1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【すべての教育に関わる人へ】私が認定クリエイターにかける想い

私たちが学生を巻き込んだ教育に取り組む理由

こんにちは、キカガク講師の大庭@oba_kikagakuです。
今回でブログも5回目となります。

どのブログでも認定クリエイターへの応募を最後に載せています。
今回は、私が改めて認定クリエイターをもっと広めたいと思ったお話をします。
学生のみなさんはもちろん、教育に携わる方々にも読んでいただきたい内容となっています。

環境の急激な変化

今までのブログでも書いていたように、2019年末ごろから、私たちを取り巻く環境は急激に変化しました。
昨年引っ越したばかりの綺麗で広いオフィスにはいけなくなり、本格的にリモートワークが始まるとメンバーで集まる機会すらなくなります
メンバーとの接触だけではなく、オフラインでの集合研修を提供していたキカガクは、オンラインへの切り替えが急務でした。
オフラインの研修をオンラインに切り替え、zoomやiPadを活用して講義の質を保つための試行錯誤の繰り返しでした。

オンラインで完結するikus.aiもリリースしました。講師と受講生の1対多の関係が、チーム学習という受講生同士の教え合いの関係に変化しつつあります。
このように、学校以外の教育の現場でも次々と変化が起きています。
これは、ただビジネスモデルを再構築しているだけではなく、教育の方法全体を変えてしまうような出来事だと思っています。

認定クリエイターで実現したい世界

認定クリエイターはikus.aiの中の一つの制度です。
学生を対象に募集していて、ikus.aiのコンテンツを受け、身につけた技術を元に新しいコンテンツを生み出しす人材になることを目指しています。

今までは、キカガクは大人向けの教育を専門としていました。現在もビジネスという面では、ほとんど大人向けの教育に取り組んでいます。
認定クリエイターになった学生のみなさんは無料でコンテンツを受講できるので、お金をいただいて教育するという形ではありません。


こちらのスライドにあるように、認定クリエイターという枠組みを通じて、新しいコミュニティを作ろうとしています
当初は、学生たちにとって、外に出ることがむずかしい環境でもオンラインで活躍できる場所を作りたいという気持ちで記載していました。
そして実際に学生たちと話していると、よりその気持ちが強くなりました

先日、ある大学の1年生と話しているとき、所属団体の同期にまだ会ったことがないという話をしていました。
これが100人、200人いるような巨大な団体ならわかりますが、約20人ほどの規模の団体です。
自分たちがもしその状況に置かれたら、と考えると、これは何とかしなければと強く思いました。

世界のトップを走る集団を作るという野望


日本国内の大学生は300万人近くいます。
全員がそうでないとしても、最もやる気と希望がある1年生が蓋をされていることを、どうにかして変えたいと思いました

私のような教育に携わる人間ができることは、どんな状況でも若者の可能性が発揮されるように機会を提供することです。
「学び、働き、遊ぶ」をスローガンにした認定クリエイターという制度は、まさにこの閉塞感を打破するためにうってつけだと信じています。

今はまだ同期とすら会えないかもしれませんが、いずれは以前のように誰にでも会えるし、どこにでも行けるようになるはずです。
そのときに、オンライン環境でも関係なく成長した認定クリエイターが社会のあらゆる場所で活躍しているという未来を作りたいです。
もちろん活躍の場所は日本にとどまらず、世界を相手にしていることを想像しています。

一緒に世界へ出る仲間を募集

そんな風に、私たちと一緒に世界へ打って出る仲間を募集しています。
今、何をすればいいかわからない学生のみなさん。あるいは、何かをしたくてもできない学生のみなさん。
そういう鬱憤をすべて解法できる場所を、一緒に作っていきませんか?

下のリンクから応募できます。
面白そうと思ったあなた、ぜひご応募ください。



教育を変えたいと思っている社会人の方々へ

もし、この記事を読んで、教育の現場に数多ある課題を解決したいと思っていただけたなら、私たちと一度お話してみませんか?

学生の認定クリエイターだけではなく、大人でも、教育を変革したい講師を募集しています。
もちろん認定クリエイターに関わることもできるので、若者の可能性を広げるために一緒に活動していけると嬉しいと思っています。

AI・機械学習講師
急成長中のAIベンチャー企業でAI・機械学習の講師として働きたい方大募集!
▍これまでのキカガク キカガクは AI・機械学習領域の教育事業を手掛けています。 ビジネスの現場にAIを含めた新しい技術を正しく導入できる人材の育成を目指し、実務で必要となるスキルを厳選して習得できる各種セミナーを提供しています。 2017年に設立され、2020年現在4期目のまだまだ成長途中のベンチャー企業です。 創業から3年間で、オンライン/オフライン研修で延べ300,000人を超える方々に受講いただいており、最近では、医療・製造・小売など業界に特化した専門的な講座も展開できるようになり、事業の幅が急速に広がっています。 これまでの実績はこちらの会社説明資料をご覧ください。 https://speakerdeck.com/kikagaku/mu-ji-zhong-fff1b3f0-bc46-49e6-9fef-cc389857b176 ▍これからのキカガク 現在はAIに関する研修事業が中心ですが、これからはさらに大きな領域に挑戦していきます。 多くの方が学べるプラットフォームを新規事業として作っています。 また、その構想を超えて、教育を起点とした社会の変革を起こしていきます。 これまでの教育はわかりやすく教えることがゴールでした。 しかし、キカガクが目指している人物像は、教育を超えて、実社会へ知識を還元できる人材です。 教育事業を通じて、知識や経験を養うことで市場価値を高め、そして、新しい事業の立ち上げに携わっていただきたいと考えています。 人にわかりやすく教えられる豊富な知識があり、新しい事業の立ち上げを支えられる技術力もあり、 そして、日本や世界の社会課題を解決したいと思える高い志がある人材を目指します。 このような志もレベルの高い人材を育てることができるのは教育が中心の企業だからです。 キカガクはAIの会社と認識されることもありますが、教育事業を通じて、これまでの日本や世界にはいない優秀で志高い人材を多く輩出し、これからの日本や世界の課題解決を支えていきます。 教育はすべての入り口です。 教育が好きなことはもちろんですが、教えるだけにとどまらず、社会へとその知識や経験を還元したいと思える志の高い人材と一緒に、これからの新しい事業を一緒に切り開いていきたいです。 ▍実績一覧 □ 開催セミナー ・ディープラーニングハンズオンセミナー(Microsoft共催) ・アセスメント人材育成コース(ABEJA共同開発) ・キカガク長期コース □ 各種認定講座 ・日本ディープラーニング協会E資格認定 ・日本ディープラーニング協会(JDLA)が提供するエンジニア向け「E資格」認定講座 □ Microsoft共同開催 ・日本Microsoftと共同でセミナーを開発 □ 第四次産業革命スキル習得 ・経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座」認定講座 ・厚生労働省指定の「教育訓練支援給付金」対象講座 ▍サービス □KIKAGAKU AIを無料で学べる学習サイト https://www.kikagaku.ai/ □ 最先端スキルを最短で学ぶ 学習プラットフォーム ikus.ai https://www.ikus.ai/
株式会社キカガク

もう少し詳しくキカガクのことを知りたいという方は、こちらの動画もぜひご覧ください!

キカガクとはどんな会社なのか、社員はどんな人が働いているのか、短時間で多くの情報を知ることができます。
文章だけでは伝わりにくい情報も、動画を見ることでよりイメージしやすくなるかと思います。

株式会社キカガクでは一緒に働く仲間を募集しています
23 いいね!
23 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう