1
/
5

新卒社員に聞いた!LIFULL seniorの新卒面接の内容・印象とは?<面接時の質問/評価項目大公開>

こんにちは!採用担当の松繁です。

今回は、新卒の方向けに弊社の面接のポイントや特徴についてまとめました!

実際に直近で弊社に入社した21卒の新卒社員や、内定したばかりの22卒内定者にも、面接で聞かれたことや印象についてお伺いしたので、ぜひご一読ください!

(TOP写真はLIFULL seniorの採用担当です!)

質問に答えてくれた新卒社員

林 和史さん

・2020年10月入社

・就活の軸は「医療・介護業界」「利他の精神を大切にしているベンチャー企業」など

・現在は法人営業担当として、老人ホームや高齢者向け住宅の運営事業者様の課題解決に取り組んでいる

長嶋 櫻さん

・2021年4月入社

・何をするか、よりも、誰とするか、を重要視した企業選び

・現在は入居相談員として、老人ホームへの入居を検討している方の相談に乗っている

山本 優果さん

・2022年4月入社予定

・就活の軸は「マイナスをプラスにする事業」「自分の意思でキャリア選択ができる」など

・現在は内定者インターンとして、LIFULL介護の情報入力作業&業務マニュアルの作成や、LIFULL介護への問い合わせを増やすための施策立案&提案を行っている

LIFULL seniorの面接の中で心に残っている質問

「〇〇さんが本当にやりたいことってなんなの?どんなことを実現したいの?」という質問が印象に残ってます。

それまでに受けていた他の企業では、「過去の経験」を聞かれることが多かったため、就活の面接上ではいかに自分の過去をアピールするかを重視していました。

しかしLIFULL seniorでは、「自分がこの先やりたいこと」を深く聞かれて、自分が描く未来を実現するためにはどんなキャリアを歩むのが最適なのかを本気で考えてくださっている会社だと感じました。


【採用担当より】

面接の中で、「自分がやりたいこと、入社してから成し遂げたいこと、理想とするビジョンはなにか」を言語化していただくことを重要視しています。

自分のビジョンが言語化できており、そのビジョンを実現するために会社でやりたいことが明確になっていた方が、働いた後により納得感を持ってやりがいを感じながら働けると考えているためです。

とはいえ、最初の面接時から具体的なビジョンを持っていなければならないということではありません。

LIFULL seniorではアドバイザー面談()という形で、学生の皆さんのビジョンを一緒に言語化していけるようにフォローしています!

※:アドバイザー面談とは、人事が学生の皆さんと面談をして、就活の相談を受ける場です。選考要素はないので、「あの会社と迷っている」などなかなか選考中の会社に相談できないことでも、本音で相談していただくことが可能です。

▼21年4月入社 長嶋さん


LIFULL seniorの面接を受けてから変わった/成長したこと

初めは、高齢者の不に対して事業を展開している企業の選考は全く受けていなかったため、正直第一志望ではありませんでした。

しかしLIFULL seniorの面接、面談を通じて、自分自身が楽しく働くためにどんな環境が必要なのかなど、自分が一番働く上で大切にしたい軸を明確にすることができました。その結果、LIFULL seniorが自分にとって最適な会社であると気が付きました。

【採用担当より】

何かの選択をする際の軸を明確にするには、やってきた行動よりも、その行動に至った背景・課題・考えを深掘ることの方が大事だと考えています。

なので、ただ単に「学生時代に最も力を入れたこと」を聞くだけではなく、なぜそのことに最も力をいれたのか、その中でどんな行動をとったのか、課題に際し、どういう解決策に取り組んだのかを聞くようにしています。

私たちは、実際に入社した時その学生がどのような強みを発揮してどう活躍できるのかをイメージしながら質問しています。その中で学生は自分がしてきた行動の整理ができ、軸が形成されていきます。

LIFULL seniorの選考に関わらず、軸を明確にすることは就職活動全体に役立つことだと思うので、面接準備の際は「自分はどうしてこの行動をとったのかな?」と、その背景や考え方なども深掘ってみるといいと思います!

▼22年4月入社予定 山本さん


LIFULL seniorの選考の印象

他の会社の選考と比べて、本当にフォローが手厚いなと思っていました!

一次面接の後から人事の方がアドバイザー面談をしてくださったり、社員の方とお話しできるリクルーター面談なども複数回設けてくださったりなど、何百人という学生の選考をされている中、一人の学生にここまで手厚く向き合ってフォローしてくださるのかととても驚いたとともに印象に残りました。

【採用担当より】

学生がやりたいことを言語化したあとは、それがLIFULL seniorで実現できるのかということを学生に判断してもらうために、自社の情報をしっかりと共有することは重要だと考えています。

より多くの情報を共有し、学生に入社後のイメージを持ってもらえるように、採用担当だけではなく現場の社員との面談の機会も設けています。

万が一、学生のやりたいことがLIFULL seniorでは実現できないのではないか、もっと他の会社の方が適しているのではないか、と思った場合は、他の会社を提案することもあります。

▼21年4月入社 林さん


LIFULL seniorの面接官の印象

全体を通して、面接とは思えないほどフランクに話してくださり、緊張せず安心して面接に挑むことができました。

一般的な面接の場合、聞くことが決まっていて結構無機質であるように思うのですが、LIFULL seniorの面接はそのような印象はなく、しっかり会話をしながら進めていただける印象でした。

就職活動がなかなかうまくいかなかった時、気持ちの整理がついていなくて焦っていた自分に対して、面接官の方から電話で「本音で話していいからね」と言ってくださり、素敵な会社だなと感じました。

社長の泉さんからも、最終面接の際に「本音で語ってほしい」というのを開口一番で仰ってくださったので、この会社は最後まで人と向き合う会社なのだ、と強く感じました。

【採用担当より】

LIFULL seniorの面接では下記の項目を評価するための質問を、学生と会話のキャッチボールをしながら進めていきます。

<面接時の確認項目>
・戦略的思考能力
・周囲を巻き込むコミュニケーション能力
・学習意欲の高さ
・素直さ

その際、自然に会話をしながら学生に本音で話してもらうために、「この質問をしなければいけない」という質問項目はあえて決めていません

いつもの面接で話している話だけではなく、もっと深いところにある思いをぜひ本音でお話していただけたら嬉しいです!

いかがでしたでしょうか?

LIFULL seniorの面接の対策になることはもちろん、他の会社の選考でも参考になる部分があったのではないでしょうか?

もし、LIFULL seniorの面接受けてみたい!一緒に自分のビジョンを言語化してほしい!と思っていただけた方は、まずは現在23卒のインターンエントリーを受付中なので、ぜひエントリーしてください!

株式会社LIFULL seniorでは一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう