1
/
5

エンタメ×広告でデジタル広告を変えろ!Twitter IVSの魅力を徹底解説!

こんにちは!人事・広報部の髙﨑です。

今回はLibalentが目指す「エンタメ×広告」を形にする、Twitter IVSについてご紹介します!

Twitterのタイムライン上で様々な動画広告を見るようになりました。

お笑い芸人やインフルエンサー、マンガなど、様々なエンタメコンテンツ形式で、企業の商品やサービスを告知する動画広告を見たことないですか?

テレビCMを加工してTwitter上で流すのではなく、Twitterユーザーに視聴されやすいフォーマットで、まるでバラエティ番組のように企業の商品やサービスを告知するTwitterのスポンサーシップ型広告メニュー「インストリーム動画スポンサーシップ(以下、IVS)」は、Libalentの主力の企業向けソリューションメニューです。


■Libalentが提供するTwitter IVS

Libalentでは、19年よりお笑い芸人による、漫才やコント、大喜利など様々な形式で、企業の商品やサービスをTwitter IVSで展開することを強みとしてきました。そして、21年その取り組みが評価され、Twitterの認定代理店となり、クリエイティブ制作から広告運用までを一気通関して提案しています。


▼Libalent制作事例①:<コラボ漫才>キリンビバレッジ様×和牛


▼Libalent制作事例②:<コラボ漫才>プロミス様×アインシュタイン


▼Libalent制作事例③:<番組タイアップ>サーティワンアイスクリーム様×かまいったーTV


■Twitter IVSの魅力

お笑い芸人やタレントをキャスティングして動画広告を展開する場合、大きく制作費と広告配信費が別々にかかります。ところがTwitterIVSは、広告配信費に制作費がすべて内包されたパッケージです。

Twitterの他にYouTubeやTikTokなど各メディア特性に合わせてクリエイティブを制作したい!でも予算が。。。と悩まれている企業におすすめのメニューです


■広告運用も一気通関で!

広告主のゴールや予算に合わせて、ターゲティングの設定やどんなクリエイティブが効果的か?などプランニングを行い、その方向性を元にお笑い芸人を活用した動画広告を制作します。


■私たちが目指す広告

デジタル広告は60%以上のユーザーが不快に感じている状況下で、エンタメの力でユーザーに好まれる広告を目指しています。まだまだ道のりは険しいですが、きっと突破口は見つかるはず。

エンタメでデジタル広告に変化を起こしたい!と本気で考えている方を大募集しております。

詳しくはこちらから↓


■こんな方大募集!

コミュニティソリューション部 メディアコミュニティチーム

https://www.wantedly.com/projects/602501

デジタルマーケティング部 広告運用チーム/マーケティングチーム

https://www.wantedly.com/projects/687915

株式会社Libalentでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング