This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

Kujira Interview #4「何もしないままではいられなかった。富山から来たクジラ初の地方インターン生」

こんにちは!クジラ株式会社インターン生の馬場ちゃんです!

実はゆう子さんがいたからこそ、今私がクジラにインターンできていると言っても過言ではない。(詳細は本文中で。)

今回は、19卒でクジラに入社した、インターン初の地方大学生の兒島ゆう子さんにインタビューしてきました。

どんなひと?

ー自己紹介をお願いします。

2019年3月に富山大学の建築系の学部を卒業した兒島ゆう子です!

ー大学ではどんなことしてましたか?

設計展!他の大学生を呼んで大学でコンペしてた。

ー矢野さんからゆう子さんは地方インターン生だと聞きました。クジラはインターンからしか内定を出してないと一回断れたのに、どうしてクジラだったんですか?

まず就職は関西でしようと決めてた。就活の時期にある人から学生のうちしか大人は時間を作ってくれないから、社会人の話を聞けるのは今しかないって言われた。だから、就活はせずに、いろんな人の話を聞きに行ってた。そんな時に矢野さんにも話を聞きに行って、ここで働きたい!と思った。でも矢野さんに「うちはインターンからしかとってない」って言われて、でも諦めきれなかったし、じゃあ関西の人しかダメじゃんって思って、お願いした。そしたら、矢野さんが「一週間インターン来てみる?」って言われた感じです(笑)

ーいろんな人に話を聞きに行ったとおっしゃっていましたが、矢野さんやクジラのどこに惹かれたんですか?また、矢野さんと他の社長さんの違いはなんでしたか?

熱意!!こんなに本気で不動産業界を変えたいと思っていて、こんなに1人の学生に向き合ってくれて、時間を割いてくれる人はいないと思った。矢野さんは本気で世の中を変えたいと思ってるけど、他の社長さんたちはうちの会社は〜、利益は〜、という話ばかりしてた。そこが違うなと思った。

こんなことやってました!

ー1週間のインターンでは何してましたか?

 クジラの設計デザイナーの翔さんにメンターについてもらって、現状図を描いて、何か新しいプランをつくる課題をやりながら現場に連れて行ってもらったりしてた。あとは・・・SEKAI HOTELのホットドッグの試食(笑)それと、翔さんと東大阪の社長さんとの打ち合わせについて行ってた。



ー1週間の中で一番印象に残ったことは何ですか?

某大手デベロッパーの方との打ち合わせに連れて行ってもらったこと。ただの設計ではなくて、ターゲットのするお客さんの内部まで、whyの部分までやるんやーって圧倒された。大企業とうちみたいなベンチャー企業がが打ち合わせしているのが不思議だったし、楽しかった。あとは、メンターの翔さんがめちゃめちゃ教えるのが上手で、何でそうなるのか教えてくれたり、指示も的確だったことかな。最初は、矢野さんがきかっけでクジラに入りたいって思って、それから翔さんとも働きたいと思うようになって、だんだん働きたいと思える人が増えていった。1週間は矢野さんと翔さんのほぼ2人だったけど、内定が決まって、関わる人が増えて関わっていくたびにいいところがたくさんあって、人柄も目指すところも全部素敵で、良い!って感じ(笑)

ー1週間のインターンが終わってからは何をしてましたか?

遠隔インターンでプロモーションのリーダーしたり、旅行にも連れて行ってもらったりしてた。旅行とかは、今となっては周りと話す機会を与えてくれてたんだなと思う。本当は大阪に引っ越すつもりだったけどゼミの先生が厳しくて単位あげないと言われて、ゼミの先生と喧嘩して、熱が冷めないうちにと思って、すぐに矢野さんに連絡した。そして、インターン中止になった。だから卒業制作を頑張るしかないって思って、朝から晩まで卒業制作のことばかり考えてた。おかげで、賞も取れていい終わり方だったからよかったって感じでした(笑)その間も矢野さんと連絡とってて、こういう本いいよ!って教えてもらったり、私も日報を毎日ではないけどできるだけ送ってた。卒業制作が終わってからは3月に大阪に引っ越して、入社までの1カ月インターンしてた。

ーその1か月間の業務はどんなことしてましたか?

布施のSEKAI HOTELのプランを練習でやったり、KUJILIKE(児童養護施設のDIY)のプランをやってた。

ーインターンで変わったなと思うことは何ですか?

んーたくさんあるから思いつくこと言っていくね(笑)まず、仕事は仕事、プライベートはプライベートという感じがなくなった。あとは、前までは目の前のことだけしか見てなかったけど自分の周りだけじゃなくてもっと世の中を見るようになった。時間を大切にするようになった。時間があったらちょっと調べものしようとか、やることがたくさんあったら、リストにあげて、優先順位を付けてからやるようになった。なんでこれをやるのかとか、本当に必要なのかとかwhyを考えるようになった。あとは、アンテナが高くなった。自分から情報を取りに行くようになったし、いいホテルがあったら設計者やブランディングした人を調べるようになったかな。

入社してからは?

ー実際入社してみてどうですか?

1週間のインターンが一生で一番頑張ったと思ってたけど、それが毎日更新されていく感じ。インターンの期間が他の新卒の人たちに比べて圧倒的に短いから、情報量が少ないし、まだクジラに染まれてないなと思う。みんながサポートしてくれてます。のびしろって感じです(笑)

ーどんなひとになりたいですか?

自分はまだまだサポートとかできないけど、誰かのために時間を使えるようにしたい。今は自分のことで精一杯でへぇーって感じ(笑)

ークジラの一番好きなところは何ですか?

人!!!人が好きです。やってることがすごいし、仕事だけじゃなくて人柄もいいし、人のことを考えて動いている。同じことをやってる会社が他にあっても、クジラのメンバーじゃないなら一緒に働きたいです!とはならないと思う。クジラは頑張ってることがかっこいいとされているから、チャレンジしやすいし、みんな応援してくれる。この環境を作ってくれているのもクジラの人たちだから、人が好きです!





ークジラの人たちって本当にかっこいいですよね。全然関係ないんですけど、ゆう子さんがいなかったら私も福岡からクジラにインターンできてなかったと思うんでありがとうございます。

まだ見ぬ人のために頑張ってます。もしあの時矢野さんに断られて諦めてたら、次にくるクジラに入りたい子たちの芽を摘んじゃうとおもって・・・(笑)同期の新卒メンバーの中でも全然まだまだだけど、馬場ちゃんのようなまだ見ぬ後輩たちの芽を摘んじゃわないように今頑張ってます。

ー先ほどまだ誰かのために動けてないって言ってたけど、まだ見ぬ人のために頑張ってるのは十分、人のために動けていると私は思いました。ゆう子さんが居たから今の私もインターンできているので個人的にお礼を言わせてください。ありがとうございます!(笑)

最後に!

ー最後に学生にメッセージをお願いします。

頑張りたい人に来てほしい!たくさん遊んでる時間も楽しいけど、クジラだったら楽しい+頑張ったなという達成感がある。やる気がある人、変わろうと思って頑張れる人、誰かのために頑張れる人、そんな人がクジラに来たら、来る前と後だと無意識的に変わってるってわかる。自分の限界はここまでって思っていてもまだまだ頑張れたり自分の知らない自分に出会える。クジラに来てなかった自分を想像したら怖いくらい。だから一回来てごらん(笑)

自分の目で見たもの、感じたものは本物だから一回来てみてやっぱり違うと思って他に行くのはいいけど、知らないまんまだとわからないからね。

過去のクジラインタビュー記事




クジラ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう