Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

アートディレクター:栗原 志帆とコピーライター:井戸 菜三恵を「STASEON」さんでご紹介頂きました

クリエイティブに関わるすべての人たちがいきいきと輝く姿を実現できる、プラットフォーム構築を目指す「STASEON」にて、kiCkのアートディレクターである栗原 志帆とコピーライターである井戸 菜三恵をご紹介頂きました。

kiCkへの入社のきっかけ、アートディレクターやコピーライターの仕事内容、仕事への思いなどをたっぷりお話ししていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

―それぞれの入社のきっかけなどをお聞かせください

栗原: 私は外資系広告代理店でキャリアをスタートさせて、その後出産を機にフリーランスとして独立したんですね。で、2人目を産んでしばらくして、フリーって寂しいな、って(笑)。誰かと仕事したくなって、子供がいてもアートディレクターとして仕事ができる会社を、という視点で探していたところ出会ったのがkiCkでした。

井戸: 前職は総合制作会社で、新卒で入社して一社目でした。7年ぐらい経って、ふと、ちょっと違った環境も見てみたいと思い、比較的軽い気持ちで転職活動をはじめました。だからポートフォリオなんかも雑で…制作物をそのままバラバラ広げちゃったりしてましたね。

栗原: それ覚えてる(笑)。私、面接担当だったもんね。でも、作品を見ながらエピソードを話しているのを見て、この人はこの仕事がすごく好きなんだな、って伝わってきた。あと、休みの日は何してますか?って聞いたら、映画批評のラジオを聴いてますって。面白いなあ、と思いました。

井戸: 仕事についての質問が多い中、栗原さんが休日の過ごし方を聞いてくれて、たいへん和みました。入社後もそのままのフィーリングで接してもらえて、馴染みやすかったですね。

続きはこちら

株式会社kiCkでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる