1
/
5

【職種紹介インタビュー③Webディレクター後編】仕事を通じてどんな経験を積める?どんな魅力を感じられる?

10年以上前からリモートワークを導入し、様々な企業のコンテンツマーケティング支援や初心者向けオウンドメディア立ち上げガイド「Sambushi(さんぶし)」の運営などを行っている株式会社リファイド。

この記事は自由度の高い環境で働くメンバーたちに、担当している仕事について話を聞くインタビューシリーズです。前編中編に引き続き、Webディレクターの仕事について質問しました。今回のテーマは仕事を通じた経験と仕事の魅力についてです。

※この記事は職種紹介インタビューWebディレクター編、3回シリーズの第3回です。答えてくれたのは、矢野関谷木村仲野の4人。質問の回答は4人の声をまとめる形で記載しています。

※各メンバーの詳細については上記リンクより、それぞれのストーリー記事をご覧ください。この記事で使用している写真はいずれもコロナ禍以前に撮影したものです。

<目次>
①リサーチ、ヒアリング、コンテンツ作りを一貫して経験できる
②この仕事の魅力は幅広い知識が身につくこと、自由に働けること
③まとめ/経験も魅力もしっかり実感できる仕事

リサーチ、ヒアリング、コンテンツ作りを一貫して経験できる

【Q5】リファイド社でWebディレクターを担当することでどのような経験を積めますか。
※Q1-2は前編を、Q3-4は中編をご覧ください。

(関谷)情報をリサーチ・ヒアリングする経験や、聞いた話を言語化・可視化してコンテンツを制作する経験を積むことが可能です。その経験を通じて、自分が興味を持っていなかった分野への知見も広まります。

(矢野)様々なクライアントの事情をくみ取る経験やWebでの情報検索・ニーズ把握の経験も、仕事を通じてできると思います。

(木村)私も様々な業界知識やITリテラシーが身について、Webを通した問題解決ができるようになったと感じます。

(仲野)仕事を通じてトレンドワードを調べる機会も多いので、各テーマのトレンドや業界の動向に知らずの内に強くなります。いつの間にかいろいろな分野の知識に詳しくなりましたし、日常生活でも常にアンテナを張って情報収集ができるようになったと思います。

この仕事の魅力は幅広い知識が身につくこと、自由に働けること

【Q6】リファイド社のWebディレクターならではの魅力を教えてください。

(矢野)携わるのがWebのサービスだからこそ、様々な業界・分野の企業から依頼があり、幅広い知識を学べることだと思います。

(仲野)確かに、様々なジャンルの知識がついて、私は自分の好きな分野を見つけられました。いろんな記事を読むのが好きな人にとっては良い環境だと思います。あと、だれかから細かく指示を受けて仕事をするのではなく、自分で考えて進めていくので、業務量を把握・調整しながら働ける点も魅力ですね。

(関谷)とにかく幅広い業界の人と出会えるところが魅力です。クライアントやライターと連携するだけの役割ではなく、いろいろな領域に関われる仕事だと捉えています。

(木村)良い意味で仕事の進め方が形式ばっていないので、自分が仕事しやすい進め方で取り組める点が1番の魅力です。希望すれば自分がしたい業務にチャレンジさせてもらえるところも、おもしろいと感じています。

まとめ/経験も魅力もしっかり実感できる仕事

今回はWebディレクターとして働くことで積める経験と、感じられる魅力について話を聞きました。

Webディレクターの職種紹介はこの後編記事をもって一度終了となります。

3回にわけて、役割と必要なスキル、やりがいと大変さ、そして今回の経験と魅力という6つの質問に答えてくれた4名のメンバー。それぞれが自分の言葉で語ってくれる姿を見て、改めてリファイド社のWebディレクターとして働く面白さを知ることができました。

前編・中編記事を振り返りたいという方は下記リンクよりご覧ください。

【職種紹介インタビュー①Webディレクター前編】どんな仕事を担当しているの?未経験からでもスタートできる?
【職種紹介インタビュー②Webディレクター中編】やりがいや大変さってどんなこと?本音で教えて!

ちなみに、現在活躍しているメンバーは全員が未経験からWebディレクターの仕事をスタートしました。リファイドにはWebディレクターとしてイチから経験を積み、仕事の魅力を感じられるようになる環境があります。

そんなリファイドは現在、様々なポジションを募集しています。未経験から新しいキャリアをスタートしたいという方は募集記事にも目を通してみてください。

株式会社リファイドでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう