This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

新卒が入社半年間の「プロ」としての成果を発表!LA Freshersレポート

※2019年10月18日に広報ブログ(http://blog.loco-partners.com/)で投稿された記事です。

こんにちは。組織デザイン部 インターンの澤田です。
10月に入り19新卒が入社して早半年。先日Loco Partnersでは、新卒が入社してからの半年の成果をアウトプットする「LA Freshers 6ヶ月成果発表会」を実施しました。

LA Freshersとは?

LAとは「Loco Academy」の略で、メンバーの成長最大化を目的とした社内研修です。LA Freshersは、このLAシリーズの一環である新卒用の研修です。コンセプトは、「教えることによる学習」。社会人としての垂直成長を目指し、インプット中心の一般的な座学研修ではなく、アウトプットに重きを置いています。

▼LAシリーズの記事はこちらからもご覧いただけます。


半年研修のテーマは!

6ヶ月成果発表会のテーマは、『プロとして立った後の「成果」について』です。
当日は19新卒9名全員が一人5分間でプレゼンしました。今回は代表して吉川と金光の発表をレポートします!

吉川 文夏

営業本部 営業1部 営業1グループ 市場開発チーム

首都圏・甲信越を中心として新規の施設開拓を行う。

2クォーターのテーマは「確信」

施設のお役に立てるという確信、達成するという確信、やりきったという確信。常にこれらの確信を持って仕事に取り組むことをテーマにしていました。今回の発表テーマである「プロとしての成果」も、これらの確信を常に持つことだと考えているとのこと。実際の吉川の成績は、1Q・2Q共に全指標目標を上回った達成でした!
※1クォーターとは、2019年4〜6月の期間
※2クォーターとは、2019年7〜9月の期間

振り返ってみて

■ 1Qから改善したこと
「スピード」「グリップ力」「提案の精度」の3つです。その中でも一番改善できたと感じるのはスピード。吉川はなんと2Q期間内での掲載スピードが一位でした!成果の理由は

ご契約から実際に掲載して頂くまでリードタイムがある中で、いかに施設に働きかけ、掲載準備を進めて頂くかを意識し、計画性を持って取り組んだことが2Qの成果につながっていると思う

と話してくれました。

■ 目標未達からの学び
彼女が個人目標として置いていた「150%達成」は未達でした。100%達成でも大変なのに、150%という目標を置くのもすごいですが・・・
未達の原因は3つ。「150%を目指し始めるのが遅かったこと」「読みの甘さ」「優先度をつけすぎたこと」。彼女がとても悔しそうにしている姿が印象的でしたが、「今後は常に150%達成を目標とし必ず目標達成する」と意気込んでいました!

え、いきなり上海!?

以上のように営業部内で成果を出しつつ、さらなる成長を目指していた吉川ですが、なんと下期は上海支社に異動することが決定・・・!「最高の成長環境で、最大の成長ができるよう、Global推進部として上海でも頑張る」とポジティブに話していました。「トリリンガルになるまで帰りません!」と宣言。今後の彼女の活躍に期待が集まっています!

金光 穂夏

営業本部 営業1部 営業1グループ 市場開発チーム

首都圏・甲信越を中心として新規の施設開拓を行う。

人生で一番の挫折を経験

「ここまで目に見える負けは初めてでした」の出だしからスタート。市場開発チーム内での掲載施設数が最下位だったことから、挫折を経験したとのこと。繰り返しですがここまで目に見えるような負けは初めてで、同期の新卒メンバーや、いくつ目標が達成されたかの星取表を見るのが本当に辛く、何より自分に負けたことが悔しかったと話していました。

振り返ってみて

この経験を通じて以下の4つの心境の変化があったそうです。


また、以上を踏まえて4つの行動を変えて2Qに挑みました。

本質的に頼る力を身につける
1Qでは「できない」と感じていても、具体的に何ができないのか・どこが課題なのかわからないままだったそう。そこで、できないことを明確化し上司とできないことの明文化をしました。


モチベーションの源泉をくすぐる
金光は「目の前の尊敬する人のために頑張りたい」というモチベーションを持っているとのこと。自身の成果を上長やメンターに随時報告し頑張りを認めてもらうことで、自分をモチベートしていたそうです!


暗闇の中でジャンプし続けること
新卒の課題図書にある「人生とは暗闇の中のジャンプの連続なのだ」というフレーズを参考に、自身に置き換えて「目標達成という光はなかなか見えないが、きっとあるはず!」という希望を持ってとりあえずジャンプし続けるということ。


強さ
迷惑は承知の上で何度も施設に電話をしたり、担当者様がいない時間も先に施設に行って待っていたりと、図太さを身につけたそうです。

そして2Qにおける努力の結果として、見事上期目標を達成することができました!

今後の行動計画

一方で、まだ自分自身への課題は残っているとのこと。
今後の課題は大きく分けて3つ。

1. 未知×ネガティブへの対応
これが課題となっている原因として「感情が邪魔をして動けない」「筋道を立てて考えられない」の2点があります。仕組みづくりやフレームワークの作成によって解決していくそうです。



2. 思考をする
ポジティブに捉えると「素直」な一方で、言われたことをそのまま飲み込んでしまうため、「疑問を持たない」「判断軸」という課題が見つかりました。言われたことに対して、一旦自分の中の下書きに入れて疑問を持つ仕組みを作り、判断軸の確立を図ります。


3. スキル面の成長
商談の振り返りが十分でなかった反省より、振り返りの質を高め、インプット・アウトプットの機会を作ることを宣言していました。月に一度勉強会も開くとのことです!


金光の下期テーマは、「誰よりも結果にコミットする」です。今後の活躍も目が離せません!

最後に

最後までご覧いただき、ありがとうございます。以上、Loco Partners19新卒の半年の成果はいかがでしたか?今後も彼らの成長に期待が集まっています!


このような新卒研修制度に興味をお持ちいただけた方は、ぜひ気軽にオフィスに遊びに来てくださいね!お待ちしています。

新卒総合職
どこよりも成長できる会社で一緒に働きませんか?Reluxの新卒募集中!
宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」は、"本当にいい宿"に出会っていただくため。 日本全国の宿のなかでも特に満足度の高い宿泊施設だけをご紹介しています。 最新設備や最新技術、価格の高さ。 目に見えるもの、手に取れるものが評価されやすい今だからこそ、"見えないこと"にも焦点をあててReluxを運営してきました。 それぞれの土地の歴史、風土、人々の想い——。 そのすべてを発信することで満足度の高い体験を実現し、旅行者と地域、旅行者と宿、日本と世界の架け橋として世界中につながりをふやします。
株式会社Loco Partners(Relux)


出典:(https://blog.loco-partners.com/2019/10/18/191514

株式会社Loco Partners(Relux)では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる