規模が大きくなって新しいことを勉強する機会が沢山あるのではと思ったのがきっかけです。

その反面、全く知らない業界に飛び込んでいくことへの怖さもあり、「本当に何も知らないけれど大丈夫ですか?」と相談することもありました。その時に、リミアの教育プログラムやバックアップ体制について説明を受けて、納得して入社を決めることができました。実際に毎日の1on1の中でマーケティングの基礎からロープレ・営業手法など、フィードバックや振り返りを通じて日々成長を感じています。




ーーお二人とも、今後のWebメディア業界の広がりへの期待をきっかけに、リミアに興味を持って下さったんですね。入社して1ヶ月が経ちましたが、仕事の中で大変だなと思うことはなんでしょうか?

山田さん 決められた目標受注件数や架電件数を達成するのはやっぱり大変です。お客様とお話をすることが大好きなので、電話を掛けてお話をすること自体は、あまり大変ではないですね。

ーー意外です!電話を掛けてお話をすることの方がハードルが高いと思っていました!

岩本さん 電話が掛かって話ができれば、その先は自分の力次第でなんとかなるんです。架電先をリストアップするなど事前準備で苦労をすることもあります。

ーー営業さんって、コツコツとした作業も大切なのですね。


ーー同じアカウントセールスグループの皆さんはどんな方が多いでしょうか?

山田さん 黙々と仕事に取り組む人が多いです。何も知らないで入った業界なので、質問をすることが多いのですが、皆さん丁寧に回答してくださるのでとても助かっています。社内全体の雰囲気で言うと、柔らかい人たちが多いですよね。

岩本さん 雰囲気が柔らかいのは確かに。一人一人しっかり考えて業務にあたる方が多いなとも思います。あとは、部署問わず壁が無く風通しが良いとも思いました。前職では、チーム内で完結して他の部署とのやりとりはメールで済ませることが多かったのですが、リミアでは皆さん積極的に顔を合わせてコミュニケーションをとることが多いですよね。

ーー皆さん「一緒にLIMIAを盛り上げていこう」という気持ちで、部署問わずに協力し合っていますよね。それでは最後に、今後の目標や挑戦したい事はありますか?

山田さん 「リミアの山田だからお願いしたい」「一緒にやりたい!」と言ってもらえるようなお客様を沢山増やすために、お客様の気持ちに寄り添うことを第一に考え、良い取り組みができる営業になりたいです。

岩本さん 先ほどもお話したように、リミアは社内の風通しがよく、自分の意見が通りやすい環境だと思います。今後もし機会があれば、営業活動を通じて生まれたアイデアから企画チームと連携して新しい企画の立ち上げに挑戦してみたいです。

ーー機会があれば、と言わずぜひぜひ挑戦していただきたいです!お二人ともお忙しい中お時間をいただき、有難うございました!今後のご活躍を心から楽しみにしております!


リミア株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう