1
/
5

【インターンへの参加に悩むあなたに】インターンから入社を決めた情報系大学の先輩にインタビュー

インタビュー対象・矢吹のプロフィール

名前:矢吹直也
経歴:神戸大学工学部・神戸大学大学院システム情報学研究科卒業、2021年春に新卒入社。
所属:開発部に所属し、6月ごろから受託案件のメンバーとして開発に携わっている。

インターン参加までの経緯

--まず、インターン参加前のプログラミング経験について教えてください。大学・大学院が情報系の学部ということでしたよね?

はい、大学と大学院であわせて約5年、プログラミングの勉強をしていました。

--研究室ではどんなことをしていたんでしょうか。

所属していた研究室と消防局で共同研究をしていて、救急車や消防車の駆けつけ状況の分析や可視化を行っていました。言語としてはjavaやC言語を触っていて、4回生での研究室配属後は、主にjavascriptを触ってwebアプリの開発をしていました。PHPに関しては、少しだけ触ったことがあったという感じです。

--web系の経験はガッツリあったということですね。キー・ポイントを選んだ理由はなんですか?

就職活動ではソフトウェア開発のできる会社を中心に探していたんですが、実家や学校も神戸なので比較的参加しやすかったのと、採用サイトなどから見える開発スタイルや雰囲気が良さそうだと思ったからです。

インターンシップに参加した時を振り返って


インタビューを受ける矢吹(左)と、インタビュアーの岩本(右)

--キー・ポイントのインターンシップに参加するには課題選考と面接に合格する必要がありますが、選考の内容がどんなものだったか覚えていますか?

結構前なのであまり覚えていないんですけど、確か面接が2回あった気がします。
具体的な内容までは覚えていないですね。

--インターンシップの内容はどうでしたか?

過去にWebアプリ開発の経験があったのもあり、飲み込みやすい内容でした。

--物足りなさはなかったですか?

特に感じませんでした。難しすぎた点もなかったですが、簡単すぎるということもなかったので、よかったと思います。

--インターンシップへの参加はキー・ポイントが初めてだったんでしょうか。

1dayインターンには以前にも参加したことがあったんですけど、複数日のインターンシップや、会社で作業するものは初めてでした。就活時代全体を通しても、他は1dayばかりで長期のものには参加していません。

--緊張したりはしませんでしたか?

社内に入るのは初めてだったので、どういう感じかわからず緊張はしたんですけど、2-3日目くらいからは慣れてそれほど感じなくなりました。担当してくれた社員さんも優しい方だったのでやりやすかったです。

--来社でのインターンだったと思いますが、会社の雰囲気などはわかりましたか?

そうですね、直接インターンで関わった方以外と話す機会はあまりなかったのですが、面接での雰囲気や、どういう方向性で仕事を進めていくというのはわかりました。

--インターン中で嬉しかったエピソードや、参加して感じたギャップはありましたか?

インターン中かは微妙ですが、大学の研究では「こういうものを作りたいけどどう作ればいいかわからない」ということがあり、インターンの内容でそれを解決できたのはすごく嬉しかったかなと。ギャップは特に感じませんでした。

--大学院1年目の夏休みに来社されたわけですが、その時研究室はお休みだったんでしょうか?

研究室は休みではなかったのですが、インターンだと伝えていたので専念させてもらえました。

--研究室側の協力があったということですね。インターンに参加する上で気をつけていたポイントは何かありますか?

質問する前に自分で調べてみて、それでもわからなければ初めて質問にいく、というくらいでしょうか。

就職活動について

--矢吹さんは、インターンへの参加からキー・ポイントに入社を決めたと聞いていますが、web系での就職希望だったんでしょうか。

web系というよりは、ソフトウェア関係全般で見ていました。

--インターン終了後、最終的にキー・ポイントへの入社を決めた理由はなんでしたか?

実際にインターンに参加して、会社の雰囲気が個人的に合うと思ったのと、もともとソフトウェア開発で就職先を探していたので、職種もちょうどあっていたからです。情報系の企業ってブラックな印象が強いんですが、その中でも比較的残業時間や人間関係に好印象を持てました。また、中小企業なので一つのプロジェクト内で広い範囲に挑戦することができそうなのと、福利厚生が充実していたのもあります。

キー・ポイントの採用ページ。

入社が決まってから

--内定承諾後はキー・ポイントでアルバイトをされたと思うんですが、どんなことをされましたか?

社内アプリの開発をしたので、そこで必要な技術の勉強を動画教材で勉強して、基本機能の開発までをしました。

--入社後にすごいスピードで社内アプリをリリースしていて驚いたんですが、バイト期間中に基礎の部分まではできていたんですね。

そうですね、実際に処理を行う部分は完成していて、見た目の部分を入社後に編集したという部分が多いです。


開発した勤務状態管理アプリ

--バイトはしんどくなかったですか?

一週間に1日4時間程度しか参加していなかったのもあって、そこまで長時間とっていないのでしんどいことはなかったです。

--今の仕事についても聞かせてください。入社半年も立っていないうちから、受託のメンバーに入ってましたよね?

そうですね、5月まではアルバイトの続きで社内アプリの開発や改善をしていたんですが、6月くらいから受託の案件で使うライブラリの勉強などを優先的にして、勉強で身につけた技術を社内アプリに生かしてアップデートするように変わってきました。

--定期的にバージョンアップしてくれるので助かっています。

この頻度でやっていいのかっていう不安はちょっとあって。「もっとまとめてやれよ」みたいに思われてないかな、なんて(笑)

--いつもすごいなと思ってみてますし、みんな更新の通知を楽しみに待っていると思いますよ。

インターンへの参加を迷っている学生へ

--最後に、インターンに参加するか迷っている学生さんに何かコメントをお願いします。

インターンは今まで使ったことのない技術を使うことが多いと思うんですが、自分が使ったことがあったり興味を持って調べたりした技術だけだとどうしても限界があるので、今まで知らなかった技術を知るいい機会になると思います。参加を悩むのであれば、ぜひ参加してもらいたいです。

--いいコメントありがとうございました。今日はお時間いただきありがとうございました。

キー・ポイント株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう