Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

株式会社AGREEは、24時間・365日スマホで気軽に医師と相談することができるサービス”医療相談アプリLEBER(リーバー)”を提供しております。 日本全国の医師を「シェア」する「ドクターシェアリングプラットホーム」で、「いつでもどこでも医師に相談できる」そんな安心感を日本全国に届けます。 <実績> 2017年10月:「つくばSociety5.0社会実装トライアル支援事業」に採択 2017年11月:「日本MITベンチャーフォーラム第17回ビジネスプランコンテスト&クリニック」        にて最優秀賞を受賞 2018年8月:新潟市実証実験補助金事業に採択      :内閣府主導「近未来技術等社会実装事業」に採択。

なぜやるのか

〜VISION〜 「持続可能なヘルスケアシステムを日本から世界に発信する」 最先端技術を用いて、人と人とを信頼感で結びつけ、水や空気のように医療が当たり前になる社会を実現させます。 医師として働く中で、「体調不良の中、苦しそうに待合室で待っている患者」「救急車で搬送されても、たらい回しにされている現状」などの医療の課題を目の当たりにし、このままではいけない…「必要な方に、必要な医療を届けられる世の中にしたい」との想いでICTの力で持続可能なヘルスケアシステムの構築を目指す会社「株式会社AGREE」を立ち上げました。 救急車を利用する50%以上は「軽症者」。子供においては80%以上もが「軽症者」。 病院に行く前に、気軽に医師に相談できれば解決できるのに…。 それを可能にしたのが「LEBER(リーバー)」です。 日本全国の医師のすきま時間と利用者をマッチングさせる「ドクターシェアリングプラットホーム」 いつでもどこでも気軽に医師に相談できる。そんな安心感を提供し、日本の素晴らしいヘルスケアシステムを”持続可能”なものにしていきます!

どうやっているのか

「LEBER」は、日本全国の医師のすきま時間をシェアする「ドクターシェアリングプラットホーム」です。忙しい医師でも「すきま時間で回答ができる仕組み」。これが「ドクターシェア」を可能にしています。 他社には無い自動問診チャットボットシステムを導入し、医師には利用者の”手当(アドバイス)”に注力できるような環境を用意。そして、実際の医師から症状にあった”対応”、”医療機関”、”市販薬”を紹介し、必要な方に必要な医療を届け、既存のヘルスケアシステムと共存していける仕組みを整えております。 【行動指針】 弊社の行動指針は下記の3つです。想いを語り合えるメンバーと、楽しく働くことができます。 ・いつも笑顔でGOスマイル ・明るく積極的にGOポジティブ ・何事にも感謝でGOサンクス、エンジョイワーク つくば市から新しい風を巻き起こし、つくば市を日本のシリコンバレーにしたいと考えています。