1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【学生必見】社会人基礎力の先へ

前回、社会人基礎力についてお伝えしましたが、名前にもあるように飽く迄も「基礎力」であり、社会人としてのベース(基礎)でしかありません。人生 100 年時代と言われる現代においては社会人基礎力だけではなく、もう一歩進んだ能力を身につける必要があります!

社会人基礎力について



「社会人基礎力」

社会人基礎力についておさらいをしておきます。社会人基礎力とは 2006 年に経済産業省が提唱した3 つの力とそれに紐づく 12 の要素です。

  • 前に踏み出す力(主体性、働きかけ力、実行力)
  • 考え抜く力(課題発見力、計画力、創造力)
  • チームで働く力(発信力、傾聴力、柔軟性、状況把握力、規律性、ストレスコントロール力)

社会で活躍するためには上記の「社会人基礎力」が必要であるということでした。

現代を生きる社会人に求められる能力

経済産業省が公開している資料では、社会人に求められる能力を以下のように定義しています。

  • 社会人としての基盤能力【OS】
  • 業界等の特性に応じた能力【アプリ】

まずは「社会人としての基盤能力」についてみてみましょう。

  • 社会人としての基盤能力【OS】
    • 社会人基礎力 : 社会人としての基礎スキルであり、キャリアの初期に身につける
    • キャリア意識、マインド : 全ての基盤であり、絶えず持ち続ける

社会人基礎力とは社会人としてのベースであり、コンピュータでいうところの OS です。社会人生活の基盤として全員が身に付ける必要があり、これらの力を駆使して実務課題に取り組んでいくのです。

続いて「特性に応じた能力」について見てみます。

  • 業界等の特性に応じた能力
    • 専門スキル : 人材としての付加価値の源泉であり、絶えず新たなスキルの獲得やアップデートをしていく
    • 社内スキル : 職場に応じて異なり、状況に応じて対応する

社会人基礎力が OS であったのに対して、特性に応じた能力はその OS 上で動作するアプリケーションとなります。職種や環境に応じて柔軟にアップデートすることで適応していく部分です。

変わらないものと変わりゆくものを押さえる

社会人基礎力で定義されている力は、様々な業界、会社、部署、役職において必要となる普遍的な能力です。どんな環境においても課題を見つけ、解決に向けて主体的に動き、仲間を巻き込んで目的を達成していかなければなりません。

特性に応じた能力についてはどうでしょうか?

例えば IT エンジニアの場合、職場によって使用するプログラミング言語も変わるかもしれませんし、技術の進化に応じてスキルのアップデートしていく必要があります。

さらに業務が評価されて、チームのマネジメントを任されるようになれば求められるのはマネジメントにおける知識やスキルです。環境や状況が変わることで求められるものも変わっていくため、役職の特性に応じたアップデートが求められます。

また、新しい役職についたからといって社会人基礎力が必要なくなる訳ではありません。ここでも現場を分析し、実務課題を解決するために社会人基礎力を活用していくことになります。

社会人としての基礎( OS )をしっかりと持ち、専門性の高い部分(アプリケーション)を適宜アップデートしていけるように心がけていきましょう。

AI /ディープラーニングや Web 技術に対する専門性をアップデートしていきたい方

最先端スキルを学び専門性をアップデートをしたい方にはキカガクが提供する学習プラットフォームであるikus.ai がおすすめです

ikus.aiについては下記のURLから詳細をご確認ください!



学生の内からAI/ディープラーニングやWeb技術に対する専門性を高めていきたい方

社会人の基盤能力と先端スキルを一緒に伸ばしていきたい方はキカガクが提唱する認定クリエイターを目指してみませんか?

認定クリエイターとは

ディープラーニングや機械学習、Web技術の新しい知識を学びながら、学んだ知識の発信をすることで稼ぐことができる新しい時代を生きる学生のためのポジションです。

認定クリエイターについては下記のURLから詳細をご確認ください!



AI・機械学習講師として働きたい方はこちらからご応募ください!


AI・機械学習講師
経験なし歓迎!AI・機械学習の講師として圧倒的成長をしたい方大募集!
▍これまでのキカガク キカガクは AI・機械学習領域の教育事業を手掛けています。 ビジネスの現場にAIを含めた新しい技術を正しく導入できる人材の育成を目指し、実務で必要となるスキルを厳選して習得できる各種セミナーを提供しています。 2017年に設立され、2020年現在4期目のまだまだ成長途中のベンチャー企業です。 創業から3年間で、オンライン/オフライン研修で延べ300,000人を超える方々に受講いただいており、最近では、医療・製造・小売など業界に特化した専門的な講座も展開できるようになり、事業の幅が急速に広がっています。 これまでの実績はこちらの会社説明資料をご覧ください。 https://speakerdeck.com/kikagaku/mu-ji-zhong-fff1b3f0-bc46-49e6-9fef-cc389857b176 ▍これからのキカガク 現在はAIに関する研修事業が中心ですが、これからはさらに大きな領域に挑戦していきます。 多くの方が学べるプラットフォームを新規事業として作っています。 また、その構想を超えて、教育を起点とした社会の変革を起こしていきます。 これまでの教育はわかりやすく教えることがゴールでした。 しかし、キカガクが目指している人物像は、教育を超えて、実社会へ知識を還元できる人材です。 教育事業を通じて、知識や経験を養うことで市場価値を高め、そして、新しい事業の立ち上げに携わっていただきたいと考えています。 人にわかりやすく教えられる豊富な知識があり、新しい事業の立ち上げを支えられる技術力もあり、 そして、日本や世界の社会課題を解決したいと思える高い志がある人材を目指します。 このような志もレベルの高い人材を育てることができるのは教育が中心の企業だからです。 キカガクはAIの会社と認識されることもありますが、教育事業を通じて、これまでの日本や世界にはいない優秀で志高い人材を多く輩出し、これからの日本や世界の課題解決を支えていきます。 教育はすべての入り口です。 教育が好きなことはもちろんですが、教えるだけにとどまらず、社会へとその知識や経験を還元したいと思える志の高い人材と一緒に、これからの新しい事業を一緒に切り開いていきたいです。 ▍実績一覧 □ 開催セミナー ・ディープラーニングハンズオンセミナー(Microsoft共催) ・アセスメント人材育成コース(ABEJA共同開発) ・キカガク長期コース □ 各種認定講座 ・日本ディープラーニング協会E資格認定 ・日本ディープラーニング協会(JDLA)が提供するエンジニア向け「E資格」認定講座 □ Microsoft共同開催 ・日本Microsoftと共同でセミナーを開発 □ 第四次産業革命スキル習得 ・経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座」認定講座 ・厚生労働省指定の「教育訓練支援給付金」対象講座 ▍サービス □KIKAGAKU AIを無料で学べる学習サイト https://www.kikagaku.ai/ □ 最先端スキルを最短で学ぶ 学習プラットフォーム ikus.ai https://www.ikus.ai/
株式会社キカガク

現在いまにゅのプログラミング塾にて採用動画も公開中です!!
キカガクとはどんな会社なのか、社員はどんな人が働いているのか短時間で多くの情報を知ることができます。
そして、文章だけでは伝わりにくい情報も、動画を見ることでよりイメージしやすくなるかと思います。
現在転職活動中の方や、キカガクに興味がある方、是非一度ご視聴ください!

株式会社キカガクでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう