1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

<代表インタビューVol.2>士業事務所向けサービスのリニューアルと、金融機関の取引先企業経営をトータルサポートするプラットフォーム『Big Advance』、さらに今後のビジョンを語る!

こんにちは!ココペリ広報の今安です。

11月に入り、一般社団法人LegalTech協会に参画したり、本日発売の近代セールスにもサービスが掲載されたり、じわじわと話題が増えつつある弊社です。

そんな弊社代表 近藤に、事業とこれからのビジョンについてインタビューしてみましたのでご覧ください。


「SHARES PRO」サービス名変更とデザインリニューアル

ー 11月1日(木)から、士業事務所向けの業務管理・情報共有ツール「SHARES PRO」が、「FLOW」へ変更されましたよね。どんな背景があったんですか?

サービス提供開始からちょうど1年が経過するタイミングということもあって、「さらなる利便性の強化」と「サービスブランドの強化」を目的としてデザインを一新、名称も変更しました。

FLOW(旧SHARES PRO)は、日々の業務を「タスク」という1つ1つの細かい塊に分解して、その「タスク」が業務毎に担当へ流れていく、という思想に基づいて設計したアプリケーションです。その概念が、士業の業務において非常に効果的に活用できるということが、この1年間の運用を通して実証することができました。

なので、今回新しいサービス名称を「FLOW」とし、デザインリニューアルすることと致しました。
FLOWの意味の通り、タスクが円滑に流れるように進捗し、情報共有が循環されることを通じて士業事務所を応援できるツールとして使命を果たしていく決意と想いを込めています。

<今回リニューアルされた、FLOWのトップ画面>

ー FLOW(旧SHARES PRO)を導入してくださった事務所の業務改善例をお聞きしたいです

SHARES PROは、士業事務所向けに「業務の属人化」を解消し、業務効率化を実現したいという気持ちで開発したんです。

タスクの可視化ができると、案件にかかる時間や工数もが明確になるため生産性も上がります。

さらにタスクの共有化ができることで、「このタスクは時間がかかるから担当を増やそう」、「このタスク時間かかってるけど大丈夫かな」といったことが一目で分かるようになります。

結果的に業務改善や効率化はもちろんのこと、上司と部下のコミュニケーションが増えることで「社内が明るくなった」という付加価値が生まれる事務所さんもありました。おかげ様で、600名を超える職員の方に活用いただくまでになりました。

さらに今年から、オプションとして「コンサルティング業務」を追加したことで、より導入事務所様に寄り添い、FLOWをスムーズに有効に使っていただくお手伝いができることは我々としても嬉しいです。

ココペリと横浜信用金庫が共同開発 中小企業の経営を支援するプラットフォーム 「Yokohama Big Advance」



ー もう一つの大きなサービス、2018年4月に横浜信用金庫様と共同開発した「Yokohama Big Advance(以下、 YBA)」の反響はいかがでしょうか。ちなみに、今日発売の近代セールスにもYBAが紹介されていました!

反響は・・・かなりいただいています(笑)。

YBAは、「金融サービス革命で地域を幸せに」というコンセプトから、ビジネスマッチングや福利厚生サービスといった中小企業が抱える課題を解決するプラットフォームですが、想像以上の成果を得ることができました。

例えば、チャレンジで入れたチャット機能がハマったことは大きな収穫でした。UIのおかげもあるのか、取引先企業から「次いつ来てくれますか。」という気軽な連絡が金融機関に入ることが増え、そこから融資やビジネスマッチングに繋がる事例も多いですね。

ー YBAは新たな経済圏を創ることができる革新的なサービスだと思いますが、開発時の想いを教えてください

最初の企画段階と比較すると、我々も驚くくらいに進化したものが出来上がりました。(今が完成ではなく、まだまだ進化しますが!)

本気で「金融業界に革命を起こしたい」という想いを持った金融機関の担当者様と、ココペリ開発担当者との熱意が生み出したものだと思います。まさに「金融 × テクノロジー」ですね。

ー 今後のビジョンを言える範囲で教えてください

ココペリの企業理念は、「企業価値の中に未来を見つける」です。

企業のデータを集約・分析・見える化して、まだ表面化していない企業の価値を見出すことを追及していきたいと思っています。

あとは、Big Advanceを全国版にしたいですし、AIで口座のトランザクションを使った企業評価など、どんどん進めていきたいと考えています。

ここではお話できない構想もたくさんありますので、ご興味のある方はぜひココペリに遊びに来てください!


今注目を浴びているYBAについては、また詳細と開発秘話なんかも聞いてみたいと思います。ぜひお楽しみに!

株式会社ココペリでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう