1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【21新卒/ストーリーNo.3】誰かに価値を与えられる人になりたい

<プロフィール>
別府 駿一(べっぷ しゅんいち)/(べっしゅん)
1998年埼玉県生まれ。獨協大学在学中。現在は社団法人でホームページの更新、広告運用、イベントの運営や事務業務に従事しながら、一般企業にて幹部研修の運営アシスタント業務や映像編集等の仕事にも関わる。趣味はドライブ、キャッチボール、キャンプ、釣りなどのアウトドア。

環境を整えることで人の可能性を広げる社会の実現を目指して

私がランサーズを選んだ理由は大きく二つあります。一つ目は、母の病気です。中学2年生の時に病気になってしまい約1年間入院や手術、通院の生活が続きました。母は体力がある方ではなかったのですが、兄弟も私の下に2人いて、家庭的にあまり裕福ではなかったので、通院しながら働いていました。そんな母の姿を見て、幼いながらも「自分も何か力になりたい」と思ってました。ただ、当時まだ中学生だったので何も力になれない、という葛藤を抱えていました。しかし大学生になり、就職活動をしていく中で、母の持つスキルや知識をオンラインでの仕事に活かせれば、状況は変わっていたのではないかと考えるようになりました。その時に、ランサーズの存在を知り、この会社であれば今後オンラインでスキルや知識を活かして働く環境を作ることができると確信しました。

二つ目は自分のインターンでの経験です。学生時代から、社団法人や企業でのインターンに参加し、今まで全く触れてこなかった動画編集・ライブ配信に関する業務に携わる機会や場所を与えてもらいました。周りの人に支えてもらいながら多くの事を学び、成長することができた経験から、環境を整えることが、いろんな人の可能性を広げていくことに繋がると思いました。私自身もそういった社会を作って貢献していきたい、と思いランサーズへの入社を決断しました。

どんな場所や環境でも個人の力が発揮できるようなサポートをしていきたい

世の中の人がそれぞれの好きなこと、得意なこと、これまで培ったスキルから、どんな場所・環境でも発揮することができる社会になれば素敵だな、と思っているので、入社後はそういった社会を作ることに貢献していきたいと考えています。

今はまだ、”会社に入ることが絶対”という考えを持っている人がいると思うので、フリーランスという働き方も認められて当たり前になり、「どんな環境でも働ける」状態にしていければ、世の中的にも良い方向に向かっていくんじゃないかと考えています。

根幹としては、”誰かのサポートをしたい”という想いが強いので、そこに貢献できることであればいろんなことにチャレンジしていきたいですね。

ビジョンへの共感ももちろん入社の理由の一つではあるのですが、選考を通して社員の方々を話をしていく中で、一人一人が心の奥底で持ってる強い想いを感じました。実は私の場合、たまたまゼミの先輩がランサーズで働いていたので選考以外でも話を聞くことができ、自分が将来実現したい社会や貢献していきたいことが、ランサーズであればできる、と確信することが出来ました。

支えてもらっていた側から、自分が誰かを支えていく側になりたい

まだ自分自身が学生ということもあり、知らないことが多いので、入社までに本を読んだり、セミナーなどに参加したりして、知識や技量をどんどん付けていきたいと考えています。あとは、今インターンをしている会社で、ある人物のオンラインコミュニティの立ち上げに携わっているので、その立ち上げを成功させることを学生最後の目標としています!

自分のビジョンとしては、今まで私自身多くの人やサービスに支えられて生きてきたので、社会人になったら誰かに価値を与えられる人になりたいですね。どんな価値なのかはまだ未知な部分もありますが、人を助けたり、笑顔にしたり、働きやすさのサポートができたり、1人でも多くの人の手助け、価値が与えられる人材になりたいです!ランサーズに入ったらフリーランスの方(ランサーさん)安心して働けたり、必要に応じてサービスの改善を重ねていき、今まで以上に良いと思ってもらえるサービスや社員になっていくために貢献していきたいです。

ランサーズ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう