1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【スタッフインタビューvol.6】「ゲームに深く関わりたくゲームプランナーに転向」

こんにちは、ラライフ採用担当です。
2020年の年明けから早2週間が経過しましたね。お正月気分が既に抜け、慌ただしい毎日が再び始まっている方も多いと思いますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。本年もラライフをどうぞよろしくお願いいたします。

新年1本目の記事として、本日はラライフのスタッフインタビューをお送りします!ゲームプランナーとして働くYさんに、プランナーの仕事内容や求められるスキル、Yさんご自身の将来の夢など、多岐にわたる話を聞いてきました。

ゲーム業界で今後働いてみたい方、プランナーとしての転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

ゲームに深く関わりたいという想いでプランナーに転向


-Yさんのこれまでの経歴を簡単に教えてください。
ゲーム業界で働いてみたいという思いがかねてから強く、卒業後はゲームやアプリの品質保証サービスを提供する企業に入社しました。テスト部門の新規立ち上げに関わり、デバッカーとしてレベルデザインや仕様に関しての提案を行ったほか、チームリーダーとしての業務、スケジュール管理等も任されていました。

その後、別の企業のゲームデバッグ部門の立ち上げにも参画し、そちらではより幅広い業務を担当しました。


-2社目では企画ミーティングで仕様説明を任されるなど、デバッガーという職種の範囲を超えた活躍をされていたと聞いています。
はい、業務の範囲にとらわれない提案を行うよう心がけていたところ、想定外にさまざまな仕事を任せていただけるようになりました。当時は「開発よりも仕様に詳しいね」なんて驚かれることもありましたね(笑)。


-会社にとっては頼もしいデバッカーだったでしょうね(笑)。その後、3社目はゲーム会社に転職されていますね。
はい。3社目は当初、品質保証を担当する派遣スタッフとして勤務し始めたのですが、知識を評価していただき、途中で正社員に登用していただきました。また、業務内容もプランナーとして複数プロジェクトの管理を任せてもらえるようになりました。


-プランナーとしての仕事はいかがでしたか。
運用業務、KPI分析、マスタデータの作成などを担当させてもらいましたが、常にどこかのプロジェクトでリソースが足らない状況でしたので忙しかったですね(笑)。


また、やりがいはあるものの、プロジェクト付けのプランナーではないため、できることに限りがあるなあということも日々感じていました。ゲームをもっと主体的に運営してみたいという想いが強まるなか、次の職場ではプランナーを本格的に目指してみようと次第に思うようになりましたね。


ユーザーに面白いと感じてもらえることが一番嬉しい


-2019年9月からはラライフの紹介により、新たな職場でロールプレイングゲームのプランナーとして勤務されていますね。
はい、現在はアニメタイトルのプランナーとして、施策やデータ作成、分析等を担当しています。


-現在の職場に移ってみていかがですか?
これまでよりも主体的にゲーム運営に取り組むことができています。そのぶん、面白い!というユーザーの声を聞けたときが一番嬉しいですね。現在担当しているゲームではユーザーからの反応が徐々に向上していることを実感できていますし、やりがいを持って日々仕事に取り組むことができています。


-「ゲームに深く関わりたい」という夢が叶ってよかったですね。仕事をする上で普段心がけていることは何かありますか?
論理的な企画立案を行うことを常に心がけています。また、この業界は流れが速いので、プライベートでも新しいゲームをたくさんプレイし、トレンドの把握に努めています。プレイするなかでタイトルの強み弱みや運営手法、表現方法を分析するようにしています。


<Yさんの1週間の業務スケジュール>


-今後の目標やキャリアプランについてはいかがでしょう。
将来的にはディレクターになることを目指しています。昨今、ゲーム業界は飽和状態などと言われることが多いですが、ユーザーが去りつつある現在のゲーム市場の流れを変えたいという想いがあります。大きな夢ですが、いずれはディレクターになって、ゲーム史におけるエポックメイキング的な作品を生み出したいと思っています。


-Yさん、ありがとうございました!これからも夢を追い求め、ゲーム業界で頑張ってください。

ゲームが好き!という想いから、まずはデバッカーとしてゲーム業界に飛び込んだYさん。その後、順調にキャリアを重ね、現在はプランナーとして、大好きなゲームに深く関わっていらっしゃいます。今後はゲーム業界の歴史を塗り替えるようなゲームを作りたいとのこと、今後のYさんの活躍が楽しみです。


ラライフは、今回紹介したYさんのように、自分の夢に向かって頑張る皆さんを全力で応援します。求職者の皆さんが成長できる企業、新しいことに挑戦できるチャンスがある職場を厳選して紹介していますので、ゲーム業界でキャリアアップを目指したいという方は、ぜひお気軽にラライフまでご相談ください。

株式会社ラライフでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう