1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ランサーズの根幹になる事業が作れると思った/エージェント事業部 立ち上げメンバー・赤荻 光の想いとは

<プロフィール>
赤荻 光(あかおぎ ひかる)/(閣下(かっか))
1990年兵庫県生まれ、千葉県・東京都育ち。法政大学卒業後、学習塾の講師を経て人材派遣の事業などを行っている会社へ入社。人材派遣の営業に携わる。前職での自身の成長の伸び悩みなどををきっかけに転職活動を開始。2018年1月よりランサーズへジョイン。現在はエージェント事業のマネージャ―としてネットワークエージェントサービスの拡大に尽力している。趣味は野球観戦、麻雀、コーヒー。

ランサーズが今後作ろうとしている世界観とプロダクトの面白さに転職を決意

学生時代にアルバイトで塾講師をしていたことがきっかけで「人の成長に携わっていきたい」という想いから、新卒で学習塾の講師になりました。ただ、仕事をしていくうちに教育現場での”先生”という仕事は「お節介な人」でないと務まらないかもしれない、、、と感じるようになりました。加えて、仕事が非常に忙しく寝る時間もないような環境だったので、このまま仕事を続けていくことは自分の体を壊してしまいそうだと感じ、転職を決意しました。

大学の時に国際文化で様々な言語を学んでいたこと、ITパスポートの資格を取得していたことから海外×IT企業という軸で企業選びを行っていました。職種としては、漠然とですが、「ビジネス」というものを学んでみたいと考えていたので、第一線で体現できそうな営業職として人材派遣とSlerを掛け合わせたような事業をしてる会社へ入社しました。入社当初は、私自身も取引がある企業先に出向し、そこで取引先企業のサービスや商品を売る営業として”派遣”される形で働いていました。1年に1回は出向先が変わっていたので常に新鮮さがありました。しばらくすると、本社から声がかかり、自社サービスの営業をすることになりました。

ビジネス経験がゼロだった自分が、今こうして成長して仕事ができているのも、この会社で上司や仲間に恵まれて基礎を教え込んでもらい、指導いただけたおかげだと思っており、とても感謝しています。

ただ、仕事を続けていくうちに自分の能力に対して伸び悩むことが多くなりました。前職は社員数が多く、社内の体制としてもほぼ出来上がっていた点もあり、自分の次の成長のために「果たしてこのままの環境でいいのだろうか」と考えるようになりました。もちろん、成長できる余地はあったとは思うのですが、何が今の自分、そして今後の自分にとってのベストな選択なのかを判断するため、そして、自分の市場価値を知る為に転職活動を行うことにしました。

そんな時にランサーズに出会い、面接で話を聞いていく中で、今後作ろうとしている世界観、プロダクトの今後、そして現在私が在籍しているLancers Agentサービスの新規立ち上げの話しを聞いて単純に「面白そう!」と感じました。

ちょうど、新規サービス「Lancers Agent」の立ち上げメンバーを募集していたので前職での経験も活かせつつ、「自分が主体となって組織を立ち上げる」という新しいチャレンジができる点からランサーズへの入社を決めました。

立ち上げ期から現在まで。進化していく組織とサービス

入社後はしばらくの間現場での営業数字を作って行くことが私のミッションでした。半年後くらいから部署の人数が増えてきたことにより自分の営業数字だけではなく、後輩のサポートやフォローを行い、メンバーの数字を追っていくことも徐々に増えてきました。2019年から部署に初めて新卒が入ってきた辺りから、組織の体制を整え始め、マネージャーやリーダーの立ち位置が出来始めました。その頃には自分の数字とチームメンバーの数字を管理することが大体半々ぐらいの割合でしたね。現在でも企業やフリーランスの方々にサービスを提供していく上で一番最適な体制であり続けるために変更・改善を繰り返し行っています。環境の変化が多い分、メンバーは戸惑うこともあるかと思いますが、常に企業とフリーランスの方々(以下 ランサーさん)のニーズや要望に沿っていくためには重要な判断となりますので、都度納得してもらえるように説明することを意識しています。

最近になって私は、「ネットワークエージェント」という新しい取り組みを拡大すべく日々奮闘しています。ランサーズでは、「スマート経営」の取り組みを広げていくべく、社内でも積極的にランサーさんの活用を行っています。「ネットワークエージェント」は、Lancers Agentの機能をランサーさんにアウトソースする、という取り組みです。


具体的に説明すると、Lancers Agentでご活躍頂いているランサーさんは実際に企業先に常駐していただいて仕事をしていただいているのですが、そこで企業から直接ランサーさんに「エンジニアの方をもう少し増やしたい」等の相談を頂くケースや知り合いから「エンジニアの人を紹介して欲しい」と声をかけられることがある、ということを知りました。ただ、その際に声をかけられたランサーさん(Aさんとします)と親交があるエンジニアの方が必ずしも企業や知り合いが求めているスキルにマッチしているか、というとそうでないケースがほとんどでした。せっかくお声をかけていただいたことが無駄にならないように、「ネットワークエージェント」では、Aさんから我々に対して「こんな人材が欲しい」と声をかけてもらい、ランサーズのデータベース上からマッチするランサーさんをAさんに連絡、そしてAさんから企業や知り合いに紹介してもらう仕組みとなります。もちろん、Aさんから紹介したランサーさんがマッチした際には、Aさんにも報酬が発生する仕組みとなっています。

現在企業への営業活動は社員がメインに行っていますが、「ネットワークエージェント」の取り組みが広がっていくことにより、ランサーさんも営業のような立ち位置として動く事が可能になり、ご自身の活動や報酬の幅を広げていく一環にも繋がることになります。

立ち上げたばかりのサービスなので、まだ課題は山積みですが7月ぐらいから取り組みを初めて最近ようやく形になってきたところです。

自分のミッションへの達成と仕事を追求していくことが新たな発見とサービスの発展に繋がっていく

Lancers Agentサービスを始めランサーズグループ全体のサービスや組織はもっともっと大きくなれるし、拡大していく必要があると思います。私たちの取り組みが新しい働き方を創出して、世の中の為になっていくと確信しています。今後もっと会社として成長していく環境の中で様々な経験を積んでいきたいと考えています。

エージェント事業部も立ち上げから少しずつ組織ができていますが、まだまだ土台を固める必要がありますし、これからの組織を作って行く、という点は貴重な体験になっていくと思います。3年、5年後の自分のキャリアなどを具体化していくことは私自身あまり考えておらず、まずは課されているミッションの達成に愚直に取り組み、その先に見えてくる新たな課題・やるべきことの創出へ繋げていきたいと考えています。

ランサーズ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう