1
/
5

自己実現の場を提供していくことで、子どもの可能性を無限大に。カリキュラムディレクターとして大切にしている想い KiRAMEX TALK|平賀 正樹

◆プロフィール

平賀 正樹|Masaki Hiraga
2008年に関西の大手塾に新卒入社。講師、教室長を経験。その後、2014年に関東の大手塾にて教材制作に従事。2016年には同社でマネージャー職に就任し、新規事業の立ち上げに参画。2018年5月にキラメックスに入社。Tecacademyキッズのカリキュラムディレクターを務める。


◆塾での指導経験や教材制作経験を活かし、カリキュラムディレクターへ

ーーまず平賀さんの業務内容を教えてください。

平賀:TechAcademyキッズのカリキュラムディレクターです。カリキュラムの企画だけではなく、編集、オペレーションまで幅広く全体を整える役割です。現在は、プロの方と一緒に原稿を執筆し、ユーザーである子ども目線でコンテンツをより磨き上げる役割です。

ーーキラメックスに入る前はどのようなことをしていましたか?

平賀:キラメックスで3社目です。1社目で塾の講師として、高校生に数学、化学を指導していました。2年目で教室長に任命され、教室運営もしていました。それなりに大変でしたが、大きなことを任されることは責任もありやりがいもありましたね。2社目は個別指導用の理科教材制作を2年担当したのちに、公教育向けサービスの新規事業の立ち上げを経験しました。

ーー1社目から2社目へ転職されたのはどんな理由だったんですか?

平賀:影響範囲を広げたいという思いから転職を決意しました。1社目では実際に教えている生徒に教材が使われますが、2社目では、日本全国に制作した教材が届くわけですよ。かなり影響範囲の広がりを実感でき嬉しかったですね。ただ、やりがいや嬉しさを実感できた反面、大変なことも多くありました。影響範囲が広くなればなるほど、どのように表現すれば子ども達が迷わないかを考えなければいけないので、言葉選びには慎重になる必要があります。

ーーやりがいが増えるほど難しさも倍増しますね。具体的にはどのような業務をされていたのですか?

平賀:教材制作の経験を経て、公教育向けWebサービスの新規事業です。簡単に言えば、学校の先生の教材共有プラットフォームです。今までは紙での教材制作だったので、Web開発のディレクション業務は初めての経験となり、初期の頃はとても苦労しました。

◆教育への想いが芽生えたのは中学生の頃

ーー教育業界に一貫していますね。そもそも教育に興味をもったきっかけは何だったのでしょうか?

平賀:遡ると、中学生のときの塾の先生の授業に感動したことからの憧れだと思います。いつしか私も教える側になってみたいと思っていました。そして実際大学生の頃に塾のアルバイトをし、教えるのが楽しいと思っていました。自分なりにアレンジしたり、生徒にどう教えたらわかりやすいかなどを追求できることに面白みを覚えました。一貫して教育業界である理由は、教育業界は、子ども達の自己実現をサポートしてあげられる業界だと考えるようになったからです。今思えば、アルバイトの頃は単に教えることへ面白さを感じているだけでした。

◆新しいことへ挑戦したく、キラメックスへ

ーーキラメックスに入社を決めた理由を教えて下さい。

平賀:理由は2つあります。会社のビジョンに共感できたことと、会社の雰囲気がよかったことです。子ども向け教育で新規事業に取り組んでいる会社を中心に転職活動を進める中ででキラメックスを見つけたんですよね。代表の樋口が熱く語る会社のビジョン、子ども向けプログラミング事業への想いにとても共感できたことが決め手でした。あとは、Wantedlyのブログ記事で社員合宿の記事をみて、素直に仲が良さそうで楽しそうな会社だなと思いました。働くならやっぱり楽しく働きたいですからね笑。

◆会社の成長に向かって一丸となって仕事ができる最高の環境

ーー確かに働くなら楽しい環境がいいですよね!働く環境としてはどうですか?

平賀:とても働きやすい環境だと思っています。とてもフラットな組織で、オンオフがはっきりしていることに加え、評価制度に関しても良い環境が整っています。キラメックスはOKRにて評価をしているため、会社の目指す方向と自分の目標が一致しています。個人の目標は全員と共有しているため、一丸となって会社を成長させられているように感じています。

ーー働きやすい環境でやりたい仕事ができていると思いますが、仕事で苦労したことがあれば教えてください。

平賀:現在カリキュラムは現役のエンジニアなど第一線で活躍するプロの方と一緒に開発しています。構成や内容はしっかりしているものの、言葉が難しかったりするため、着任当初は編集作業に苦労しました。しかし、前職で子どもに教えた経験があるからこそ、言葉選びはこだわってやりきれていると思います。例えば、「抽出」という言葉を「とりだす」に直したりですね。

ーーでは、働きがいや、やりがいなどを教えてください。

平賀:自分の今までの経験を活かして、プログラミングを学びたいという子ども達の気持ちに応える最高のコンテンツを作れているのが一番のやりがいです。大人向けのオンラインプログラミング教育(TechAcademy)で一線を画しているキラメックスで、取り組めていることは、働きがいにもなっています。

◆TechAcademyキッズのカリキュラムディレクターとして、できることを最大限に

ーーありがとうございます。最後に今後平賀さん自身が取り組んでいきたいことを教えてもらってもいいですか?

平賀:TechAcademyキッズのカリキュラムディレクターとして、子ども達の興味関心に応えるべく、コンテンツはたくさん用意したいと思っています。アプリをつくりたい、ゲームをつくりたい、デザインを学びたい、データ分析を学びたい、人工知能をつくってみたいなど子供たたちの学びたいという欲求は様々です。その多様な「学びたい」に応えられるような受け皿を用意したいです。それこそが、キラメックスのビジョンでもある自己実現の数を増やすことだと自負しています。
一人でも多くの子ども達に自己実現の場を提供できるように、今後も新しいことにどんどん挑戦し続けたいです。

▼平賀と一緒に働く仲間を募集しています!!!

カリキュラムディレクター
<EdTech>ユーザーの“学び”を設計。カリキュラムディレクター募集!
「世の中の自己実現の最大化」へ向けて、下記事業を展開しています。 ▶テックアカデミー https://techacademy.jp/ 短期間でエンジニアを目指すオンラインブートキャンプを運営しています。 学習をサポートするメンターは全員現役のエンジニア。独自の学習システムとパーソナルメンター制度でエンジニアを育成いたします。 ▶テックアカデミー キャリア https://techacademy.jp/career/ 学習と平行して転職活動ができる受講生限定の無料転職スカウトサービスです。 一人ひとりのプロフィールやニーズ、学習で身につけたスキルを元に企業がスカウトを実施します。 TechAcademyでの学習状況が企業に共有されるため、 学習を進めることがアピールに直結します。 ▶テックアカデミー ビジネス https://techacademy.jp/biz 800社以上の企業導入実績を持つ「TechAcademy」を通して、 企業の育成・採用に関する課題を解決するソリューションを提供します。 ▶テックアカデミー ジュニア https://junior.techacademy.jp/ 全国の教育機関を対象にした小中高校生向け実践的プログラミングサービスです。 学校・学習塾の指導者や生徒に対してプログラミングの指導・学習支援を行っており、 学習システムだけでなく包括的な学習環境も提供しています。 2020年6月からは教育機関に通わない全国の子ども達を対象にしたサービスも開始しています。 ▶テックアカデミーマガジン https://techacademy.jp/magazine/ 月間約150万人が訪れる「教育×テクノロジー」のオンライン専門情報誌です。 企業の代表へのインタビュー記事から、アプリケーションの使い方、オススメソフトの紹介など、EdTech関連のニュースを幅広く発信しています。 ### メディア掲載実績(一例)### 日本経済新聞に掲載されました。 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFB08B9S0Y1A300C2000000/ 読売新聞オンラインに掲載されました。 https://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20201113-OYTNT50084/ 東洋経済オンラインに掲載されました。 https://premium.toyokeizai.net/articles/-/24915 ・NHKでテックアカデミージュニアの取り組みが紹介 ・CNET Japanのインタビュー記事が公開 ・テレビ東京WBSにテックアカデミーが紹介 ・AERAにテックアカデミーの記事が掲載 ・リクナビNEXT JOURNALにインタビュー記事が掲載 ・日経産業新聞にテックアカデミーの記事が掲載 ・Forbes Japanに記事が掲載
キラメックス株式会社
キラメックス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう