1
/
5

5+0からProtect Xへのブランド統合の裏側!

こんにちは。加藤貿易の王です。今回のストーリーでは、2月に当社より発表した「5+0™(ゴーゼロ)からProtect X™(プロテクトエックス)へのブランド統合」の裏側をお伝えしたいと思います!

昨年9月、私は加藤貿易にジョインしたばかりで、代表の加藤から各ブランドについて説明を受けていました。その中で男性の悩みを商品を通じて解決したいという強い思いは5+0もProtect Xも同じであることに気付きその旨を伝えたところ、加藤が頷くと同時に「その核となるメッセージを前面に打ち出すためにも、ブランド統合を以前から考えていた。時期はいつがいいだろうか」と、なんとこのような形でさりげなくプロジェクトのスタートが切られたのです!

さらに驚いたことに、そのプロジェクトをまとめる役を入社1か月も経っていない私に任せてくださったのです。

このように、高い機動力とブランド統合プロジェクト未経験者(しかも入社して間もない)を起用というチャレンジ精神旺盛な社風が、加藤貿易にはあります

さて、右も左もわからない状態でしたので、わからないことは他のスタッフに聞きまくりです・・・。加藤貿易は人がいいので(さりげなく身内自慢)、皆優しくサポートしてくれました。

ブランド統合のメリットやデメリットを部署ごとに洗い出し、デメリット部分への対策を検討したうえで計画を立て、実行に移していきます。各チームの状況を把握し、調整していくという作業は、コロナ禍のためほぼ全てがオンライン。チャットやWEB会議などを積極的に利用してコミュニケーションを密に重ねていきます。

ちなみに、ブランド統合では、具体的にどんなことをやったのか簡単にご紹介しますね。

  • ブランド統合のメリット・デメリットの洗い出し
  • 自社管理コードやJANコードの変更
  • パッケージリニューアル
  • 倉庫の在庫状況確認
  • パッケージ入れ替え作業
  • 商品紹介WEBサイトの修正
  • お取引先様へのご案内準備
  • ブランド統合に関するリリース

などなど、やっていくうちに「あれもやらないと!」「これはどうなっているかしら?」など次々やらなければならないことが出てくるものです(笑)。

振り返ると、色々ありましたね!そんな中の一つ、パッケージリニューアル時の様子を少しご紹介しましょう。

下記の写真は、印刷工場で新しいパッケージを印刷している様子なのですが、ピッカピカのパッケージが印刷されて次々と出てくる様子に感慨無量。想いがリアルに形になる瞬間はなんとも言えない嬉しさが込み上げてきます。

パッケージを印刷するための機械はとても大きいことに驚きです!
ハリのある艶やかな用紙に次々印刷されていきます
ここから切り抜かれたものが、パッケージとして組み立てられます

そして、2021年2月3日のリリースの日。


プレスリリースや各商品WEBサイト(パンツシャツ)も無事に公開され、次々とご注文が入ったことを確認して胸をなでおろしたのでした。

新しいパッケージに商品を入れ替え、お客様のもとへ届けられます
左側が旧パッケージで、右側が新パッケージです!

プロジェクトの期間、約5カ月。本当にあっという間でしたが、貴重な経験をたくさん積ませていただきました。プロジェクトが無事に完了できたのも、外部のデザイン会社さんや海外の工場も含め、関わってくださった方々のご協力のおかげです。

そして、これまで5+0を愛用くださっていたお客様が、Protect Xへと生まれ変わった商品をまた手に取ってくださることへの感謝の気持ちでいっぱいです。

加藤貿易は、これからもお客様へ価値ある商品をお届けできるよう、事業を推進してまいります!

加藤貿易株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング