1
/
5

ビジョンを追い求めるメンバーを支える働き方 〜エンジニアが見たランサーズの魅力って?〜

<プロフィール>
サーバーサイドエンジニア / DBRE 間宮 直樹 基幹系から2000年にWeb業界へ転身。SIerやフリーランスを経て2020年1月にランサーズ株式会社に入社。 CakePHP 2 -> 4 のバージョンアッププロジェクトにて1年半、品質に向き合う。 現在は、MySQL 好きが高じて DBA/DBRE としてデータベース設計・相談やスロークエリ撲滅に関わるかたわら、アプリケーションのセキュリティ施策にも従事。 プロダクトのより根本的な品質改善を目指しチーム横断的に活動中。

ランサーズのエンジニア組織では、フリーランスの仕事マッチングプラットフォームの「ランサーズ」やオンラインメンターサービスの「MENTA」、また新規プロダクトの開発を日々行っています。拡大していく組織の中で、メンバーそれぞれが感じる働く理由も変化しています。

今回の記事では、エンジニアから見たランサーズの魅力について、サーバーサイドエンジニア / DBRE の間宮さんにお話を伺いました。

多くのメンバーがビジョン共感をモチベーションに働く中、間宮さんは少し違う角度からランサーズのビジョンを追い求めているといいます。また、入社のきっかけにもなった「社員とフリーランス、両方の課題を解決した働き方」についてもお話いただきました。

社員とフリーランスの課題、両方を解決したランサーズでの働き方

- 現在担当されている業務を教えていただけますか?

開発部のQAチーム (Quality Assurance : 品質保証) に所属しています。ただ、この QA チームの動き方は一般的なものとは異なっていて、テストではなく品質保証のために様々なことを行っています。

現在のメイン業務は、フレームワークのバージョンアッププロジェクトです。

また、DBA (データベースアドミニストレータ) のようにデータベースまわりも担当領域です。
スロークエリ改善や RDS のアラートをもとに問題を特定して修正するパフォーマンスチューニングや、テーブル設計の注意点やルールを作ったり、SQL の相談に乗ったりという活動を地道にやっています。

最後に、頻度は高くないんですが、セキュリティの観点から、脆弱性診断をもとにした改善や、システムそのもののセキュリティ向上活動なども行っていますね。よりセキュアで安心してサービスを利用してもらえるよう、事業サイドと連携して活動しています。

- 間宮さんがランサーズに入社したのはいつ頃ですか?

2020年の1月です。それまでは社員として企業に所属することもありましたが、ほとんどフリーランスで開発を行っていました。

- 入社のきっかけはなんだったんですか?

友人のリファラルです。ちょうど悩んでいた時期に声をかけていただいて、その時は気軽にカジュアル面談でお話をさせていただいたんですが、それがとても楽しくて。複数のエンジニアと何度か面談するうちに話が自然と進み、気がついたら好きになって入社してましたね。

- ランサーズに入社する前、どのような悩みがあったのですか?

2つあります。

1つめは、チームとして互いに研鑽できる場が欲しかったんです。もちろんフリーランスでも研鑽できる場はあるんですが、主に個人の力量で課題を解決する場面がほとんどです。フリーランスなので当たり前なことなのですが、経験を積んでいくうちに求めるものが変わっていったんだと思います。

2つめは、「生活に合わせて一定したリズムで働く」ことが難しいと感じていました。関わる案件に働き方を合わせる必要性がある以上、僕個人では時間のコントロールが難しかった点です。規則正しい生活で回る案件もあれば、ハードな案件もありました。

そもそも、僕がフリーランスという働き方を選んだ理由は「家族と一緒にいる時間を大事にしたい」とずっと考えていたからです。特に子供ができてからは「昨日の成長はもう2度と見ることができない」んです。だからこそ家族として「おはよう、いただきます、いってらっしゃい、おかえり、ただいま、ごちそうさま、おやすみなさい」を大事にしたかったんです。

父親が仕事一辺倒で家庭を顧みない人でそれがずっと嫌でした。また 1992年当時の働き方にもずっと疑問がありました。そんな積み重ねから「家族と一緒にいる時間を大事にしたい」思いがずっとあり、ランサーズに入社しました。

- 社員として働いていると時間の制約は大きいですか?

ランサーズは時間の制約の面では社員でもフリーランスでも大差はないかなと今は思います。
が、入社当時の思いは違いました。
エンジニア職で裁量労働制を採用している企業も多いですが、各社で裁量労働の定義が異なります。
コミュニケーションの定義も違えばアウトプットの定義も違います。それは当然なんですが、それまでの僕は違和感を感じていたんですよね。

そのためにフリーランスを選んでいたのですが、フリーランスは当然責任が大きく求められます。働く時間などを自分でコントロールできる「自由な働き方」はあるのですが、結果を残すために夜中朝方、徹夜などで仕事してしまったりで実質コントロールできずに最終的に体調に影響したりしました。
時間の制約を解決したかったのに…本末転倒でしたね。

でもランサーズでの働き方は、過去に感じていた社員、フリーランスの働き方の「時間の制約」の課題を解決してくれていて「こういう働き方ができるんだ!」と実感しています。制度上も実態も裁量労働でありながら、自分のバリューを発揮できています。そして組織・チームの中で協力しながら研鑽し合う環境があります。なので入社からの1年8ヶ月はエンジニア人生の中で一番充実していますね。

ビジョンを追い求めるメンバーをサポートするという働き方

- ランサーズにはビジョンに魅力を感じて入社したメンバーも多いですが、間宮さんはいかがですか?

僕自身は、企業のビジョンより働く環境を重視するタイプです。
ですが、社長の秋好さんが「ランサーズのビジョンという旗」を「ブレない情熱で掲げ続けて」くれる。そこに惚れたからこそ入社しましたし、何よりその情熱に強く共感した仲間たちが本気で事業を進めています。

今までも魅力的なビジョンを掲げた企業に在籍していたことはありました。でも、僕自身の成長が追いついていなくて、過去の僕は企業のビジョンに惹かれることが少なかったんですよね。
それが今は「ああ、いいなあ」と素直に思うことができている。いい環境だなと思います。
なので、結局はビジョンに「も」惹かれて入社してるんですよね。

でもやっぱり僕がやりがいを感じるのは「一緒に働くメンバーが喜んでくれること」です。そしてそれが働く環境として僕にとってはものすごく大切なんです。

だからこそ、戦闘部隊として戦う仲間がビジョンを追い求める先に進んでいけるよう、僕は後方支援部隊、さらにいざとなれば戦うことのできる最強の後方支援部隊として背中を支える。そういう関わり方で自分自身もビジョンに向かって共に進んでいってるんだと思っています。

- ランサーズのエンジニア組織ってどんなチームなんですか?

とにかくポジティブですね!
組織観点だと、メンバーみんなが参加して意思決定していくカルチャーが強いです。例えば、DB設計で誰かが悩んでいると他のメンバーがわーっと集まってきて意見を出し合って、チームとして最良の選択をしていくということが自然と起こったり。

Slackで分報チャンネルを全員が持ってるんですが、何か悩みをつぶやくと誰かが集まってアドバイスや相談が始まっていく。みんなが誰かのためにポジティブに課題や悩みに向き合っていく雰囲気があります。人の観点だと、みんなとにかく「いい人」です。もうこれはほんと奇跡なんじゃないかって思うくらいです。とにかく誰かの発言でツラいと思うことがないんですね。ああ、これ話した方がいいなって思ったら即座にハドルミーティングが始まっちゃう。

なので人間関係でストレスを受けるってことがほとんどありません。とはいえもちろん良くないコミュニケーションもどこかであるんだとは思いますけど、普段からポジティブフィードバックができる仲間なので「指摘できる」んですよね。これは大きな支えだなって思いますし、自分も誰かの支えでいなくては、って自然と思うんですよね。

それと、みんな何かしら自社のプロダクトに愛があるんですよね。度合いは人それぞれなところあると思いますけど、みんななんだかんだ好きなんです。自社サービスだから当たり前って感覚を差し引いても「みんな好きなんだなあ」って。

みんなが自分の得意分野でプロダクトを良くしていきたい、ユーザーに良いものを提供したいって思ってるんだなってことが伝わってきます。僕もいい刺激をいつも受けていますし、もっとカルチャー作っていきたいですね。

- 逆に課題だと感じるところはありますか?

そうですね。大小含めて課題は多くてそれが楽しいんですが、1つだけ挙げるならば、人に依存している機能や歴史があるところですね。歴史的経緯を知らないと対応が難しい部分は、古参のメンバーのサポートを必要とする場面はまだまだあります。

10年以上続いているサービスなので歴史はあって当たり前ですし、今までずっと動いて利益を生み出してきたコードは書いた時のベストです。
そういった過去をリスペクトしながらも、知識や経緯を見える化して、開発効率と品質を上げるために何ができるかなと最近はよく考えます。ランサーズのミッションである「個のエンパワーメント」をエンジニアに当てはめると、そういうことなのかもしれないなって思っています。

現在のランサーズのエンジニアは、みんな自分で考えて、わからないコードならめっちゃ読んで、それでもわからなければ知ってる人に聞いてどんどん進めていく。そんな意味で自律的な人が集まって機能しているからこそうまくいっている側面があると思います。とはいえ誰かに集中してしまうと効率も良くないですし、聞かれるほうも負担になってしまう。できるならみんながみんなの助けになりたい。

そういったいわゆる属人的なところを今後どう「誰がやっても平均的な品質」にしていけるのか、は今見えている課題の1つだと思っています。

課題は多い、その分前に進めることが楽しい

- 働いている中でどんな時が楽しいですか?

一番楽しいのはスロークエリを攻略している時ですね!
遅い SQL はどんな現場でもありますが、その原因を探り、チューニングし、速度を出せた時の感覚は、作品をさらに磨き上げるようでとても楽しいです。とはいえこれはニッチな感じがするので開発現場の話で言うと、コードベースでディスカッションが活発な時が楽しいですね。主に PullRequest 上でディスカッションされることが多いですが「質問する」「答える」「咀嚼して会話が続く」「結果として歴史が受け継がれる」「改善されていく」流れの中にいる時が楽しいです。課題の向こうに違う課題が見える、改善すればもっとよくできる、という状態そのものが楽しいですね。

- 最後に、どんな人だったらランサーズのエンジニア組織にマッチしそうだと思いますか?

今までお話しさせていただいたようなカルチャーにマッチする人でしたら、若手からシニアまでどんな年齢・スキルの方でも活躍できると思っています。仕事は人生の多くの時間を費やす以上、気持ちよく働きたいです。では気持ちよく働くには?と考えたときの僕の視点でお話ししたこのインタビュー記事に共感していただけたら、ぜひカジュアル面談でお会いして色々お話ししたいです。スキルや指向性の観点ですと、開発をバリバリやりたい人も事業目線でどんどん推進していきたい人はもちろん、僕のように後方支援が得意な人も活躍できる組織だと思います。

ビジョンへの共感やプロダクトへの愛はもちろん大切ですが、僕がそうであるように、自分なりのアプローチでビジョンに向かって進んでいく道がたくさんあります。何より僕のようなアラフィフでも活躍する場がたくさんあるので、本当に年齢や経験問わずに興味を持っていただけたら嬉しいですね!

ランサーズ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング