1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【イベントレポート】認定クリエイター決起会を開催しました!

認定クリエイター決起会

こんにちは、キカガク講師の大庭@oba_kikagakuです。
今回は第6回のブログです!

認定クリエイターも始動から2ヶ月、人数が集まってきたところで、みんなで集まる機会を設けました!

当日の様子


決起会は、昨今の状況を鑑みて、オンラインで開催しました!
16名の認定クリエイターとキカガクのメンバーが4名で、全部で20名での実施となりました!

まずは認定クリエイターで実現したい世界を改めてお伝えすることからスタートしました。
キカガク目線でどうありたいかということはもちろんですが、認定クリエイターにとって良い結果になるように、みなさんに改めて世界観を共有しました。
その中で、今後認定クリエイターをどれぐらい増やしていきたいかという話もしました。そして、今のみなさんはその何千、何万と増やしたい認定クリエイターの初期メンバーであり、一緒に楽しみながら制度を作っていきたいということもお伝えしました。

その後は自己紹介タイムで、みなさんからお話いただきました。
改めて話を聞くと、みなさん様々な動機を持って参加されていました。
たとえば…

・すでに機械学習を学んでいて、もっと力をつけてアウトプットしたい
・文系で、プログラミングやAIの経験はないが興味があり、機会を探していたところ、認定クリエイターを知った人
研究や取り組んでいることにAI・プログラミングを絡めていきたい

などなど、文系・理系、経験・未経験問わず、参加されていることがわかります。
さらに、オンラインで完結するので、学部も学年も居住地もみなさんバラバラです。

自己紹介が終わったら、グループに分けて懇親会を実施しました!
初対面ということで、みなさんの話をいろいろ聞かせていただきました。

グループの中で以外な共通点が見つかったり、逆に全然接点がない中で集まっているということもあったりで、新しいコミュニティの形成を感じました。

実施して感じたこと


懇親会の中で、みなさんの置かれている現状を聞くことができました。
どうしてもオフラインで実施しないといけないもの以外、授業はまだオンラインのままで、中々できることも少ないという話でした。
そういう状況下で、認定クリエイターに応募していただいたことに、改めて感謝しました。

やはり、オフラインをそのままオンラインに置き換えようとしてしまっているのがやりにくさの原因かもしれないと感じました。
オンラインにはオンラインでの最適な方法があり、やり方によってはオフライン以上の成果を出すこともできそうです。

認定クリエイターは、オンラインで完結するコミュニティのモデルケースにしたいと思いました。
そのためにも、オフラインでのこだわりや、習慣というものを一度忘れて、最適な手段を選んでいきたいと思います。

また、この記事を読んで認定クリエイターに興味が湧いた方は、ぜひ下記のリンクからご応募ください!
未経験でも関係なく、1から学んでいけるコミュニティです!
みなさんのご応募お待ちしております!



教育を変えたいと思っている社会人の方々へ

もし、この記事を読んで、教育の現場に数多ある課題を解決したいと思っていただけたなら、私たちと一度お話してみませんか?

学生の認定クリエイターだけではなく、大人でも、教育を変革したい講師を募集しています。
もちろん認定クリエイターに関わることもできるので、若者の可能性を広げるために一緒に活動していけると嬉しいと思っています。


AI・機械学習講師
急成長中のAIベンチャー企業でAI・機械学習の講師として働きたい方大募集!
▍これまでのキカガク キカガクは AI・機械学習領域の教育事業を手掛けています。 ビジネスの現場にAIを含めた新しい技術を正しく導入できる人材の育成を目指し、実務で必要となるスキルを厳選して習得できる各種セミナーを提供しています。 2017年に設立され、2021年現在5期目のまだまだ成長途中のベンチャー企業です。 創業から4年間で、オンライン/オフライン研修で延べ45,000人を超える方々に受講いただいており、最近では、医療・製造・小売など業界に特化した専門的な講座も展開できるようになり、事業の幅が急速に広がっています。 これまでの実績はこちらの会社説明資料をご覧ください。 https://speakerdeck.com/kikagaku/mu-ji-zhong-1a81d3a2-fe6e-44bd-aea5-dc0e048ed4ad ▍これからのキカガク 現在はAIに関する研修事業が中心ですが、これからはさらに大きな領域に挑戦していきます。 多くの方が学べるプラットフォームを新規事業として作っています。 また、その構想を超えて、教育を起点とした社会の変革を起こしていきます。 これまでの教育はわかりやすく教えることがゴールでした。 しかし、キカガクが目指している人物像は、教育を超えて、実社会へ知識を還元できる人材です。 教育事業を通じて、知識や経験を養うことで市場価値を高め、そして、新しい事業の立ち上げに携わっていただきたいと考えています。 人にわかりやすく教えられる豊富な知識があり、新しい事業の立ち上げを支えられる技術力もあり、 そして、日本や世界の社会課題を解決したいと思える高い志がある人材を目指します。 このような志もレベルの高い人材を育てることができるのは教育が中心の企業だからです。 キカガクはAIの会社と認識されることもありますが、教育事業を通じて、これまでの日本や世界にはいない優秀で志高い人材を多く輩出し、これからの日本や世界の課題解決を支えていきます。 教育はすべての入り口です。 教育が好きなことはもちろんですが、教えるだけにとどまらず、社会へとその知識や経験を還元したいと思える志の高い人材と一緒に、これからの新しい事業を一緒に切り開いていきたいです。 ▍実績一覧 □ 開催セミナー ・ディープラーニングハンズオンセミナー(Microsoft共催) ・アセスメント人材育成コース(ABEJA共同開発) ・キカガク長期コース □ 各種認定講座 ・日本ディープラーニング協会E資格認定 ・日本ディープラーニング協会(JDLA)が提供するエンジニア向け「E資格」認定講座 □ Microsoft共同開催 ・日本Microsoftと共同でセミナーを開発 □ 第四次産業革命スキル習得 ・経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座」認定講座 ・厚生労働省指定の「教育訓練支援給付金」対象講座 ▍サービス □KIKAGAKU AIを無料で学べる学習サイト https://free.kikagaku.ai/ □ 最先端スキルを最短で学ぶ 学習プラットフォーム  キカガク https://www.kikagaku.ai/
株式会社キカガク

もう少し詳しくキカガクのことを知りたいという方は、こちらの動画もぜひご覧ください!

キカガクとはどんな会社なのか、社員はどんな人が働いているのか、短時間で多くの情報を知ることができます。
文章だけでは伝わりにくい情報も、動画を見ることでよりイメージしやすくなるかと思います。


株式会社キカガクでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング